Blender for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Blender 2.93.2

Blender for Mac は、フリーでオープンソースの 3D アニメーションスイートです。モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、合成、モーショントラッキング、ビデオ編集やゲーム作成など、3D パイプライン全体をサポートしています.

高度なユーザーは Python スクリプティング用の Blender API を使用してアプリケーションをカスタマイズし、しばしばこれらは Blender の将来のリリースに含まれています。 Blender for Mac は、統合されたパイプラインと反応性の高い開発プロセスの恩恵を受ける個人および小規模のスタジオに最適です。

Blender はクロスプラットフォームであり、Linux、Windows、および Macintosh コンピュータでも同様に動作します。そのインターフェイスは、OpenGL を使用して一貫したエクスペリエンスを提供します。 Blender は独自の 3D ソフトウェアです.

Blender 主な特長:

写真のレンダリング
Blender は、Cycles と呼ばれる強力な新しい偏ったレンダリングエンジンを搭載しており、現実的なレンダリング.

ファストモデリング
ブレンダーの包括的なモデル作成ツールは、モデルの作成、変換、編集をブリーズモデルとしています.

リアル素材
ブレンダーの新しいレンダリングエンジンにより、素材の可能性は無限に広がっています.

ファーストリグリング
モデルをポーズキャラクタに変換することは、 !

アニメーションツールセット
単純なキーフレームや複雑なウォークサイクルがある場合、Blender for Mac はアーティストが静止画を印象的なアニメーションに変えることを可能にします.

Sculpting
経験豊かなオーガニックサブジェクトの彫刻体験 Blender.

Fast UV Unwrapping
のメッシュを Blender 内で簡単にアンラップして、イメージテクスチャを使用するか、モデルに直接ペイントしてください.

Full Compositor
Blender には、完全に構築された完全なコンポジットが付属しています。他のサードパーティ製のプログラムにエクスポートすると、プログラムを終了することなくすべてを行うことができます.

驚くべきシミュレーション
壊れた建物、雨、火、煙、液体、布や破壊が必要な場合、Blender はすばらしい結果をもたらします.

Game Creation
Blender に組み込まれています Blender.

カメラとオブジェクトのトラッキング
Blender には、実稼働準備完了のカメラとオブジェクトトラッキングが含まれています。生のフッテージを読み込んだり、フッテージを追跡したり、領域をマスクしたり、カメラの動きが 3D シーンに生きているのを見ることができます。プログラム間を切り替える必要がなくなります.

ライブラリの拡張機能
熱狂者と開発者の大規模なコミュニティで、Blender には広範囲の拡張機能が搭載されており、簡単にオン / オフを切り替えることができます.

Flexible Interface
Novice と上級ユーザーは、完全に。ビューポートを分割するだけでなく、Python スクリプティングで完全にカスタマイズするまで、ブレンダーはあなたのために働きます.

ファイル Formats
Blender は、さまざまなプログラムのインポート / エクスポートのサポートが満載されています。画像:JPEG、JPEG2000、PNG、TARGA、OpenEXR、DPX、Cineon、Radiance HDR、SGI Iris、TIFF。ビデオ:AVI、MPEG、Quicktime(OSX 上) DXF、Wavefront(OBJ)、DirectX(x)、Lightwave(LWO)、モーションキャプチャ(BVH)、SVG、スタンフォード PLY、STL 、VRML、VRML97、X3D.

Also 入手可能:ダウンロード Blender for Windows

ファイルのバージョン Blender 2.93.2
ファイル名 blender-2.93.2-macos-x64.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 Snow Leopard
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Blender Foundation
更新日 http://www.blender.org/download/get-blender/
更新時間 2021-08-04
ログを更新する

What's new in this version:

- Line Art Bug FIx: stroke default in-front should be on
- Follow Path for empty works only in negative values
- Align Orientation to Target keeps rotation when toggled
- `bpy.ops.screen.screen_full_area()` resets certain fields of the context
- Fix edit-mesh random select regression in random seed use
- Use-after-free when tabbing through numeric inputs
- Fix invalid polygon normal array access building bake data
- Select Similar Face Regions triggers AddressSanitizer crash
- Undefined Geometry nodes cause a crash when connected to a Group Output node
- Set Origin missing from Text object in 2.93
- Fix: Crash Requesting GPU_SHADER_GPENCIL_FILL builtin shader
- Viewport Render Preview glitching with Eevee Render Engine
- Cleanup: Remove deprecated variables and functions calls from our ffmpeg code
- Fix T87932: Failure to build movie strip proxy
- Make encoded video fps correct with ffmpeg < 4.4
- Fix T88623, T87044: Make encoded videos play correctly in VLC
- FFmpeg: Update proxy settings
- Fix T57397: Movies are blurred after sws_scale
- FFmpeg: Fix seeking not returning the correct frame when not using TC index
- Fix: Wrong logic for checking if we can reuse decoded frame
- Fix: Prevent small memory leak in VSE indexer
- Fix: VSE timecodes being used even when turned off
- Fix: VSE indexer seeking not working correctly
- Fix: VSE search in mpegts files would fail
- Fix: VSE seeking with proxy strips would fail on certain frames
- UI: Collection tab should hide when scene master collection is active
- Blender crash when showing thumbnail of a strongly skewed .exr image
- Fix T89861: Checking face selection breaks UV stitch operator
- Fix T70356: Scaling up 1×1 pixel image reads past buffer bounds
- Fix object “Set Origin” operating on linked library data
- BlenderKit: draw categories in asset card
- BlenderKit: many post-release fixes
- BlenderKit: fix category display
- BlenderKit: fix an error when trying to assign material to unsupported object type Alembic export not respecting the renderable flag
- Alembic export: evaluation mode option
- TGA Images with any alpha value smaller than one behaves unexpected
- Collection user counts are set to `1` on file load. Boolean modifier orphans Collections
- Round end-caps on Freestyle lines not working properly
- Crash when baking to vertex colors while “Normals-> Auto Smooth” is enabled
- Crash when using Cycles preview or render – custom data layer / auto smooth
- Crash when editing a Collection Instance referenced by Line Art object
- [2.93.2] Geometry nodes: wrongly detected “Node group has unidentified nodes or sockets” error
- Persistent data, motion blur, and geometry displacement results in glitchy meshes during rendering
- adding a custom AOV doesn’t show the output on the compositors render layer node
- Geometry Nodes: ‘New’ Button tries to create node_tree on active modifier, rather than button context
- Py API: `bpy.data.orphans_purge` incorrect argument parsing
- Drawing with make line tool in an empty scene results crash
- It can’t snap vertices when using community addon ‘Snap_Utilities_Line’
- Blender File View – can’t type space while holding shift key
- Separating meshes by material makes render passes in cycles stuck in 1/64

ファイルのダウンロード Download
  • Blender for Mac Screenshot 1Blender for Mac Screenshot 2Blender for Mac Screenshot 3