Arduino for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Arduino for Mac 1.6.5

オープンソースの Arduino para Mac(IDE)を使用すると、コードを書いてボードに簡単にアップロードできます。 Windows、Mac OS X、Linux 上で動作します。環境は Java で記述され、Processing やその他のオープンソースソフトウェアに基づいています。

待望の新しい arduino-builder
これは、コードのマングリング、ライブラリの依存関係の解決、コンパイルユニットの設定を担当する純粋なコマンドラインツールです。このソフトウェアは、Arduino のどのボードでも使用できます.

多くの興味深い機能があります。

プラグ可能な USB コア
Arduino は新しいモジュラーアーキテクチャのおかげで、最終的にコアを変更することなく、多くの異なる USB デバイスとして機能することができます。新しいサブシステムに基づくライブラリはすでに開発中です!

シリアルプロッタ
ループ内に Serial.println(analogRead(A0))を書くのと同じくらい簡単にデータをリアルタイムでプロットできるようになりました.

New goodies
開発中のロックされていないサンプル

ArduinoISP の例
多くの改良が行われ、他のボードを使用して AVR チップをフラッシュすることができます.

ライブラリとボードマネージャーの両方
単純なポップアップでライブラリ / コアを更新できるかどうかを指定してください。

注:必要な Java Runtime Environment.

Also:Arduino for Windows

をダウンロードしてください

ファイルのバージョン Arduino for Mac 1.6.5
ファイル名 arduino-1.6.5-macosx.zip
ファイルサイズ 129.4 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.7 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Arduino Team
更新日 暫無資訊
更新時間 2015-06-15
ログを更新する

What's new in this version:

IDE:
- File, Sketch and Tools menu items are properly handled when switching between different windows
- Sketch > Export compiled Binary: saves the compiled binary (hex, bin) into the sketch folder.
- New editor, based on RSyntaxTextArea.
- New keywords.
- Easier "additional boards manager url" field: a wide text area opens by clicking the added button (right side of the text field)
- Rewritten code of Preferences window: its content is now correctly drawn on every OS
- Fixed a bug that made the IDE notify users of invalid libraries too many times.
- Removed JNA. Less native stuff and less chances of incurring into an UnsatisfiedLinkError
- Many new and old issues closed. Thanks to many, and @Chris--A in particular
- Faster libraries list update
- Serial monitor stays opened during upload, disabled.
- CLI: --get-pref can now be called without a pref name. If pref name is missing, IDE dumps all preferences
- Holding SHIFT when hovering the save icon will trigger a "Save As"
- Removed proxy settings from File > Preferences: IDE will use system settings
- Linux versions bundle the latest JVM, 1.8.0_45
- Local docs: if your sketch has a "docs" folder, you can add local links to it. For example file://./docs/index.html will use your browser to open file index.html from the "docs" folder of your sketch
- When using "external editor" mode, sketch code is updated when the IDE gets focused
- Added keyboard shortcuts to IDE menus: ALT+F for File, ALT+E for Edit and so on
- Added support for Dangerous Prototypes Bus Pirate as ISP
- Added "Close" button to Boards/Libs Managers, in order to help linux people with weird Window Managers
- Added File > Open Recent menu, showing the last 5 opened sketches
- Windows: added Arduino Zero drivers
- Tons of minor fixes

Libraries:
- LiquidCrystal fixes.
- Added SPI Transactions to TFT lib
- Stepper: support for 5-phase/5-wires motors.
- Stepper: increased precision in timing calculations.
- Firmata and Temboo: dropped our vesions, tagged released are downloaded from their respective git repos

Core:
- AVR: delayMicroseconds(..) doesn't hang if called with 0.
- AVR: delayMicroseconds(..), added support for 1Mhz, 12Mhz and 24Mhz.
- AVR: added missing case in detachInterrupt().
- SAM: added watchdog routine for Due.
- AVR+SAM: reworked pulseIn() function to become GCC agnostic
- AVR+SAM: added pulseInLong() (based on micros()) to help getting good results in interrupt-prone environments
- AVR: fixed regression in HardwareSerial.flush().

ファイルのダウンロード Download