Avira Phantom VPN for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

MuLab 8.6.17

Avira Phantom VPN for Mac は、あなたの接続を暗号化して、公衆 WiFi ホットスポットでハッカーを回避できるようにします。また、Web インタラクションをプライベートに保ち、地理的に制限されたコンテンツをバイパスして、お気に入りの番組をどこでも楽しむことができます。セキュアでない WiFi 接続、匿名のサーフィン、お気に入りの Web コンテンツへの無制限のアクセスなど、セキュリティで保護された、追跡不可能な、無責任なものです。あなたの財務情報、パスワード、およびその他のプライベートファイルは安全です。第三者が傍受したり読むことはできません。広告主や盗聴者があなたを追跡することを防ぎます。彼らが見る限り、あなたは刻々と変化する場所から匿名のユーザーを捜しています。地理的な制限を回避するには、インターネット接続を設定して、別の場所にいるように見せてください。今日 Avira Phantom VPN for Mac をダウンロードしてください!

20 世界中のサーバーの場所
匿名でトンネリングしたい国を選択して、お気に入りのウェブサイトに安全にアクセスしてください。すべて 2 回クリックします.

すべてのトラフィックを暗号化します
デバイス間で AES 256 ビット暗号化を使用して、安全ではないオープン / パブリック WiFi ホットスポットを含むすべてのネットワーク上の通信(友達、ソーシャルネットワーク、ショッピング / バンキングポータルなど)あなたの身元を知ることができます.

あなたの活動を匿名化して、実際の IP アドレスをマスクして、他人のように見えるようにします。個人や団体を問わず、オンライン侵入者に対してあなたの身元と機密活動(銀行振り込みや通話など) .

Opens グローバル Web アクセス
あなたの IP アドレスを他の場所のように見せることで、よりグローバルなインターネット体験を実現できます。たとえ国境がある国であっても、インターネットではインターネットを利用できないはずです.

Phantom VPN はすべての人におすすめです:

Movie lovers
あなたが道にいるときでも、お気に入りの番組を見てください。あなたがオンライン IP address.

Website owners
See どのようにあなた自身のウェブサイトを追跡し、あなたのプライベート通信を暗号化して eavesdroppers.

The プライバシから安全 minded
Escape これらの企業 aware
Keep 友達 worldwide.

The セキュリティに挑戦するために制限されたゲームサーバを are.

Gamers
Bypass どこ

Globetrotters
Safely、公衆ホットスポットに接続します海外に見て、どのように検索エンジン abroad.

注:セキュリティで保護されたトラフィックの安全な 500 MB.

Also 利用可能:Windows 用の Avira ファントム VPN をダウンロードする

ファイルのバージョン MuLab 8.6.17
ファイル名 mulab-8-6-17-mac64.zip
ファイルサイズ 33.35 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Avira Operations GmbH
更新日 https://www.avira.com/en/avira-phantom-vpn
更新時間 2020-08-11
ログを更新する

What's new in this version:

- An important part of the Auto Plugin Latency Compensation system has been rewritten which fixes a couple of APLC related bugs
- At the same time the APLC system has also been optimized so that playing live via MIDI has the lowest possible latency
- Recording rack volume and mute was not working anymore. Fixed
- Dropping a MuClip into a modular area did not fully work as expected. Fixed
- Finetuned the usage of Note Key Names of rack slot plugins
- Finetuned the Mute-Solo system
- MIDI Input: When playing ultra short notes it could be that they were not making any sound. Fixed
- Dropping an Input/Output module on the [+] track button caused a crash. Fixed
- LFO: Tempo syncing now is dynamic
- Modulation cables now have an "Audio Rate" option
- When doing high frequency modulations it may be more efficient to use audio rate modulation
- Modulation Monitor now also has an output jack so that the modulation signal can flow thru
- Removed an internal limitation that could lead, in extreme use cases, to an "Automation/modulation overflow" alert
- Right-click record button: Context menu option now is instantly shortcuttable via Alt+S
- Toggle Record Events function now reports the new state
- When the metronome has been disconnected, there now is an auto-reset for it
- When deleting multiple sequences / samples / ... at once then the auto name index of the remaining one wasn't updated. Fixed
- Audio sequence editor: The sample name tooltip could be wrong. Fixed
- Transient detector: In some specific cases there could be a hang while analysing the transients. Fixed
- MacOS: Ctrl + left-click to mimic a right-click was broken. Fixed
- MUX Plugin: The very first click in the editor was not handled. Fixed
- Added a tool to list the version of all MuTools project/preset files in a folder
- Other mini improvements

ファイルのダウンロード Download