AirServer for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

SwitchResX 4.11.1

AirServer for Mac は、Mac、PC、Xbox One 用の最先端のスクリーンミラーリングソフトウェア受信機です。 Apple TV や Chromecast デバイスに似た AirPlay、Google Cast、Miracast ストリームを受け取ることができます.

AirServer for Mac 特長:

独自のデバイスを作成する
世界中のさまざまなアプリケーション間でのコラボレーションを可能にする世界初の BYOD ソリューションです。これは、AirPlay または Google Cast でディスプレイ全体を送信することで実現します。初めて、あなたのデバイスに自由度を与えることができます.

Retina quality mirroring
AirServer は、ミラーリング中に画質を大幅に向上させることができます。 iPhone 6 Plus は、1080 x 1920 のフル解像度でミラーリングできるようになりました。ポートレートモードでは、以前のピクセル数の 3 倍以上の解像度を提供します.

Ultra-high quality recording
AirServer は、ミラーリングセッションのプロフェッショナルビデオを魅力的な品質で作成するのに役立ちます。あなたの iOS アプリとゲームを現実の状態で展示するか、教室のコラボレーションを可能な限り最高品質で保存する.

AirPlay + Google Cast
AirServer for Mac は、iOS 10 との互換性を含む既存の AirPlay レシーバ機能をベースにしており、Google Cast 受信機能を追加している.

Chromebook Compatible
AirServer は、 Google Chrome browser.

Android Compatible
のすべての Chromebook とすべてのデスクトッププラットフォームに組み込まれているデスクトップキャストは、すべての Google Cast 対応 Android 搭載端末で動作します。キャスト機能を搭載していない端末では、Google Cast のアプリをダウンロードすることで、この機能を有効にすることができます.

YouTube
にライブストリーミングすることができます。ピクチャーインピクチャーウェブカムサポートなどのユニークな機能により、iOS のゲーマーはゲームプレイをブロードキャストできます。教師は、この強力な技術を使って、教室の外に知識を広めることもできます.

暗号化された AirPlay
AirServer は、個人の写真やビデオをネットワーク経由で送信する際に保護します。この重要なセキュリティ機能は AirServer によってのみ提供されており、Mac 用 YouTube app
AirSerevr の Apple TV.

AirPlay がもう一度この機能をサポートしています。 Apple TV に加えて、AirServer はこの機能を提供する最初のアプリケーションでした.

注:7 日間の試用版。 1 台の個人用.8997423

ファイルのバージョン SwitchResX 4.11.1
ファイル名 SwitchResX4.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 App Dynamic ehf
更新日 http://www.airserver.com/
更新時間 2021-05-08
ログを更新する

What's new in this version:

- Better support for M1 Macs
- Can now again set grey levels, display brightness
- Can now create custom *scaled* resolutions (for the internal display on MacBooks: only on macOS 11.3 and above), and only resolutions that are smaller than the native resolution
- As far as I know, HiDPI resolutions can only be activated on 4K external displays and MacBook's internal display, so SwitchResX cannot enable HiDPI on other displays
- Can also set the base of scaling (which solves an issue on Dell UPK2715K monitors with M1 Macs under macOS 11.2)
- Also correctly manages more than one display on M1 Macs (on v.4.11, all graphic cards were shown, even if no display was plugged, and even the TouchBar of a MacBookPro could be visible!).
- However this removed the ability to disable a display on the DTK. Who cares, the DTK has died some weeks ago
- The Display Product & Vendor IDs are now correctly reported again; as well as the Display Name (which isn't always visible after a wake from sleep)
- Solves some memory leaks in the SwitchResX Daemon, especially on M1 Macs
- Tries to report the correct timing parameters for all resolutions on M1 Macs - at least for the current resolution
- Corrects an issue where the Contextual Menu was not installed with 4.11 on macOS 10.14 and below (macOS 11 doesn't support it any more anyway)
- Corrects an issue where the current display mode wouldn't be shown as selected in a specific case (in details - when it ID was 0)
- Correctly sets the gray levels again if selected from the Menu
- Correctly matches two monitors from same vendor but with different product ID, as well as identical monitors with different serial numbers
- Solves an issue when opening the control panel would be unresponsive for a minute
- Solves an issue on macOS 10.15.7 with SIP enabled, where installing the helper tool wouldn't be possible after first run
- Solves an issue where a Display Set saving only display positions wouldn't remember its setting when the display would be removed
- Using SwitchResX Daemon with AppleScript, the refresh rate of a mode is now reported as a float, and billion of colours are also reported correctly
- Added the aspect ratio column in custom resolutions list

ファイルのダウンロード Download