Affinity Designer for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

EtreCheck Pro 6.3

Affinity Designer for Mac は、利用可能な最速、スムーズ、最も正確なベクトルグラフィックデザインソフトウェアです。アフィニティデザイナーは、ブランディング、コンセプトアート、印刷プロジェクト、アイコン、UI、UX、Web モックアップなど、MacOS や Windows での作業方法に革命を起こします。

Affinity Designer for Mac 特徴:

デザインツール redefined
信じられないほど正確なペンツールからスーパースムーズなグラデーションツールまで、プロフェッショナルなベクターデザインアプリで必要なすべてのツール。すべて慎重に検討され、細心の注意を払って開発されています。あなたのワークフローに合わせて、あなたが望むのと同じ方法で作業してください.

あなたのワークフローに合わせて設計されています
アフィニティデザイナーはパフォーマンス、安定性、膨らみなどのコア原則を備えています。 1 回のクリックで標準または網膜解像度のタイムピクセルプレビューを表示すると、いつでもあなたが得ることを見ることができます。純粋にベクトルで完璧な結果を達成できませんか?ピクセルを編集するだけです。アフィニティデザイナーには、ラスターツールのフルセットも用意されています.

非破壊的なエフェクトと調整が不要
マスク、クリッピングレイヤーを完全にサポートした調整レイヤー、エフェクト、ブレンドモードの膨大なライブラリを備えています。ベクトルベースの app.

フレキシブルなワークスペースと hellip; ワークフロー 63235896 ドッキングされたフローティング UI モードを含む完全にカスタマイズ可能なワークスペースを使用して、Affinity Designer を使用すると、必要な方法で作業することができます。柔軟なレイアウトのための規則的なカスタム 2D およびアイソメトリックグリッドを追加し、複数のデザインを一度に処理し、スプリットスクリーンやフルスクリーンなどの macOS 機能を使用します。さらに、保存可能な履歴、無制限の元に戻す、非破壊的なフィルタと調整を使用すると、いつでも元に戻って心を変えることができます.

自然なブラシ
Force Touch、スタイラスの圧力、傾きなどのナチュラルなアートワークのコントロールを使用します。ベクタのブラシストロークをきれいにかつ簡単に通常のカーブとして編集し、ラスタブラシを独自またはベクターアートで追加して、深みと高品質の有機テクスチャを追加します。キャンバスの回転、色のブレンド、ブラシパラメータの編集、独自のブラシとノズルの作成、.abr ブラシのインポートを行います.

いくつかの図形を描くことができます
Affinity Designer はコーナー設定でジオメトリを調整するための簡単なコントロールを備えた包括的なシェイププリミティブを提供しますスマートスナップインジケーター。ブール型ジオメトリ操作、非破壊コンパウンドシェイプ、フルノード編集を使用すると、すぐに美しい複雑なジオメトリを作成することができます.

あなたの type
ヘッドライン、任意の図形のテキストフレーム、または任意のベクトルパスに続くテキスト。洗練されたスタイリングと合字を適用し、利用可能なすべてのフォントとスタイルセットを画面上のパネルでプレビューします。主導、カーニング、ベースラインシフト、タブストップ、ndash など、必要なコントロールがすべて組み込まれています。バージョン 1.5 では、ドキュメント全体にテキストスタイルを作成することができます.

新しいプロフェッショナルプリントコントロール
Affinity Designer は、プロフェッショナルなフルプリント出力を備えています。 Pantone® サポート、エンドツーエンドの CMYK および ICC カラーマネージメントは、その一部です。また、PDF / X ファイルを開き、編集して出力し、オーバープリントコントロールを設定し、スポットカラーを使用し、ブリードエリア、トリミング、トリミングマークを追加することもできます.

強力なエクスポート
エクスポートモードでは、エクスポートする領域、レイヤーまたはオブジェクトを選択して、各アイテムの出力設定を個別に制御します。効果的な Web と UI デザインのために、あなたが望む解像度、ファイルフォーマット、フォルダ構造を変更したときにいつでも、新しいファイルを自動的に作成することができます.

共通アフィニティファイルフォーマット
Affinity’ の共有ファイルフォーマットにより、 。任意のプラットフォーム上の任意のアフィニティアプリでネイティブアフィニティファイルを開き、作業を続けてください。共有履歴、無制限の元に戻し、シームレスな切り替えが可能です。エクスポートすると、Affinity Designer for Mac のダウンロードでは、すべての主要なファイルタイプがそのストライドに取り込まれます.

恐ろしい強力なアートボードです.
アフィニティデザイナーでは、デザインの種類、サイズ、画面を無制限に作成できます。それらを一度に見るために 1 つの文書にそれらをレイアウトする。エクスポートすると、出力するアートボードと設定を完全に制御できるため、ワークフローを劇的に簡素化して応答性の高いアプリケーションを作成できます.

注:10 日

ファイルのバージョン EtreCheck Pro 6.3
ファイル名 EtreCheckPro.zip
ファイルサイズ 13.5 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.7 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Serif
更新日 https://affinity.serif.com/en-us/designer/
更新時間 2020-08-03
ログを更新する

What's new in this version:

EtreCheck Pro 6.3
- Add new Insights feature
- Update user interface
- Allow larger text size in help
- Improve reporting of kernel panics
- Add support for 3rd party backup software
- Fix missing warning for old Time Machine backup; an
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.2.6
- Improve display of kernel extensions
- Automatically save all reports
- Fix bug causing bogus error message when opening diagnostic report
- Fix About box in Dark Mode
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.2.5
- Fix unsigned files reported as hidden in text report
- Improve detection of unsigned files
- Fix display of upgradeable RAM in certain older machines
- Improve displays of network proxies
- Avoid display of empty plug-in folders
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.2.4
- More Dark Mode fixes
- Improves support for new System Extensions
- Improves display of unsigned running processes
- Improves display of network proxies
- Adds network proxies to free Security page
- Fix Quick Look display in Dark Mode
- Prevent false positive adware warnings from signed software by well-known developers
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.2.3
- Improves support for new System Extensions
- Improves display of unsigned running processes
- Improves display of network proxies
- Adds network proxies to free Security page
- Fix Quick Look display in Dark Mode
- Prevent false positive adware warnings from signed software by well-known developers
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.2.2
- Remove ability to collect storage information as administrator user on macOS 10.15 “Catalina” and later
- Fix a crash in rare cases
- Enhanced unsigned software reporting
- Add preference setting to hide unsigned files
- Add support for sharing services
- Add support for new system extensions that replace kernel extensions
- Add warning for kernel extensions that may not work in the future
- Add more information to hardware page
- Remove Unicode characters from text report
- Fix reporting of proxies
- Improve performance display for new machines; an
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.2.1
- Fix for adware reporting. Delayed due to outage of Apple notarization servers.
- Enhanced unsigned software reporting
- Add preference setting to hide unsigned files
- Add support for sharing services
- Add support for new system extensions that replace kernel extensions
- Add warning for kernel extensions that may not work in the future
- Add more information to hardware page
- Remove Unicode characters from text report
- Fix reporting of proxies
- Improve performance display for new machines
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.2
- Enhanced unsigned software reporting
- Add preference setting to hide unsigned files
- Add support for sharing services
- Add support for new system extensions that replace kernel extensions
- Add warning for kernel extensions that may not work in the future
- Add more information to hardware page
- Remove Unicode characters from text report
- Fix reporting of proxies
- Improve performance display for new machines; an
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.1.9
- Fix Share button in toolbar
- Enabled context menu for text in report
- Removed a hotkey that was accidentally added to the Privacy Policy menu item
- Improved logic to better detect hard drive failures when 3rd party antivirus is running
- Improved content of generated solutions
- Fix a crash in rare cases; an
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.1.8
- Change log not available for this version


EtreCheck Pro 6.1.6
- Change log not available for this version


EtreCheck Pro 6.1.5
- Change log not available for this version


EtreCheck Pro 6.1.4
- Improve reporting of antivirus software
- Improve reporting of hard drive failures
- Improve reporting of RAM usage issues
- Improve detection of 32-bit apps
- Corrects problem where printing did not work in certain older operating systems
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.1.3
- Fixed bugs in and made improvements to the storage and analytics displays that apparently no one uses
- Corrects problem where buttons and links did not work in a generated Solution
- Corrects problem that caused some Safari extensions to be incorrectly reported as unsigned
- Improve detection of 32-bit apps; an
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.1.2
- Major upgrade to internal architecture to make the app faster and more reliable
- Improve help
- The Get Solution button was not working on Major Issues and Minor Issues pages
- Improve detection of 32-bit apps
- Compatibility with new security restrictions in macOS 10.15 “Catalina”; an
- Other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.1.1
- Change log not available for this version


EtreCheck Pro 6.0.3
- Change log not available for this version


EtreCheck Pro 6.0.2
- New display of system analytics (requires macOS 10.13 "High Sierra" or later; requires Power User package in-app purchase)
- New display of boot drive storage (requires OS X 10.11 "El Capitan" or later)
- New app icon to better differentiate EtreCheckPro from EtreCheck in the Mac App Store
- Detect modifications to Google Chrome settings Add support for bridge kernel panics
- Improve adware detection Improved help
- Add AirDrop support for sharing reports
- Detect problems with iCloud and Photos
- Improve detection of hard drive failures
- Improve detection swap space usage
- Improve detection of runaway processes
- Detect problems caused by antivirus software
- Detect non-functional antivirus software
- Many other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 6.0
- New display of system analytics (requires macOS 10.13 “High Sierra” or later; requires Power User package in-app purchase)
- New display of boot drive storage (requires OS X 10.11 “El Capitan” or later)
- New app icon to better differentiate EtreCheckPro from EtreCheck in the Mac App Store
- Detect modifications to Google Chrome settings
- Add support for bridge kernel panics
- Improve adware detection
- Improved help
- Add AirDrop support for sharing reports
- Detect problems with iCloud and Photos
- Improve detection of hard drive failures
- Improve detection swap space usage
- Improve detection of runaway processes
- Detect problems caused by antivirus software
- Detect non-functional antivirus software
- Many other bug fixes and improvements


EtreCheck Pro 5.2
- Various user interface improvements
- Improvements to adware removal
- Added additional information, such as notifications and energy usage, to reports
- Many other bug fixes and other improvements

ファイルのダウンロード Download