Blender for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Blender 2.45

Blender for Mac は、フリーでオープンソースの 3D アニメーションスイートです。モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、合成、モーショントラッキング、ビデオ編集やゲーム作成など、3D パイプライン全体をサポートしています.

高度なユーザーは Python スクリプティング用の Blender API を使用してアプリケーションをカスタマイズし、しばしばこれらは Blender の将来のリリースに含まれています。 Blender for Mac は、統合されたパイプラインと反応性の高い開発プロセスの恩恵を受ける個人および小規模のスタジオに最適です。

Blender はクロスプラットフォームであり、Linux、Windows、および Macintosh コンピュータでも同様に動作します。そのインターフェイスは、OpenGL を使用して一貫したエクスペリエンスを提供します。 Blender は独自の 3D ソフトウェアです.

Blender 主な特長:

写真のレンダリング
Blender は、Cycles と呼ばれる強力な新しい偏ったレンダリングエンジンを搭載しており、現実的なレンダリング.

ファストモデリング
ブレンダーの包括的なモデル作成ツールは、モデルの作成、変換、編集をブリーズモデルとしています.

リアル素材
ブレンダーの新しいレンダリングエンジンにより、素材の可能性は無限に広がっています.

ファーストリグリング
モデルをポーズキャラクタに変換することは、 !

アニメーションツールセット
単純なキーフレームや複雑なウォークサイクルがある場合、Blender for Mac はアーティストが静止画を印象的なアニメーションに変えることを可能にします.

Sculpting
経験豊かなオーガニックサブジェクトの彫刻体験 Blender.

Fast UV Unwrapping
のメッシュを Blender 内で簡単にアンラップして、イメージテクスチャを使用するか、モデルに直接ペイントしてください.

Full Compositor
Blender には、完全に構築された完全なコンポジットが付属しています。他のサードパーティ製のプログラムにエクスポートすると、プログラムを終了することなくすべてを行うことができます.

驚くべきシミュレーション
壊れた建物、雨、火、煙、液体、布や破壊が必要な場合、Blender はすばらしい結果をもたらします.

Game Creation
Blender に組み込まれています Blender.

カメラとオブジェクトのトラッキング
Blender には、実稼働準備完了のカメラとオブジェクトトラッキングが含まれています。生のフッテージを読み込んだり、フッテージを追跡したり、領域をマスクしたり、カメラの動きが 3D シーンに生きているのを見ることができます。プログラム間を切り替える必要がなくなります.

ライブラリの拡張機能
熱狂者と開発者の大規模なコミュニティで、Blender には広範囲の拡張機能が搭載されており、簡単にオン / オフを切り替えることができます.

Flexible Interface
Novice と上級ユーザーは、完全に。ビューポートを分割するだけでなく、Python スクリプティングで完全にカスタマイズするまで、ブレンダーはあなたのために働きます.

ファイル Formats
Blender は、さまざまなプログラムのインポート / エクスポートのサポートが満載されています。画像:JPEG、JPEG2000、PNG、TARGA、OpenEXR、DPX、Cineon、Radiance HDR、SGI Iris、TIFF。ビデオ:AVI、MPEG、Quicktime(OSX 上) DXF、Wavefront(OBJ)、DirectX(x)、Lightwave(LWO)、モーションキャプチャ(BVH)、SVG、スタンフォード PLY、STL 、VRML、VRML97、X3D.

Also 入手可能:ダウンロード Blender for Windows

ファイルのバージョン Blender 2.45
ファイル名 blender-2.45-OSX-10.3-py2.5-intel.zip
ファイルサイズ 10.89 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 Snow Leopard
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Blender Foundation
更新日 http://www.blender.org/download/get-blender/
更新時間 2007-09-21
ログを更新する

What's new in this version:

- SSS now works with panorama render.
- Removed artifacts with negative lights when using SSS
- Disabled SSS for preview rendering, so it didn't slow down other preview render at all.
- Fixed error in "Transform Constraint" with planar constraints when the plane was perpendicular to the viewport.
- Fixed the vector blur error in "Ztransp" that produce black lines (on edges) appeared, which didn't get blurred away.
- Fixed an error in the Particle System that cause bad results for command line renders, especially when rendering first frame of animation.
- Fixed Verse crashing in 64 bits Linux.
- Math node now has reflective behavior.
- Multires meshes with UV's and vertex colors would crash in many cases.
- Importing 3DS files with lamps failed.
- FBX Exporter updated, includes fixes for better compatibility with other applications and support for exporting animation with armature deformed meshes and objects.
- Collada support updated for better armature support.
- Bundled python modules were not included in 2.44 by accident, making some scripts fail in 2.44 that worked in 2.43 (Windows Only, when Python was not installed)
- Fixed bug in the shadow calculation that cause errors where specularity would ignore shadows.
- Changes to the insert keyframes method for determining when to replace existing keyframes with new ones. Now, it shouldn't create so many keyframes stacked on top of each other.
- Blender would crash if boolean operations were done on objects wich resulted in an empty mesh. This was due to accessing invalid memory.
- Remove the options "make local" in the Outliner. It didnt work properly and produced errors in the linked data.
- Edgesplit crashes are fixed, the problem was that "bridge" vertices (which connect two or more faces that don't share edges) were not being included in the maximum final vertex count calculation (used for memory allocation, hence the crashes).
- Fixed Multires Editmode memory leak. Typo in Multires Editmode integration meant that far too much memory was getting allocated for a pointer array (more than 10 times as much).

ファイルのダウンロード Download
  • Blender for Mac Screenshot 1Blender for Mac Screenshot 2Blender for Mac Screenshot 3