Blender for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Blender 2.66a (64-bit)

Blender for Mac は、フリーでオープンソースの 3D アニメーションスイートです。モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、合成、モーショントラッキング、ビデオ編集やゲーム作成など、3D パイプライン全体をサポートしています.

高度なユーザーは Python スクリプティング用の Blender API を使用してアプリケーションをカスタマイズし、しばしばこれらは Blender の将来のリリースに含まれています。 Blender for Mac は、統合されたパイプラインと反応性の高い開発プロセスの恩恵を受ける個人および小規模のスタジオに最適です。

Blender はクロスプラットフォームであり、Linux、Windows、および Macintosh コンピュータでも同様に動作します。そのインターフェイスは、OpenGL を使用して一貫したエクスペリエンスを提供します。 Blender は独自の 3D ソフトウェアです.

Blender 主な特長:

写真のレンダリング
Blender は、Cycles と呼ばれる強力な新しい偏ったレンダリングエンジンを搭載しており、現実的なレンダリング.

ファストモデリング
ブレンダーの包括的なモデル作成ツールは、モデルの作成、変換、編集をブリーズモデルとしています.

リアル素材
ブレンダーの新しいレンダリングエンジンにより、素材の可能性は無限に広がっています.

ファーストリグリング
モデルをポーズキャラクタに変換することは、 !

アニメーションツールセット
単純なキーフレームや複雑なウォークサイクルがある場合、Blender for Mac はアーティストが静止画を印象的なアニメーションに変えることを可能にします.

Sculpting
経験豊かなオーガニックサブジェクトの彫刻体験 Blender.

Fast UV Unwrapping
のメッシュを Blender 内で簡単にアンラップして、イメージテクスチャを使用するか、モデルに直接ペイントしてください.

Full Compositor
Blender には、完全に構築された完全なコンポジットが付属しています。他のサードパーティ製のプログラムにエクスポートすると、プログラムを終了することなくすべてを行うことができます.

驚くべきシミュレーション
壊れた建物、雨、火、煙、液体、布や破壊が必要な場合、Blender はすばらしい結果をもたらします.

Game Creation
Blender に組み込まれています Blender.

カメラとオブジェクトのトラッキング
Blender には、実稼働準備完了のカメラとオブジェクトトラッキングが含まれています。生のフッテージを読み込んだり、フッテージを追跡したり、領域をマスクしたり、カメラの動きが 3D シーンに生きているのを見ることができます。プログラム間を切り替える必要がなくなります.

ライブラリの拡張機能
熱狂者と開発者の大規模なコミュニティで、Blender には広範囲の拡張機能が搭載されており、簡単にオン / オフを切り替えることができます.

Flexible Interface
Novice と上級ユーザーは、完全に。ビューポートを分割するだけでなく、Python スクリプティングで完全にカスタマイズするまで、ブレンダーはあなたのために働きます.

ファイル Formats
Blender は、さまざまなプログラムのインポート / エクスポートのサポートが満載されています。画像:JPEG、JPEG2000、PNG、TARGA、OpenEXR、DPX、Cineon、Radiance HDR、SGI Iris、TIFF。ビデオ:AVI、MPEG、Quicktime(OSX 上) DXF、Wavefront(OBJ)、DirectX(x)、Lightwave(LWO)、モーションキャプチャ(BVH)、SVG、スタンフォード PLY、STL 、VRML、VRML97、X3D.

Also 入手可能:ダウンロード Blender for Windows

ファイルのバージョン Blender 2.66a (64-bit)
ファイル名 blender-2.66a-release-OSX_10.6_x86_64.zip
ファイルサイズ 77.37 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 Snow Leopard
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Blender Foundation
更新日 http://www.blender.org/download/get-blender/
更新時間 2013-03-07
ログを更新する

What's new in this version:

Interface:
- Image editor scope and clip editor track preview did not resize properly with different DPI settings.
- Alt+MouseWheel changes frame as well as buttons
- Fix UI/DPI: user preferences window size now takes into account DPI, otherwise the buttons don't fit properly.
- Fix soft shadow at top edge incorrectly drawn
- Screencast could be started twice
- Panel color were not updated from old files properly
- Allow trackpad and magic mouse swipes to control brush size for circle select.
- Window position not saving correctly for next start-up
- Quicktime video codec menu showing blank

Viewport:
- GLSL materials using multiple UV layers fail in edit mode
- View3D Mini-Axis drawing in error with overlay
- Manipulator handles drawn incorrectly by depth
- Fix glitch rotating the camera in camera mode drawing helper-line in random locations

Animation:
- Fix zoom for graph-editor (and other editors)

Sequencer:
- Strip modifier - Mask multiply failure
- Added RGBA|RGB channels toggle to sequencer preview
- Fix sequencer crash when pasteing strips after creating new file

Composite/Nodes:
- Inputs list in file output doesn't appear properly.
- Crash when using image output node
- "Record Composite" image op segfaults in compositor code
- Inconsistent behavior of "Color Mix Node" and "Alpha Over Node"
- Adding reroute node into invalid links would crash the compositor

MovieClip/Tracking:
- Fix memory leak when loading multilayer EXR as movie clip
- Fix for incorrect subpixel precision of marker when using track offset

Render:
- Displacement map Bake margin does not work
- Node editor delete texture crash
- Image Sequence texture didn't allow "Offset" with fcurves.
- Weird noise bug with Texture nodes
- Fix for texture preview render with show alpha enabled
- Fix image transparency backwards compatibility. Now the texture datablock has a 'Use Alpha' option again.

Render (Cycles):
- Viewport render stuck with no objects in the scene.
- Hair render in dupligroup did hide the emitter properly in some cases.

Modifiers:
- Shrinkwrap modifier project along normal did not work correctly
- Applying screw modifier turns object to black

Tools
- Border select in UV Image window crashed
- Fix for weight paint using values over 1.0 when blending
- Fix for regression in 'object.shape_key_transfer' operator since BMesh merge
- Edge slide results in segmentation fault on certain mesh
- Origin to Center of Mass is missing in menu Object > Transform
- Fix selecting linked faces
- mesh.select_mode operator could not be configure the use_extend and use_expand properly.
- Selection of bones in armature edit mode only toggles between two bones
- Copy/Paste objects hangs
- Fix (regression) #34438: Solidify crease error
- Fix missing select menu for weight, vertex, texture paint modes.
- Fix joining meshes could loose crease/bevel weights
- Fix (regression) #34449: Edge toggline bevel failed

Sculpt:
- Collapse-Edges crash in dyntopo
- Crash when dyntopo enabled and using view plane mode
- Blender Crashes on toggling modes, dynatopo sculpt/object mode.

Game Engine:
- Fix projection clipping
- Character walkDirection ADD mode -#INF error.
- Enable alpha buffer (useful for TV broadcasting).
- Ray cast on Triangle mesh bounded Rigid Body Object crashes
- Webcam support under Linux in Standalone broken
- Action Actuator "caching" the previous ran actions
- Fix error using actions with multiple scenes
- Fix object color channels can now be animated separately without zeroing out the other channels
- Fix error using uninitialized variables for rendering
- Game-Engine - Multi UV mesh's materials not backwards compatible
- Fix Game-Engine crashing when on material conversions
- Motion blur (2d filter) not working in osx
- Fixed error with converting multi-uv layers.
- 2D-Filter produces render error
- 2D-Filter causes mouselook script drifting effect

Rigid Body:
- Fix motion paths calculation being incorrect for rigid bodies
- Allow rigidbody collision groups to be animated
- Planes with Rigid Body always keep distance to colliding objects
- Rigid objects not resetting original properly after running a simulation.
- Fix inconsistency with world rebuilding with the start frame

Text Editor:
- Fix text editor bug: ctrl+F is not configurable
- Fixed freeze when turning on syntax highlight
- Fix crash when overwriting ascii character with multibyte character

Python:
- Fix Python console bug: "autocomplete" doesn't advance cursor properly when completion includes UTF8 characters
- Fixed foreach_get crash for any non existant attribute
- Fixed mesh.verts.foreach_set not working with normals
- Fix for python exception getting the ID from an operator button

Other:
- Fix freeing all bakes in particle mode
- Fix file with packed images crashes on load
- Fix image alpha version patch with library linked files
- Collada export crash with armature
- Fix X3D import error loading UV's
- Fix X3D import for images
- Rigify fixes

ファイルのダウンロード Download
  • Blender for Mac Screenshot 1Blender for Mac Screenshot 2Blender for Mac Screenshot 3