Blender for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Blender 2.78

Blender for Mac は、フリーでオープンソースの 3D アニメーションスイートです。モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、合成、モーショントラッキング、ビデオ編集やゲーム作成など、3D パイプライン全体をサポートしています.

高度なユーザーは Python スクリプティング用の Blender API を使用してアプリケーションをカスタマイズし、しばしばこれらは Blender の将来のリリースに含まれています。 Blender for Mac は、統合されたパイプラインと反応性の高い開発プロセスの恩恵を受ける個人および小規模のスタジオに最適です。

Blender はクロスプラットフォームであり、Linux、Windows、および Macintosh コンピュータでも同様に動作します。そのインターフェイスは、OpenGL を使用して一貫したエクスペリエンスを提供します。 Blender は独自の 3D ソフトウェアです.

Blender 主な特長:

写真のレンダリング
Blender は、Cycles と呼ばれる強力な新しい偏ったレンダリングエンジンを搭載しており、現実的なレンダリング.

ファストモデリング
ブレンダーの包括的なモデル作成ツールは、モデルの作成、変換、編集をブリーズモデルとしています.

リアル素材
ブレンダーの新しいレンダリングエンジンにより、素材の可能性は無限に広がっています.

ファーストリグリング
モデルをポーズキャラクタに変換することは、 !

アニメーションツールセット
単純なキーフレームや複雑なウォークサイクルがある場合、Blender for Mac はアーティストが静止画を印象的なアニメーションに変えることを可能にします.

Sculpting
経験豊かなオーガニックサブジェクトの彫刻体験 Blender.

Fast UV Unwrapping
のメッシュを Blender 内で簡単にアンラップして、イメージテクスチャを使用するか、モデルに直接ペイントしてください.

Full Compositor
Blender には、完全に構築された完全なコンポジットが付属しています。他のサードパーティ製のプログラムにエクスポートすると、プログラムを終了することなくすべてを行うことができます.

驚くべきシミュレーション
壊れた建物、雨、火、煙、液体、布や破壊が必要な場合、Blender はすばらしい結果をもたらします.

Game Creation
Blender に組み込まれています Blender.

カメラとオブジェクトのトラッキング
Blender には、実稼働準備完了のカメラとオブジェクトトラッキングが含まれています。生のフッテージを読み込んだり、フッテージを追跡したり、領域をマスクしたり、カメラの動きが 3D シーンに生きているのを見ることができます。プログラム間を切り替える必要がなくなります.

ライブラリの拡張機能
熱狂者と開発者の大規模なコミュニティで、Blender には広範囲の拡張機能が搭載されており、簡単にオン / オフを切り替えることができます.

Flexible Interface
Novice と上級ユーザーは、完全に。ビューポートを分割するだけでなく、Python スクリプティングで完全にカスタマイズするまで、ブレンダーはあなたのために働きます.

ファイル Formats
Blender は、さまざまなプログラムのインポート / エクスポートのサポートが満載されています。画像:JPEG、JPEG2000、PNG、TARGA、OpenEXR、DPX、Cineon、Radiance HDR、SGI Iris、TIFF。ビデオ:AVI、MPEG、Quicktime(OSX 上) DXF、Wavefront(OBJ)、DirectX(x)、Lightwave(LWO)、モーションキャプチャ(BVH)、SVG、スタンフォード PLY、STL 、VRML、VRML97、X3D.

Also 入手可能:ダウンロード Blender for Windows

ファイルのバージョン Blender 2.78
ファイル名 blender-2.78-OSX_10.6-x86_64.zip
ファイルサイズ 173.17 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 Snow Leopard
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Blender Foundation
更新日 http://www.blender.org/download/get-blender/
更新時間 2016-09-29
ログを更新する

What's new in this version:

HIGHLIGHTS:
- Cycles: Cycles now supports rendering spherical stereo images for VR
- Grease Pencil: Reworked to be similar to other 2D drawing softwares
- Alembic: Initial basic support in Blender
- Improvements to Bendy Bones for Easier and Simpler Rigging
- Eleven new add-ons
- And: 100s of bug fixes and other improvements!

Grease Pencil:

New design and complete overhaul, including:
- Easy layer management
- Ability to have multiple colors and thickness values per layer
- Stroke quality improvements
- Different color saturation in the same stroke
- Improved Fills - Support for Concave Shapes
- Parenting a layer to any object, armature or bone

Alembic:
- Initial implementation in Blender
- Basic Alembic support through import and export operators
- Data streaming through cache constraints and modifiers

Cycles Renderer:
- Rendering spherical stereo images for VR is now supported
- Multiscatter GGX mode for the glossy and glass BSDF nodes
- Experimental feature: Improved Subdivision and Displacement system
- Vertex color, weight and normal support for point density textures
- Hair rendering speed up / memory use improvements
- OpenCL devices now support float4 textures (e.g. HDR textures)
- Added support for NVidia GTX 1060, 1070, 1080 GPUs

User Interface:
- Improvements to the Eyedropper and Operator Search
- Additional drawing mode for the Waveform Scope in the Image Editor
- Defining ranges and individual render frames in the Command Line

Modeling:
- New Freehand Curve drawing tool
- New Dissolve tool
- New Fill Region tool for Selection
- Improvements to Decimation, Bevel
- Edit-mode undo memory usage has been optimized

Viewport & Render:
- More supported shading nodes and options for the Cycles viewport render
- Additional shading features for the Blender GLSL viewport
- Blender Render shading can now also be computed in world space

Animation:
- Improvements to Bendy Bones for Easier and Simpler Rigging
- Numerous changes to streamline the process of setting up and editing drivers
- The type of keyframe can be chosen on insertion
- Support non-uniform scaled bones failing with IK solver

Datablocks & Libraries Management:
- A new core low-level feature for datablocks management, called 'ID remapping'

Currently it allows from the Outliner:
- In the Blender File view to Reload and Relocate libraries
- In All Scenes, Current Scene and similar views to Fully Delete or Remap a datablock

Physics:
- The rest shape of cloth can now be animated
- Cloth Simulation Speed is now adjustable
- Collision Groups for Particles and Soft Body

Add-ons:
- 11 new add-ons are included in this release
- Numerous improvements and fixes to existing add-ons
- Removed Import: MakeHuman (.mhx) (format not supported anymore in MakeHuman)
- New Preferences Individual Activation
- Changes to the Python API functions

Bug Fixes:
- As for every Blender release, hundreds of bugs were fixed, thanks to the hardworking Blender developersmarquez1000rr

ファイルのダウンロード Download
  • Blender for Mac Screenshot 1Blender for Mac Screenshot 2Blender for Mac Screenshot 3