Art Text for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GDevelop 5.0.0 Beta 101

Art Text for Mac は、Microsoft の Windows プラットフォーム用のベクターデザインアプリケーションです。直感的で使いやすいタッチインターフェイスで、Powerpoint のプレゼンテーション、ロゴ、アイコン、Web グラフィック、ボタンの高度なタイトルアートをすばやく作成できます.

このアプリケーションは、ロゴや Web デザイナー、教師、学生、中小企業オーナーにとって必携です、そして創造性のための才能を持っている人。 Powerpoint、Word、Publisher、およびその他のデザインと DTP アプリで結果を使用します。 Art Text for Mac は、レタリング、タイポグラフィ、テキストモックアップ、および様々な芸術的テキスト効果のために特に調整されたグラフィックデザインツールです。

Art Text for Mac 特長:

シェイプライブラリとベクターエディタ
強力なベクターエディタを使用して、完全にカスタマイズ可能な 110 以上のベクトルアイコンと図形のライブラリを活用するか、独自の描画を利用できます。アート・テキストのレイヤー・ベースのワークフローと使いやすいガイドとレイアウト・ツールのおかげで、各シェイプにエフェクトや塗りつぶしを適用し、複雑なオブジェクトに結合できます.

シェイダー、テクスチャー、グラデーション
アート・テキストには、カスタマイズ可能なシェーダーと写真のコレクションが付属していますオブジェクトを塗りつぶすために使用できるテクスチャです。また、3 色までの放射状または線形のグラデーションを適用し、影、ストローク、または輝きを適用します。色、斜角、ライトの方向、および深さを変更することで、シェーダを素早くカスタマイズすることができます.

曲げとワープテキスト
Powerpoint のプレゼンテーションを作成する際には、スライドの定型見出しを作成します。 20 種類の異なるテキスト変換を使用することで、テキストを生き生きと動かすことができます。

アートテキストでどのようにデザインできますか?

スタイライズドタイトル
プレゼンテーションとパンフレットが目立ちます。 Logos

Logos
あなたのコーポレートアイデンティティを共有し、デザインします。 App Icons

App Icons
最新のモバイルアプリケーションのアイコンを作成します。 Buttons

Buttons
アプリやウェブサイトのインターフェイス要素をデザインする Vector Illustrations

Vector Illustrations
複雑な、アイコンのようなイラストを挿入してください.

注:出力は watermarked

です

ファイルのバージョン GDevelop 5.0.0 Beta 101
ファイル名 GDevelop-5-5.0.0-beta101.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Shareware
著者 BeLight Software, Ltd.
更新日 http://www.belightsoft.com/art-text/win/overview.php
更新時間 2020-10-15
ログを更新する

What's new in this version:

Improvements:
- Add better support for right-to-left languages
- Add a condition to check if the device has a touchscreen: also improve the performance of condition checking if the device is a mobile device
 - Improvements to the File System (Windows/macOS/Linux) expressions: add FileSystem::ExecutableFolderPath expression to get the path to the folder where the game executable is located; add expressions FileSystem::DirectoryName, FileSystem::FileName and FileSystem::ExtensionName to extract part of a path.
- Add more actions/conditions/expressions to manipulate the window on Windows/Linux/macOS: allow to set the position of the window, minimize/maxizime it, resize it; allow to enter a fullscreen and "Kiosk mode" (where the user can't disable the fullscreen); allow to set the window opacity, enable/disable shadow (according to the OS) and use other advanced features; add a condition to check if the game is in fullscreen mode
- Add missing translations in the context menu
- Show the description of the expression when filling the parameters of an expression
- Multiple improvements for touchscreen/tablets: allow whole object row to be dragged on touchscreens, add support for context menus via a long touch on Safari iOS, add padding to the hit area of resize/rotate buttons on touchscreens, don't autofocus search bars on touchscreens
- Add examples for the Tween animations feature: "Tween animations" example by @ssangervasi; "Tween Test" example by @Wend1go
- Add "Layer Effects" example
- Add new icons for starter games when creating a new project
- Add latest tutorials from Wishforge Games (follow the channel on Youtube)
- Improve the "Platformer" starter game with a parallax background
- Add an "asset store" to the web-app, with objects ready to use and a library of resources when editing objects. This will be improved and added to the desktop app if useful: search amongst assets from Kenney.nl, and visit their website for other public domain assets - as well as software to author your own!

Bug fixes:
- Fix optional parameters wrongly included in an expression when not filled in the expression parameters window
- Fix grid snapping being disabled after Alt+Tabbing to another window
- Fix game crash with lights when the device is lacking WebGL support
- Fix focus being lost when redefining a variable in the instance properties editor
- Multiple fixes for the P2P feature: fix "Send variable to all peers" action; multiple disconnection from remote instances can now be tracked using events; add a condition to detect when another instance connects remotely to the current instance
- Multiple fixes for the web-app: fix changes in extensions not properly applied when previewing a game in the web-app; fix potential loading ("CORS") issues in game previews in the web-app; fix images sometimes not loading and export sometimes erroring in the web-app
- Fix margins around renamed list items: also fix some UI glitches, disable spellcheck on some text fields
- Fix memory leak when reloading resources from objects
- Fix outlines of the Shape Painter object, that were not visible in a specific case
- Fix FileSystem::UserHomePath expression not working
- Fix FileSystem::ExecutablePath description

ファイルのダウンロード Download