Butler for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Node.js 16.1.0

Butler for Mac は、Mac OS X、ランチャー、iTunes コントローラ、マクロ、ポップアップフォルダ、複数のクリップボードなどのための do-it-all ユーティリティです.

完全にカスタマイズ可能なシステム全体のバネをブラウズすることで、アプリケーションやその他の種類のドキュメントにアクセスできますホットキーを押したり、ホットコーナーをクリックしたり、略語を入力したりすることができます。バトラーはあなたの習慣から学び、特定の略語にしたいことを覚えています(たとえば、「アドレス帳」を起動するために「abo」と入力します)。 Butler は、特定のブラウザに依存せずにブックマークを管理する方法を提供します。ブラウザのブックマークコレクションとは対照的に、バトラーのブックマークは、システム全体のメニュー、ホットキーなどからいつでもアクセスできます。そして、略語を入力することで、ブックマークへのアクセスに夢中になることは間違いありません。バトラーはまた、Mac OS X.

のためのすべての単一ブラウザのブックマークにアクセスすることができます。ブラウザまたはバトラーの設定にファイルまたは URL を追加することは驚くほど簡単です:アクティブなスクリーンコーナー(デフォルト:左上)にドラッグするだけです。ウィンドウを開いて、あなたの設定のどこかにアイテムをドロップします。バトラーの前身である「Another Launcher」は、メニューバーからウェブを検索できる最初のアプリケーションでした。しかし、入力欄にメニューバーが混雑している場合は、ホットキーを使用して専用の Web 検索ウィンドウをポップアップ表示することもできます。 Butler はデフォルトで多数の検索エンジンをサポートしていますが、それらに限定されません。独自の検索エンジンを簡単に追加することができます.

Butler for Mac は、以前にペーストボードに保存していたアイテムにアクセスし、ペーストボードを効果的にスタックに変換します。また、現在のペーストボードのスナップショットを撮り、それを良好に保つこともできます。この機能は、定期的に入力する必要があるテキストスニペットに特に便利です。バトラーを使用すると、ファイルの移動やコピー、iTunes の制御、システム設定へのアクセス、現在のユーザの変更などができます。しかし、バトラーは、その行動をカスタマイズすることについては本当に輝いています。あなたのメニューバーはあまりにも混雑していますか?バトラーのドックレットを使用してください。マウントされた各ボリュームのメニューが必要ですか?特定のホットキーを押すとメニューがポップアップしますか?実行中のすべてのアプリケーションをメニューバーに表示しますか?または、キーボードでのみ行うことを好むのですか?どんな種類のインターフェースでも、バトラーはあなたのサービスにいます.8997423

ファイルのバージョン Node.js 16.1.0
ファイル名 node-v16.1.0.pkg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.7 or later
ソフトウェアタイプ Shareware
著者 Many Tricks
更新日 https://manytricks.com/butler/
更新時間 2021-05-05
ログを更新する

What's new in this version:

- Async_hooks,doc: replace process.stdout.fd with 1
- Benchmark: avoid using console.log()
- Benchmark: use process.hrtime.bigint()
- Bootstrap: freeze more intrinsics
- Build: fix label-pr workflow
- Build: label PRs with GitHub Action instead of nodejs-github-bot

Crypto:
- don't crash with some selfsigned certs
- fix generateKeyPair type checks
- fix scrypt keylen validation
- fix DiffieHellman generator validation

Debugger:
- enable linter on internal/inspector/inspect_client
- refactor internal/inspector/_inspect to use more primordials
- apply automatic lint fixes for inspect_repl.js
- apply automatic lint fixes for _inspect.js
- remove unused function argument
- align message with Node.js standard
- add usage example for --port
- fix race condition/deadlock on initialization
- replace internal use of deprecated API
- allow longer time to connect
- accommodate line chunking in Windows
- fix inspect restart on Windows
- remove unused code
- move node-inspect to internal library

Deps:
- V8: cherry-pick fd75c97d3f56
- upgrade npm to 7.11.2
- update to [email protected]
- patch V8 to 9.0.257.24
- patch V8 to 9.0.257.21
- update llhttp to 6.0.1
- patch V8 to 9.0.257.19

- Revert "doc: os.uptime() temporary bug notice"
- Fix outdated util inspect documentation and layout example

Doc:
- mark Node.js 10 as End-of-Life
- mark querystring api as legacy
- update node-api support matrix
- add arguments for stream event of Http2Server and Http2SecureServer
- indicate that abort tests do not generate core files
- add try/catch in http2 respondWithFile example
- note the system requirements for V8 tests
- minor clarification to pathObject
- clarify that fs.Dir async iterator closes automatically
- document new TCP_KEEPCNT and TCP_KEEPINTVL socket option defaults
- do not mention TCP in the allowHalfOpen option description
- update message to match actual output
- request default snap track be updated for LTS
- mark process.hrtime() as legacy
- fix typo in worker_threads.md
- fix version history for "exports" patterns
- fix package.json "imports" field history
- fix typo in buffer.md
- fix YAML comment opening tags
- add nodejs-sec email template
- document 'secureConnect' event limitation

ファイルのダウンロード Download