Blender for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Blender 2.72

Blender for Mac は、フリーでオープンソースの 3D アニメーションスイートです。モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、合成、モーショントラッキング、ビデオ編集やゲーム作成など、3D パイプライン全体をサポートしています.

高度なユーザーは Python スクリプティング用の Blender API を使用してアプリケーションをカスタマイズし、しばしばこれらは Blender の将来のリリースに含まれています。 Blender for Mac は、統合されたパイプラインと反応性の高い開発プロセスの恩恵を受ける個人および小規模のスタジオに最適です。

Blender はクロスプラットフォームであり、Linux、Windows、および Macintosh コンピュータでも同様に動作します。そのインターフェイスは、OpenGL を使用して一貫したエクスペリエンスを提供します。 Blender は独自の 3D ソフトウェアです.

Blender 主な特長:

写真のレンダリング
Blender は、Cycles と呼ばれる強力な新しい偏ったレンダリングエンジンを搭載しており、現実的なレンダリング.

ファストモデリング
ブレンダーの包括的なモデル作成ツールは、モデルの作成、変換、編集をブリーズモデルとしています.

リアル素材
ブレンダーの新しいレンダリングエンジンにより、素材の可能性は無限に広がっています.

ファーストリグリング
モデルをポーズキャラクタに変換することは、 !

アニメーションツールセット
単純なキーフレームや複雑なウォークサイクルがある場合、Blender for Mac はアーティストが静止画を印象的なアニメーションに変えることを可能にします.

Sculpting
経験豊かなオーガニックサブジェクトの彫刻体験 Blender.

Fast UV Unwrapping
のメッシュを Blender 内で簡単にアンラップして、イメージテクスチャを使用するか、モデルに直接ペイントしてください.

Full Compositor
Blender には、完全に構築された完全なコンポジットが付属しています。他のサードパーティ製のプログラムにエクスポートすると、プログラムを終了することなくすべてを行うことができます.

驚くべきシミュレーション
壊れた建物、雨、火、煙、液体、布や破壊が必要な場合、Blender はすばらしい結果をもたらします.

Game Creation
Blender に組み込まれています Blender.

カメラとオブジェクトのトラッキング
Blender には、実稼働準備完了のカメラとオブジェクトトラッキングが含まれています。生のフッテージを読み込んだり、フッテージを追跡したり、領域をマスクしたり、カメラの動きが 3D シーンに生きているのを見ることができます。プログラム間を切り替える必要がなくなります.

ライブラリの拡張機能
熱狂者と開発者の大規模なコミュニティで、Blender には広範囲の拡張機能が搭載されており、簡単にオン / オフを切り替えることができます.

Flexible Interface
Novice と上級ユーザーは、完全に。ビューポートを分割するだけでなく、Python スクリプティングで完全にカスタマイズするまで、ブレンダーはあなたのために働きます.

ファイル Formats
Blender は、さまざまなプログラムのインポート / エクスポートのサポートが満載されています。画像:JPEG、JPEG2000、PNG、TARGA、OpenEXR、DPX、Cineon、Radiance HDR、SGI Iris、TIFF。ビデオ:AVI、MPEG、Quicktime(OSX 上) DXF、Wavefront(OBJ)、DirectX(x)、Lightwave(LWO)、モーションキャプチャ(BVH)、SVG、スタンフォード PLY、STL 、VRML、VRML97、X3D.

Also 入手可能:ダウンロード Blender for Windows

ファイルのバージョン Blender 2.72
ファイル名 blender-2.72-OSX_10.6-x86_64.zip
ファイルサイズ 110.65 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 Snow Leopard
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Blender Foundation
更新日 http://www.blender.org/download/get-blender/
更新時間 2014-10-04
ログを更新する

What's new in this version:

- Cycles GPU rendering supports Volume and Subsurface Scattering now. The User Interface comes with optional Pie Menus now and the Tooltips have been improved. For Modeling, a new intersection tool has been added in Edit Mode. Texture painting workflow has been streamlined with easy access to painted images and UV layers. The Compositor now comes with a Sun Beam node. Freestyle NPR rendering is now available with Cycles as well. Additionally, Blender 2.72 features three new addons. Cycles Rendering:
- Volume rendering and Subsurface Scattering are available on GPU, Volume and Glossy sampling was improved, new Ashikhmin-Shirley distribution for Glossy and Anisotropic BSDFs, memory usage during rendering was lowered, faster OSL rendering, Anamorphic Bokeh support, and better control over caustics. User Interface:
- The long awaited pie menus are available as an addon for ⇆ Tab, Z, Q, ⇆ Tab⇧ ShiftCtrl, ., CtrlSpace operators. New Tooltip design makes important information more noticeable. Python text is displayed in a monospaced font. Blender Internal preview now behaves like the Cycles preview, it starts rendering at low resolution and improves from there. Improved units parsing, even though devs claim Blender not to feature a units engine it does a better job now. Modeling:
- A new intersection tool was added, to quickly cut up geometry. It's a bit like boolean but not calculating interior/exterior.
- The Bevel Tool and the Bevel Modifier now have the option to set the material of the newly created faces to the material in a given slot. Sculpting/Painting:
- Texture painting workflow has been streamlined with easy access to painted images and UV layers, ability to generate strokes with curves and lines has been added, more blend modes are available and new tools to fill and mask have been added. Compositing:
- A new Sun Beams node has been added to the compositor. Game Development:
- A new Mouse Actuator allowing between other things to do mouse look has been added.
- The Property Sensor has new evaluation types.
- The TrackTo Actuator has new menus to select up/track axis.
- The Property Actuator has a new level mode.
- The Mouse Over Any Sensor has a new X-Ray and Property/Material detection options.
- A new BGE Debug and Contrainst Wrapper API have been added. Freestyle NPR Rendering:
- The Freestyle line rendering engine has been integrated into Cycles in addition to the Blender Internal (BI). Freestyle provides Cycles users with a versatile non-photorealistic (NPR) line rendering solution. Most Freestyle options work in the same way for both Cycles and BI. Line textures in Freestyle for Cycles are defined by means of shader nodes (unlike Freestyle for BI, which relies on the conventional texture mapping and influence panels). New per-material Freestyle line settings provide a reliable mean to specify line colors applicable to both Cycles and the BI. The Freestyle Python API also has user-visible updates for better code readability and run-time performance. Animation - More Features:
- Color ramps now support color interpolation in hue mode both clock- and counter-clock-wise. CtrlF in animation editors now works as a shortcut for activating the Filter by Name functionality. Weights now draw in wireframe mode in the 3D view. Temporary data gets deleted when closing Blender. The video editor got enhanced by a gaussian blur filter. New camera presets: Blackmagic Pocket Cinema and Blackmagic Production 4K. Animation - Addons:
- FBX improvements: Import now supports armatures, shapekeys, animations, with shapekeys also being supported for export.
- New DXF importer with support for 3D(SubD) geometry, and geo-referencing. It imports curve types as curves and adds control over various geometry merge options.
- New UV addon for align distribution and copy/paste (!!) of UVs.
- New Game Publishing Addon is available for game developers!
- New addon for named layers & grouped layer management
- Also includes changes from the previous RC version

ファイルのダウンロード Download
  • Blender for Mac Screenshot 1Blender for Mac Screenshot 2Blender for Mac Screenshot 3