BBEdit for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

BBEdit 14.6.3

BBEdit for Mac は Macintosh 用の主要なプロフェッショナル HTML およびテキストエディタです。この賞を受賞したこの製品は、Web 製作者やソフトウェア開発者のニーズに応えて特別に作られたもので、テキストの編集、検索、操作のための豊富な高性能機能を提供します。インテリジェントなインターフェイスにより、grep パターンマッチング、複数のファイルの検索と置換、プロジェクト定義ツール、多数のソースコード言語、コードフォールディング、FTP、SFTP のための関数ナビゲーションと構文カラーリングなどの BBEdit のクラス最高の機能に簡単にアクセスできます。 AppleScript、Mac OS X Unix スクリプティングサポート、テキストとコード補完、そして堅牢な HTML マークアップツールの完全なセットです.

BBEdit for Mac 特長:

テキストファクトリー
テキストファクトリーは、素早く簡単に多くを適用できるようにすることで生産性を向上させます BBEdit の強力なツール群は、必要な単一の初期セットアップだけで、複数のファイルやフォルダにわたって目標を達成する必要があります。ボーナスとして、テキストファクトリはバックグラウンドで動作し、BBEdit を実行中に他の作業に使用したり、複数のプロセッサを搭載したマシンを最大限に活用することができます.

Codeless Language Modules
Codeless 言語モジュールを使用すると、BBEdit のビルド構文の色付けと関数のナビゲーションで。プログラミング言語の基本的な構文と色付け規則は、プログラミングや高度なロジックを必要とせずに、比較的簡単なテキストファイルで表現できます。コマンドラインから BBEdit を読み込んで結果をドキュメントに渡します。たとえば、ps(プロセスステータス)コマンドは、非常に長い行を生成する可能性があります。ここでは、ps に完全な詳細を伝え、結果を新しい文書に入れ、ウィンドウを文書の先頭にスクロールさせるように指示しています。 (ターミナルウィンドウの後ろのドキュメントは BBEdit ドキュメントです)

プロジェクトを組織する
ディスク上の任意の場所(または FTP / SFTP)から BBEdit プロジェクトにファイルを追加することもできます(再利用のためにプロジェクトを保存することもできます)。ディスクブラウザと FTP / SFTP ブラウザウィンドウにはボリュームの構造が表示されますが、BBEdit プロジェクトを使用すると、関連ファイルを一緒に配置することなく簡単にアクセスできます.

自動サポート
BBEdit for Mac には、内部テキスト変換を反映する一連の Automator アクションが含まれています。テキストメニューのほとんどは Automator だけでなく、“ Replace All” も使用できます。検索と置換のためのアクション。開いている BBEdit ドキュメントにテキストを出し入れするプロセスをスムーズにするためのサポートアクションがいくつかあります。スクリプトは必要ありません!

改良された構文 coloring
内部構文の色付けの仕組みが大幅に変更され、コア色の種類の選択が大幅に向上し、言語モジュールで独自の色の種類を追加できるようになりました。カラースキームのサポートが拡張され、いくつかの工場のカラースキームが含まれています.

New Clippings system mechanics
クリッピングシステム(テキストの頻繁に使用される「スニペット」の作成、管理、および適用に使用)は、さらに強力で柔軟性があります。任意のクリッピングセットは、普遍的にまたは言語ごとに(任意の言語セットに対して)利用可能にすることができる。 Clippings パレット、テキスト補完システム、および Insert Clipping コマンドは、この追加の柔軟性をサポートするために拡張されました.

Find Differences のための新しい UI
Find Differences ダイアログボックスは近代化され、フォルダの比較は書き換えられ、新たにパフォーマンスチューニングされた比較エンジンである。ただし、結果インターフェイスでは最も重要な変更点があります。全く新しいシングルウィンドウプレゼンテーションは、フォルダ比較に非常に使いやすく、管理が簡単で、(フォルダ比較の場合)1 つのフォルダから必要に応じてファイルをコピーできます別の.

注:30 日間試用版.8997423

ファイルのバージョン BBEdit 14.6.3
ファイル名 BBEdit_14.6.3.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11.6 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Bare Bones Software, Inc.
更新日 http://www.barebones.com/products/bbedit/
更新時間 2023-01-20
ログを更新する

What's new in this version:

Fixed:
- Fixed bug in which Extract operations (single or multi-file) would generate a search results list entry for every match found, even though the results were never displayed. This made the Extract operation run more slowly than necessary, and (in extreme cases) caused excessive memory consumption during the operation.
- Fixed bug in which deleting a rectangular selection in a soft-wrapped document would subsequently cause a great deal of consternation
- Fixed bug in which typing in a rectangular selection would fail to correctly maintain the selection ranges if the selected text was interrupted by lines that were shorter than the lines containing the selection range (including empty lines). This fix also allows typing into multiple selection ranges of varying lengths (such as might be generated by "Find and Select All" for a Grep pattern).
- When running on macOS Ventura, it is possible to install an alternative diff tool to use for file comparisons. This provides the means to work around a bug introduced in macOS 13.0 (FB11508082), which installed a version of diff with pathological performance characteristics when comparing very large files.
- If you encounter performance problems if this sort, we recommend that you install the GNU diffutils package which includes diff(1). You can build it from source, or you can use brew
- install diffutils to install it using Homebrew. (Or use your preferred package manager.)
- Fixed bug in which the application would hang in some situations where an LSP server crashed during startup. (This often happened when opening an R file and the R languageserver package wasn't installed.)
- Fixed small memory leak which would occur when cancelling a file transfer connection in progress from the "Save to FTP/SFTP Server" command.
- Fixed bug in which the Emacs status display was out of sync with the actual command
- Worked around macOS behavior in which items dragged from iCloud Drive to the application's Dock icon would report a -1700 error when opening (but could be opened easily enough by other means).
- Updated the copyright year
- Corrected the bbedit(1) usage and man page help for the "--paths" long-form argument (which was being misreported as "--paths-file")
- Set "Move to Active Space" for the Find and Multi-File Search windows
- Corrected some missing summaries for Text Factory operations
- Sometimes, image files can end up with a com.apple.TextEncoding extended attribute, which tricks BBEdit into opening them as text files. Although the best solution is to prevent the xattr from being added in the first place, if that isn't feasible, you can set an expert preference:
- defaults write com.barebones.bbedit CrossCheckForImageFilesWithTextEncodingXattr -bool YES
- Fixed mishandling of a specific text encoding conversion error, which resulted in a -8785 error being reported when using "Reopen using encoding" or otherwise trying to transcode files.
- Made a change to improve measurement accuracy when computing the replacement-glyph width for certain invisible characters in monospaced documents

ファイルのダウンロード Download