Carbon Copy Cloner for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Termius 7.41.2

Carbon Copy Cloner バックアップは通常のバックアップよりも優れています。あなたがプロジェクトを終了する期限が切れている間に考えられないことが起こったとします。あなたの Mac は応答しません。あなたが聞いたことは、ハードドライブからの不快な繰り返し音です。通常のバックアップでは、新しいハードドライブを購入し、コンピュータの前に座ってオペレーティングシステムを再インストールし、データを復元するために、一日を店に押し寄せることになります。 Carbon Copy Cloner 5 を試す準備ができましたか?

と Carbon Copy Cloner for Mac の 30 日間のトライアルを開始すると、データとオペレーティングシステムのデータはすべてブータブルボリューム上に完璧に保存されます。災害時には、バックアップから起動してビジネスに復帰するだけです。あなたの都合に合わせて故障したハードドライブを交換して、すべてのものを簡単な手順で元に戻してください。どんなバックアップアプリケーションでもあなたのものを保存できます。

カーボンコピークローナ機能:

ガイド付きのセットアップと復元
CCC バックアップから Mac を起動すると、CCC が開き、ガイド付きリストアに役立ちます。ガイド付きリストアでは、CCC は新しいリストアタスクを作成し、起動ディスクをソースとして選択し、コピー先を選択し、リストアタスクから項目を除外するよう指示するヒントを提示します.

Cloning612035896 バックアップの専門家と信頼性の高い機能的なバックアップ戦略を作成するのに役立ちます。私たちは CCC のクローンコーチに 15 年以上の経験を積んでおり、あなたの仕事に関する構成上の懸念を事前に警告し、その懸念に対処するためのアドバイスを提供しています。さらに、私たちのプロフェッショナルサポートチームは、何をすべきかについて疑問や懸念がある場合は、クローンコーチウィンドウでクリックするだけです.

タスク Outlook
CCC 5 のタスクグループは、今後のタスクの見通し図で複数のタスクのスケジュールを調整しやすくします。グループ化されたタスクは個別にスケジュールすることも、グループをスケジュールすることですべてのタスクを順番に実行することもできます.

ブート可能なバックアップ
災害がハードディスクにぶつかったら、バックアップから起動して作業を続けることができます。 spare.

タスクのグルーピングとソートに時間がかかっている場合は、問題のディスクのトラブルシューティングを行います。タスクをグループに集めて視覚的に整理します。ワンクリックでタスクのグループを実行するか、一度にグループをスケジュールします。タスクは、名前、終了ステータス、前回の実行日、次の実行日、または手動でソートすることもできます.

Tips
自分自身の指向を助ける必要がありますか?何かを見つける場所を覚えていない?

タスクスケジューリング
CCC は、毎時、毎日、毎週、毎月、またはバックアップドライブに接続するたびにデータをバックアップできます。平日、週末、または特定の時間帯にのみバックアップするように CCC に指示できます。また、タスクチェーンとスケジュールされたタスクグループを使用して、より洗練されたバックアップ戦略を立てることもできます.

Smarter Safety Net
ハードドライブのブート可能なクローンを作成しますが、最近削除したファイルと変更したファイルのコピーを保存してください。念のため。 SafetyNet は以前よりスマートになっています。バックアップ中にスペースが足りなくなった場合、CCC はスペースを自動的に解放してバックアップを再開できます.

Clone リカバリ HD
MacOS インストーラは、MacOS を再インストールするために使用できる独自のリカバリボリュームをスタートアップディスクに作成します。 CCC は、このリカバリボリュームをアーカイブしてクローンする唯一のバックアップソフトウェアです。この複雑な手順をワンクリックで簡単に行うことができます!

アドバンストファイルフィルタリング
バックアップタスクから 1 つまたは複数のフォルダを除外することは、CCC では常に簡単でしたが、バックアップする必要があるかどうかを正確に定義することがさらに簡単になりました。また、カスタムフィルタルールの効果を視覚化することもできます.CCC では、バックアップするデータ量をレポートします。 QuickLook パネルにはファイルのプレビューが表示され、名前、サイズ、または変更日付に基づいてファイルリストをソートできます.

簡易リモート Mac Setup
リモート Macintosh へのバックアップの設定手順は大幅に簡素化されました。 SafetyNet プルーニングはリモートの Mac の宛先でも利用できるようになり、CCC はリモートの Mac ソースのコンテンツを表示できるようになりました。リモートの Mac バックアップがこれまでになくシンプルになりました!

バックアップ健康チェック
バックアップが必要なときに失敗する可能性がありますか? CCC はあなたをカバーしました。 CCC では、毎月または毎週の特別な破損チェックを実行して、バックアップ内の破損したファイルを特定できます。自動的にそれらを置き換えます.

Othe

ファイルのバージョン Termius 7.41.2
ファイル名 Termius.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Bombich Software, Inc.
更新日 http://www.bombich.com/
更新時間 2022-05-24
ログを更新する

What's new in this version:

Termius 7.41.2
- Snippet Packages allows organizing snippets into one-level groups to put the same type of snippets in one place and simplify snippet management in general.
- It's easier now to create port forwarding rules
- Added support for discoverable (resident) ecdsa-sk and ed25519-sk keys


Termius 7.40.2
- Fixed an issue causing a blank screen on start


Termius 7.40.1
- Automatic detection of server OSes allowing Termius to show their logos instead of generic icons
- ed25519-sk and ecdsa-sk keys are working without admin permissions on Windows
- The DigitalOcean integration imports a Droplet’s public IP address if it exists, otherwise - a private one
- Fixed sorting by name
- Fixed an issue causing the terminal to have incorrect size in Telnet sessions
- Renamed the subscription plans


Termius 7.39.0
- Ability to execute a snippet in all active sessions


Termius 7.38.2
- Sync with AWS and DigitalOcean clouds. Automatic sync of changes in your infrastructure at AWS or DigitalOcean to Termius will save you from the nightmare of updating data every time your system scales up/down
- Added the ability to manually switch between the app's color schemes
- Added the ability to switch terminal emulation types in Preferences
- Updated color palettes in some of the terminal themes
- Fixed an issue causing the terminal to have incorrect size in Telnet sessions
- Fixed inability to use port forwarding with host chaining
- Fixed an issue with the input mode in terminal session sharing
- Stability and performance improvements


Termius 7.37.2
- Fixed an issue with CSV import


Termius 7.37.0
- Host chaining setting in groups for easier management of infrastructure involving advanced security. It's now possible to specify a host chain consisting of jump or bastion host servers for many hosts at once – by specifying it in the group containing the hosts
- Ability to generate a biometric key based on the Secure Enclave and use it for SSH authentication. The function is available for MacOS and can be found on the Keychain screen
- Ability to import from CSV and MobaXterm
- Performance improvements concerning scrolling in the terminal


Termius 7.36.1
- Stability improvements


Termius 7.35.5
- Fixed an issue preventing the app from a restart after an update has been downloaded
- Fixed a bug causing a crash report to appear when the app is started


Termius 7.35.4
- Autocomplete for snippets
- New terminal color schemes: Dracula, Nord Light, Nord Dark, Monokai
- New fonts: Meslo Nerd Font, JetBrains Mono Nerd Font, Fira Code Nerd Font and Cascadia Code
- Fixed an incorrect order of running snippets on Windows
- Security improvements and more bugfixes


Termius 7.34.1
- Stability improvements


Termius 7.32.0
- Made it possible to use an empty password during SSH authentication
- Stability improvements


Termius 7.28.0
- Made it possible to generate ED25519, ECDSA and RSA keys (on the Keychain screen)
- Brought back the SFTP path input field
- Fixed issues with adding tags


Termius 7.27.0
- Added an option to open file for SFTP with download/upload
- Added autosave indicators to the edit forms
- Fixed snippet execution on hosts running Windows
- Termius for Teams: fixed multiple group sharing confirmation
- Some UI improvements and UI-related bugfixes


Termius 7.26.2
- Stability improvements


Termius 7.26.1
- Added support for TOTP as a second authentication factor
- Other stability and security improvements


Termius 7.24.1
- Live terminal sessions - ability to share a session with other Termius users
- The '+ New' / edit forms have been reworked and now save changes automatically


Termius 7.23.2
Added:
- single sign-on via Apple ID and Google Account
- support for the new format of PuTTY keys (PPK3)
- verbose connection logs to help troubleshoot connection issuesa


Termius 7.22.1
- Improved import from SecureCRT - made it possible to import Keys, Passwords, and Port Forwarding rules
- Other stability and security improvements

ファイルのダウンロード Download
  • Carbon Copy Cloner for Mac Screenshot 1Carbon Copy Cloner for Mac Screenshot 2Carbon Copy Cloner for Mac Screenshot 3Carbon Copy Cloner for Mac Screenshot 4