Capture One for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Riot 1.8.5

Capture One for Mac は、300 個以上のハイエンドカメラから正確な色と信じられないほど詳細な究極の画像品質を提供するプロフェッショナルな RAW コンバータです。最先端のつなぎ撮り、強力なデジタルアセットマネジメント、豊富な調整ツール、柔軟なワークフローを提供します.121235896
キャプチャワンは、最新の処理エンジン、市場をリードするパフォーマンス、強力な新機能により、イメージングソフトウェアのプロフェッショナルな選択肢です。あなたのニーズに合わせてカスタマイズできる、時間を節約するワークフローで、カメラの RAW ファイルから魅力的な画像を作成するために必要な、高い応答性を備えた精密ツールを手に入れましょう。世界で最も要求の厳しい写真家とともに設計された Capture One Pro は、プロフェッショナルがイメージングソフトウェアで選択したものです.

Capture One for Mac は色の例外的な取り扱いで知られています。カスタムカメラプロファイリングのおかげで、すべての RAW ファイルがカメラからまっすぐに輝きます。創造的なカラーグレーディングツールを求めている場合でも、画像の自然な色を確保したい場合でも、Capture One Pro は、ビジョンを達成するための強力で正確なツールを提供します。アセットマネジメントは、毎日の個々の仕事や何千ものイメージを持つ大規模なコレクションからのイメージの管理など、あらゆる写真家にとって重要です。 Capture One Pro は、あらゆるタイプの写真家のためのツールとソリューションを提供し、資産管理を簡単かつ迅速かつ効果的にします。 Capture One for Mac は画質と使いやすさを念頭に開発されています。すべてのツールは、RAW ファイルのすべての情報を保持、回復、最適化する編集プロセスのすべての側面を完全に制御できるように設計されています。フルレンジのツールは、常に完璧な結果を得るための幅広い可能性を提供します。カスタマイズ可能なツール、キーボードショートカットからグラフィックスアクセラレーション、インスタントテッドキャプチャまで、Capture One Pro は作業負荷を最小限に抑え、効率を最大化するように設計されています。独自のワークスペースを設計し、Capture One Pro.

Capture One for Mac の機能を自分で決める機能:

キャプチャワンプロチュートリアル
キャプチャワンの MacOS 用の学習チュートリアルをよくお読みください。カラーバランスツールの詳細、ローカル調整の作成方法、キーワード& キーワードライブラリーなど多くの機能を備えています.

簡単な調整ガイド
おすすめの写真家から RAW ファイルをダウンロードし、簡単な調整ガイドに従ってください。数分で画像が最初から最後まで編集されます。このガイドでは、様々なツールや、さまざまなタイプの写真に必要な編集をお手伝いします.

キャプチャ 1 Pro Webinars
Capture One Pro については、1 時間の Web セミナーで詳しく知ることができます。ウェブセミナーは、英語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、広東語、ロシア語でご利用いただけます。

注:60 日間の試用版.8997423

ファイルのバージョン Riot 1.8.5
ファイル名 Element-1.8.5-universal.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11.6 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Phase One
更新日 https://www.phaseone.com/en/Products/Software/Capture-One-Pro/Highlights.aspx
更新時間 2021-09-15
ログを更新する

What's new in this version:

Features:
- Add bubble highlight styling
- Create narrow mode for Composer
- Prefer matrix.to alias links over room id in spaces & share
- Stop automatic playback of voice messages if a non-voice message is encountered
- Show call length during a call
- Serialize and retry mass-leave when leaving space
- Improve form handling in and around space creation
- Split autoplay GIFs and videos into different settingsand
- Add autoplay for voice messages
- Allow to use basic html to format invite messages. Contributed by skolmer
- Allow widgets, when eligible, to interact with more rooms as per MSC2762
- Remove arbitrary limits from send/receive events for widgets
- Reload suggested rooms if we see the state change down /sync
- When creating private spaces, make the initial rooms restricted if supported
- Threading exploration work
- Default to Don't leave any when leaving a space
- Special case redaction event sending from widgets per MSC2762
- Add active speaker indicators
- Increase general app performance by optimizing layers. Contributed by Palid

Fixed:
- Fix autocomplete not having y-scroll
- Fix emoji picker and stickerpicker not appearing correctly when opened
- Debounce read marker update on scroll
- Fix Space creation wizard go to my first room button behaviour
- Fix scroll being stuck at bottom
- Fix widgets not remembering identity verification when asked to
- Add missing pluralisation i18n strings for Spaces
- Make ForgotPassword UX slightly more user friendly
- Don't context switch room on SpaceStore ready as it can break permalinks
- Fix explore rooms button not working during space creation wizard
- Fix bug where one party's media would sometimes not be shown
- Only make the initial space rooms suggested by default
- Replace fake username in EventTilePreview with a proper loading state
- Don't send prehistorical events to widgets during decryption at startup
- When creating subspaces properly set restricted join rule
- Fix the Image View not openning for some pinned messages
- Show autocomplete sections vertically
- Fix EmojiPicker filtering to lower case emojibase data strings
- Clear currentRoomId when viewing home page, fixing document title
- Fix membership updates to Spaces not applying in real-time
- Don't show a double stacked invite modals when inviting to Spaces
- Remove non-functional DuckDuckGo Autocomplete Provider
- Filter members on MemberList load
- Fix improper voice messages being produced in Firefox and sometimes other browsers
- Fix client forgetting which capabilities a widget was approved for
- Fix left panel widgets not remembering collapsed state
- Fix changelog link colour back to blue
- Soften codeblock border color
- Pause ringing more aggressively
- Fix command autocomplete
- Don't re-sort the room-list based on profile/status changes
- Fix codeblock formatting with syntax highlighting on #18365
- Add padding to the Add button in the notification settings

ファイルのダウンロード Download