Carbon Copy Cloner for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Etcher 1.5.89

Carbon Copy Cloner バックアップは通常のバックアップよりも優れています。あなたがプロジェクトを終了する期限が切れている間に考えられないことが起こったとします。あなたの Mac は応答しません。あなたが聞いたことは、ハードドライブからの不快な繰り返し音です。通常のバックアップでは、新しいハードドライブを購入し、コンピュータの前に座ってオペレーティングシステムを再インストールし、データを復元するために、一日を店に押し寄せることになります。 Carbon Copy Cloner 5 を試す準備ができましたか?

と Carbon Copy Cloner for Mac の 30 日間のトライアルを開始すると、データとオペレーティングシステムのデータはすべてブータブルボリューム上に完璧に保存されます。災害時には、バックアップから起動してビジネスに復帰するだけです。あなたの都合に合わせて故障したハードドライブを交換して、すべてのものを簡単な手順で元に戻してください。どんなバックアップアプリケーションでもあなたのものを保存できます。

カーボンコピークローナ機能:

ガイド付きのセットアップと復元
CCC バックアップから Mac を起動すると、CCC が開き、ガイド付きリストアに役立ちます。ガイド付きリストアでは、CCC は新しいリストアタスクを作成し、起動ディスクをソースとして選択し、コピー先を選択し、リストアタスクから項目を除外するよう指示するヒントを提示します.

Cloning612035896 バックアップの専門家と信頼性の高い機能的なバックアップ戦略を作成するのに役立ちます。私たちは CCC のクローンコーチに 15 年以上の経験を積んでおり、あなたの仕事に関する構成上の懸念を事前に警告し、その懸念に対処するためのアドバイスを提供しています。さらに、私たちのプロフェッショナルサポートチームは、何をすべきかについて疑問や懸念がある場合は、クローンコーチウィンドウでクリックするだけです.

タスク Outlook
CCC 5 のタスクグループは、今後のタスクの見通し図で複数のタスクのスケジュールを調整しやすくします。グループ化されたタスクは個別にスケジュールすることも、グループをスケジュールすることですべてのタスクを順番に実行することもできます.

ブート可能なバックアップ
災害がハードディスクにぶつかったら、バックアップから起動して作業を続けることができます。 spare.

タスクのグルーピングとソートに時間がかかっている場合は、問題のディスクのトラブルシューティングを行います。タスクをグループに集めて視覚的に整理します。ワンクリックでタスクのグループを実行するか、一度にグループをスケジュールします。タスクは、名前、終了ステータス、前回の実行日、次の実行日、または手動でソートすることもできます.

Tips
自分自身の指向を助ける必要がありますか?何かを見つける場所を覚えていない?

タスクスケジューリング
CCC は、毎時、毎日、毎週、毎月、またはバックアップドライブに接続するたびにデータをバックアップできます。平日、週末、または特定の時間帯にのみバックアップするように CCC に指示できます。また、タスクチェーンとスケジュールされたタスクグループを使用して、より洗練されたバックアップ戦略を立てることもできます.

Smarter Safety Net
ハードドライブのブート可能なクローンを作成しますが、最近削除したファイルと変更したファイルのコピーを保存してください。念のため。 SafetyNet は以前よりスマートになっています。バックアップ中にスペースが足りなくなった場合、CCC はスペースを自動的に解放してバックアップを再開できます.

Clone リカバリ HD
MacOS インストーラは、MacOS を再インストールするために使用できる独自のリカバリボリュームをスタートアップディスクに作成します。 CCC は、このリカバリボリュームをアーカイブしてクローンする唯一のバックアップソフトウェアです。この複雑な手順をワンクリックで簡単に行うことができます!

アドバンストファイルフィルタリング
バックアップタスクから 1 つまたは複数のフォルダを除外することは、CCC では常に簡単でしたが、バックアップする必要があるかどうかを正確に定義することがさらに簡単になりました。また、カスタムフィルタルールの効果を視覚化することもできます.CCC では、バックアップするデータ量をレポートします。 QuickLook パネルにはファイルのプレビューが表示され、名前、サイズ、または変更日付に基づいてファイルリストをソートできます.

簡易リモート Mac Setup
リモート Macintosh へのバックアップの設定手順は大幅に簡素化されました。 SafetyNet プルーニングはリモートの Mac の宛先でも利用できるようになり、CCC はリモートの Mac ソースのコンテンツを表示できるようになりました。リモートの Mac バックアップがこれまでになくシンプルになりました!

バックアップ健康チェック
バックアップが必要なときに失敗する可能性がありますか? CCC はあなたをカバーしました。 CCC では、毎月または毎週の特別な破損チェックを実行して、バックアップ内の破損したファイルを特定できます。自動的にそれらを置き換えます.

Othe

ファイルのバージョン Etcher 1.5.89
ファイル名 balenaEtcher-1.5.89.dmg
ファイルサイズ 94.1 MB
オペレーティングシステム Mac OS 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Bombich Software, Inc.
更新日 http://www.bombich.com/
更新時間 2020-05-14
ログを更新する

What's new in this version:

Etcher 1.5.89
- Fix drive selector modal padding
- Update all dependencies minor versions
- Update @types/node 12.12.24 -> 12.12.39
- Update ts-loader 6 -> 7
- Update sinon 8 -> 9
- Update node-gyp 3 -> 6
- Update lint-staged 9 -> 10
- Update husky 3 -> 4
- Remove no longer used html-loader dev dependency
- Update electron-notarize 0.1.1 -> 0.3.0
- Remove no longer used chalk dev dependency
- Update @types/tmp 0.1.0 -> 0.2.0
- Update @types/sinon 7 -> 9
- Update @types/semver 6 -> 7
- Update @types/mocha 5 -> 7


Etcher 1.5.88
- Update roboto-fontface 0.9.0 -> 0.10.0
- Update rendition 12 -> 14, styled-system and styled-components 4 -> 5
- Update electron-updater 4.0.6 -> 4.3.1
- Update redux 3 -> 4
- Update debug 3 -> 4
- Update semver 5 -> 7
- Update tmp 0.1.0 -> 0.2.1
- Update uuid v3 -> v8


Etcher 1.5.87
- Update etcher-sdk to ^4.1.3 to fix issues with some bz2 files


Etcher 1.5.86
- Fix theme warnings


Etcher 1.5.85
- Prefer balena-etcher to etcher-bin on Arch Linux


Etcher 1.5.84
- Including Arch / Manjaro install instructions
- Fix notification icon path


Etcher 1.5.83
- Decompress images before flashing, remove trim setting, trim ext partitions


Etcher 1.5.82
- Allow http/https only for Flash from URL
- Add generic error's message
- Refactor buttons style
- Add flash from url workflow
- Add staging percentage for v1.5.81
- Trigger update for v1.5.81


Etcher 1.5.81
- Add average speed in flash results
- docs: Update macOS drive recovery command
- Update etcher-sdk to use direct IO


Etcher 1.5.80
- Use zoomFactor to scale contents in fullscreen mode
- Update electron to v7.1.14
- Fix sass files path for lint-sass


Etcher 1.5.79
- Remove "Download the React DevTools for a better development experience" message
- Fix error when launching from terminal when installed via apt

Etcher 1.5.78
- Update drivelist to 8.0.10 to fix parsing lsblk --pairs


Etcher 1.5.77
- Fix error message not being shown on write error
- The RGBLed module has been moved to a separate repository


Etcher 1.5.76
- Prefix temp permissions script name
- Fix image drop zone, remove react-dropzone dependency
- Update etcher-sdk to ^2.0.17


Etcher 1.5.75
- Initialize leds object map


Etcher 1.5.74
- Etcher pro leds feature
- Compress deb package with bzip instead of xz
- Update electron to 7.1.11


Etcher 1.5.73
- Update electron to v7.1.10


Etcher 1.5.72
- Remove no longer used angular svg-icon component
- Remove no longer used closestUnit angular filter


Etcher 1.5.71
- Update resin-corvus to 2.0.5


Etcher 1.5.70
- Make header draggable again
- Refactor drive selector and confirm modal to React
- Rework lib/gui/app/styled-components to typescript
- Convert FlashAnother & FlashResults to typescript
- Use React instead of Angular for image selection
- Convert the drive selection step to React
- chore: move flash step to React
- Use React instead of Angular for image selection


Etcher 1.5.69
- Don't add --no-sandbox when ELECTRON_RUN_AS_NODE true


Etcher 1.5.68
- Add version in settings modal


Etcher 1.5.67
- Fix elevation on macos in development


Etcher 1.5.66
- Update spectron to ^8
- Update dependencies, get node-usb from npm
- Update nan to ^2.14
- Use the same entrypoint for etcher and the child writer
- Require angular-mocks only when needed
- Remove no longer needed pkg dev dependency
- Update mocha, remove nock
- Remove no longer needed xml2js
- Remove node-pre-gyp patch that is no longer needed with electron 6
- Update electron-mocha to ^8.1.2, remove acorn
- Update electron to 6.0.10


Etcher 1.5.65
- Convert settings modal to typescript
- Refactor settings page into modal


Etcher 1.5.64
- Change log not available for this version


Etcher 1.5.63
- Introduce an FAQ file


Etcher 1.5.62
- Update drivelist to 8.0.9


Etcher 1.5.60
- Upgrade ext2fs to 1.0.30


Etcher 1.5.59
- Catch console log messages from SafeWebView


Etcher 1.5.58
- Remove leftover GH-pages configuration file


Etcher 1.5.57
- Fix entrypoint when options are passed to electron


Etcher 1.5.56
- Fix windows portable download


Etcher 1.5.55
- Update etcher-sdk to ^2.0.13


Etcher 1.5.54
- Fix auto-updater check for updates


Etcher 1.5.53
- Allow typescript files


Etcher 1.5.52
- Don't use wmic's ProviderName if it's empty


Etcher 1.5.51
- Update sudo-prompt to ^9.0.0


Etcher 1.5.50
- Option for trimming ext partitions on raw images


Etcher 1.5.49
- Make window size configurable


Etcher 1.5.47
- Rework drive-selector with react + rendition
- Use rendition theme property for step buttons
- Upgrade styled-system to v4.1.0
- Upgrade rendition to v8.7.2


Etcher 1.5.46
- Update ext2fs to 1.0.29


Etcher 1.5.45
- Empty commit to trigger build


Etcher 1.5.44
- Fix elevation on windows when the path contains "&" or "'"


Etcher 1.5.43
- Revert "Include sass in webpack configs"


Etcher 1.5.42
Include sass in webpack configs


Etcher 1.5.41
- waffle.io removal and adding a link to the license


Etcher 1.5.40
- windows installer and portable version support both ia32 and x64

ファイルのダウンロード Download
  • Carbon Copy Cloner for Mac Screenshot 1Carbon Copy Cloner for Mac Screenshot 2Carbon Copy Cloner for Mac Screenshot 3Carbon Copy Cloner for Mac Screenshot 4