Audacity for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Audacity 2.0.2

Audacity for Mac はオープンソースのクロスプラットフォームのオーディオエディタとレコーダーです。 Audacity はサウンドの録音や再生、WAV、AIFF、MP3、OGG ファイルの読み込みと書き出しが可能です。カット、コピー、ペースト機能(無制限の元に戻す機能)、トラックのミキシング、またはエフェクトの録音を使用してサウンドを編集します。 Audacity for Mac には、振幅分析エンベロープエディタ、カスタマイズ可能なスペクトログラムモード、および音声分析アプリケーション用の周波数分析ウィンドウが組み込まれています。 WAV、AIFF、AU、Ogg Vorbis などのさまざまなファイル形式をサポートします。MPEG オーディオ(MP2 および MP3 ファイルを含む)をインポートします。オーディオファイルをカット、コピー、貼り付けたり、ミキシングしたりすることができます。大きなファイルは、すばやく編集できます。エコー、フェイザー、ワウワ、リバースなどのさまざまなエフェクトを追加するテンポを変更せずにピッチを変更したり、 16 ビット、24 ビット、および 32 ビット(浮動小数点)のサンプルを記録および編集します。様々なプラグインのサポート古いテープをデジタルメディアに変換するために使用できます。さらに多くの機能も利用できます:Audacity for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Audacity 2.0.2
ファイル名 audacity-macosx-ub-2.0.2.dmg
ファイルサイズ 28.47 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Audacity Development Team
更新日 http://web.audacityteam.org/
更新時間 2012-08-24
ログを更新する

What's new in this version:

Interface:
- "Retain labels" Interface Preference did not retain labels for a region that snapped exactly to both label edges.
- Projects did not save the track selected state.
- (OS X, Linux) Timer Record: Interlinking of the Start, End and Duration controls was broken.
Envelopes and Clips:
- Exporting (or any render operation) on a track containing split lines could create clicks at the split lines.
Effects and Analysis:
- Normalize could crash if the track name contained "%".

Changes and Improvements:
- Duration controls when generating at a point now default to hh:mm:ss + milliseconds format. Selection Toolbar also defaults to that format on first installation or resetting preferences.
Toolbars visual improvements:
- "Snap To" in Selection Toolbar now has an explanatory tooltip
- Device Toolbar tooltips now display the selected device
- Increased default width of Device Toolbar and Meter Toolbar.
Improvements and some bug fixes to Nyquist effects, including:
- Delay (new option to prevent duration change)
- Sample Data Export (new "L-R on Same Line" layout option)
- Risset Drum (new "Amplitude" slider).
- Importing a labels file writes the file name to the name of the Label Track, and exporting a labels file offers the name of the last Label Track in the project.
- Removed the "Audio cache" option from Directories Preferences due to frequent crash reports. All data operations will now be written to disk and not to RAM.
- Removed the FFmpeg "On-Demand" option from Libraries Preferences (this fixes Audacity not building if configured --without-ffmpeg).
- Compilation: Progress on making the Modules feature mainstream. Modules can now be individually enabled and disabled in Preferences.

ファイルのダウンロード Download
  • Audacity for Mac Screenshot 1Audacity for Mac Screenshot 2Audacity for Mac Screenshot 3Audacity for Mac Screenshot 4Audacity for Mac Screenshot 5