Chromium for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

VNC Server 6.7.0

Chromium for Mac は、すべてのインターネットユーザーが Web を体験するために、より安全で、高速で、より安定した方法を構築することを目指すオープンソースのブラウザープロジェクトです。 Chromium は、Google Chrome がソースコードを描画するオープンソースの Web ブラウザプロジェクトです。このプロジェクトの 1 時間ごとの Chromium スナップショットは、Google ブランド、自動更新メカニズム、クリックスルーライセンス、利用状況のトラッキング、および Adobe Flash Player.

Chromium Project は、クロムが生成される金属であるクロム(Cr)元素からその名前が付けられています。開発者向けドキュメントに記載されているように、Google の意図は、オープンソースプロジェクトの名前が Chromium for Mac、最終製品名が Chrome だということでした。しかし、他の開発者が Chromium コードを使用し、Chromium の名前でバージョンをリリースしました.

Chromium と Google Chrome の違い

Chromium は、Chromium Project によって公開され、維持されているオープンソースプロジェクトとブラウザソースコードに与えられた名前です。 Windows、Linux、Mac 用の最新のプリコンパイル済みスナップショットをインストールすることも、ソースコードをダウンロードしてそれらのプラットフォームで手動で構築することもできます。 Google は、このソースコードを使用して、統合された Flash Player、Google の名前とロゴ、GoogleUpdate という自動アップデータシステムを追加しました。ユーザーは Google に使用統計情報やクラッシュレポートを送信するオプションを選択できます。例えば、Chrome がダウンロードされた時および場所で、コード化された形式で情報を Google に送信する RLZ 追跡。デフォルトでは、Chromium は HTML5 のオーディオタグとビデオタグの Vorbis、Theora、WebM コーデックのみをサポートしていますが、Google Chrome は H.264、AAC、MP3 の他にこれらをサポートしています。一部の Linux ディストリビューションでは、他のコーデックをカスタマイズしたバージョンの Chromium.

に追加することができます.Google Chrome のコードを提供するオープンソースプロジェクトです。ドキュメント、開発者情報、バグレポート、ソースコードのダウンロードが含まれています。

注:64 ビットプロセッサが必要です.

現在利用可能:Chromium for Windows

をダウンロードしてください

ファイルのバージョン VNC Server 6.7.0
ファイル名 VNC-Server-6.7.0-MacOSX-x86_64.pkg
ファイルサイズ 9.6 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 The Chromium Team
更新日 https://www.chromium.org/
更新時間 2020-01-16
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- Use VNC Viewer to control which monitor is displayed. (requires VNC Viewer 6.20.113 or later). Press F8 while connected to your VNC Server to access the "Select monitor" menu
- Support for High Speed Streaming and Audio when connecting to Virtual Mode sessions via the Virtual Mode Daemon (vncserver-virtuald).
- Added support for Windows Server 2019 and CentOS/RHEL 8.
- VNC Server will now additionally log to a file at info level (30) by default, in addition to EventLog/syslog logging at audit level (10).
- Add a button to test/refresh connectivity between VNC Server and RealVNC's Cloud.
- Advanced parameters can now be set via the Expert tab in VNC Server's Options. This will typically be used with instruction from RealVNC Support when troubleshooting an issue

Improved:
- Better setup experience for users when remotely installing VNC Server on Windows
- VNC Server will recommend testing screen blanking before it is enabled​

ファイルのダウンロード Download