Capture One for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Capture One 10.2.1 Build 39

Capture One for Mac は、300 個以上のハイエンドカメラから正確な色と信じられないほど詳細な究極の画像品質を提供するプロフェッショナルな RAW コンバータです。最先端のつなぎ撮り、強力なデジタルアセットマネジメント、豊富な調整ツール、柔軟なワークフローを提供します.121235896
キャプチャワンは、最新の処理エンジン、市場をリードするパフォーマンス、強力な新機能により、イメージングソフトウェアのプロフェッショナルな選択肢です。あなたのニーズに合わせてカスタマイズできる、時間を節約するワークフローで、カメラの RAW ファイルから魅力的な画像を作成するために必要な、高い応答性を備えた精密ツールを手に入れましょう。世界で最も要求の厳しい写真家とともに設計された Capture One Pro は、プロフェッショナルがイメージングソフトウェアで選択したものです.

Capture One for Mac は色の例外的な取り扱いで知られています。カスタムカメラプロファイリングのおかげで、すべての RAW ファイルがカメラからまっすぐに輝きます。創造的なカラーグレーディングツールを求めている場合でも、画像の自然な色を確保したい場合でも、Capture One Pro は、ビジョンを達成するための強力で正確なツールを提供します。アセットマネジメントは、毎日の個々の仕事や何千ものイメージを持つ大規模なコレクションからのイメージの管理など、あらゆる写真家にとって重要です。 Capture One Pro は、あらゆるタイプの写真家のためのツールとソリューションを提供し、資産管理を簡単かつ迅速かつ効果的にします。 Capture One for Mac は画質と使いやすさを念頭に開発されています。すべてのツールは、RAW ファイルのすべての情報を保持、回復、最適化する編集プロセスのすべての側面を完全に制御できるように設計されています。フルレンジのツールは、常に完璧な結果を得るための幅広い可能性を提供します。カスタマイズ可能なツール、キーボードショートカットからグラフィックスアクセラレーション、インスタントテッドキャプチャまで、Capture One Pro は作業負荷を最小限に抑え、効率を最大化するように設計されています。独自のワークスペースを設計し、Capture One Pro.

Capture One for Mac の機能を自分で決める機能:

キャプチャワンプロチュートリアル
キャプチャワンの MacOS 用の学習チュートリアルをよくお読みください。カラーバランスツールの詳細、ローカル調整の作成方法、キーワード& キーワードライブラリーなど多くの機能を備えています.

簡単な調整ガイド
おすすめの写真家から RAW ファイルをダウンロードし、簡単な調整ガイドに従ってください。数分で画像が最初から最後まで編集されます。このガイドでは、様々なツールや、さまざまなタイプの写真に必要な編集をお手伝いします.

キャプチャ 1 Pro Webinars
Capture One Pro については、1 時間の Web セミナーで詳しく知ることができます。ウェブセミナーは、英語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、広東語、ロシア語でご利用いただけます。

注:60 日間の試用版.8997423

ファイルのバージョン Capture One 10.2.1 Build 39
ファイル名 CaptureOne.Mac.10.2.1.dmg
ファイルサイズ 320 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11.6 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Phase One
更新日 https://www.phaseone.com/en/Products/Software/Capture-One-Pro/Highlights.aspx
更新時間 2017-11-04
ログを更新する

What's new in this version:

Camera Support:
- Sony a7R III
- Sony RX10 MkIV
- Sony RX0

Lens Support:
- Schneider RS 120mm iXG
- Schneider RS 72mm iXG
- Sony FE 100-400mm f/4.5-5.6 GM OSS (SEL100400GM)
- Leica Summilux-M 28mm f/1.4 ASPH.
- Leica Summicron-M 28mm f/2 ASPH.
- Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH
- Leica Summicron-M 35mm f/2 ASPH
- Leica Noctilux-M 50mm f/0.95 ASPH.
- Leica Noctilux-M 50mm f/1 ASPH
- Leica Summilux-M 50mm f/1.4 ASPH
- Leica Summarit-M 50mm f/2.4
- Leica APO-Summicron-M 75mm f/2 ASPH
- Leica Summarit-M 75mm f/2.5
- Leica APO-Summicron-M 90mm f/2 ASPH.
- Leica Summarit-M 90mm f/2.5
- Leica Apo-Telyt-M 135mm f3.4 ASPH

Bug fixes:
- Automounted fleshares handled incorrectly
- Adjustments lost when moving a folder within Capture One
- / not accepted in Token paths
- Hang when selecting any text input field to enter text
- Cropping .ORF vertically causes hang
- Emptying “unavailable” images from catalog Trash is impossible
- Renaming of a Catalog folder only works the frst time
- Can’t put forward slashes in watermark names
- AppleScript UI access to text fields no longer possible
- Catalog folder can only be moved once
- The Session importer in a Catalog does not count images to be imported properly and does not complete the import
- Crash when closing live view
- Copy stand not found if we create a new session
- | character in Session Name (or session folder) causes Proxies to not render
- Capture One Express and Pro (for Sony) links to videos are wrong
- Until “Next Capture Naming” tool is shown, tethered files are given only Camera counter and no name
- Cannot Capture in Live view using shortcut
- Help>Show Keyboard Shortcut Summary Fails
- Current collection is not selected when CO is started
- Counter starts at 2 when setting up Next Capture Naming
- Filmstrip view does not stick when Show / Hide viewer

ファイルのダウンロード Download