Arduino for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Arduino for Mac 1.6.9

オープンソースの Arduino para Mac(IDE)を使用すると、コードを書いてボードに簡単にアップロードできます。 Windows、Mac OS X、Linux 上で動作します。環境は Java で記述され、Processing やその他のオープンソースソフトウェアに基づいています。

待望の新しい arduino-builder
これは、コードのマングリング、ライブラリの依存関係の解決、コンパイルユニットの設定を担当する純粋なコマンドラインツールです。このソフトウェアは、Arduino のどのボードでも使用できます.

多くの興味深い機能があります。

プラグ可能な USB コア
Arduino は新しいモジュラーアーキテクチャのおかげで、最終的にコアを変更することなく、多くの異なる USB デバイスとして機能することができます。新しいサブシステムに基づくライブラリはすでに開発中です!

シリアルプロッタ
ループ内に Serial.println(analogRead(A0))を書くのと同じくらい簡単にデータをリアルタイムでプロットできるようになりました.

New goodies
開発中のロックされていないサンプル

ArduinoISP の例
多くの改良が行われ、他のボードを使用して AVR チップをフラッシュすることができます.

ライブラリとボードマネージャーの両方
単純なポップアップでライブラリ / コアを更新できるかどうかを指定してください。

注:必要な Java Runtime Environment.

Also:Arduino for Windows

をダウンロードしてください

ファイルのバージョン Arduino for Mac 1.6.9
ファイル名 arduino-1.6.9-macosx.zip
ファイルサイズ 140.1 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.7 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Arduino Team
更新日 暫無資訊
更新時間 2016-05-11
ログを更新する

What's new in this version:

IDE:
- Catch and report errors during parsing contributed index files
- Fixed IDE version color on about dialog box.
- The "always-on-top update notification" popup is now less intrusive.
- Fixed untraslated string during IDE startup splash window.
- New arduino-builder: better core library detection, faster operations when recompiling and more.
- Fixed multitab error reporting
- Rework serial port discovery to be faster, less cpu intensive and FTDI friendly
- Avoid launching multiple concurrent compile and upload operation
- Use hi-res icons for Serial monitor and plotter
- Make http://librarymanager and http://boardmanager links clickable from the editor window
- Cut/Copy actions are disable when there is no text selected.
- Fixed Ctrl+Del: now deletes the word behind the cursor instead of the entire line.
- Fixed "Verify code after upload" option in preferences.

Core:
- String class now supports iterators.
- sam: Allow 3rd party boards that depend on SAM core to use their own
- USB vid/pid and manufacturer/product strings.
- avr: Check at runtime if 32u4 boards are shipped with new bootloader; if so write bootloader magic value in an unproblematic RAM location
- avr, sam: Added "reciper.ar.pattern" to plaform.txt to allow compatibility with older version of Arduino IDE.

Libraries:
- Bridge / bridge.py: added support for SSL sockets (Yun firmware >=1.6.2 is needed).

ファイルのダウンロード Download