Chromium for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GDevelop 5.0.0 Beta 82

Chromium for Mac は、すべてのインターネットユーザーが Web を体験するために、より安全で、高速で、より安定した方法を構築することを目指すオープンソースのブラウザープロジェクトです。 Chromium は、Google Chrome がソースコードを描画するオープンソースの Web ブラウザプロジェクトです。このプロジェクトの 1 時間ごとの Chromium スナップショットは、Google ブランド、自動更新メカニズム、クリックスルーライセンス、利用状況のトラッキング、および Adobe Flash Player.

Chromium Project は、クロムが生成される金属であるクロム(Cr)元素からその名前が付けられています。開発者向けドキュメントに記載されているように、Google の意図は、オープンソースプロジェクトの名前が Chromium for Mac、最終製品名が Chrome だということでした。しかし、他の開発者が Chromium コードを使用し、Chromium の名前でバージョンをリリースしました.

Chromium と Google Chrome の違い

Chromium は、Chromium Project によって公開され、維持されているオープンソースプロジェクトとブラウザソースコードに与えられた名前です。 Windows、Linux、Mac 用の最新のプリコンパイル済みスナップショットをインストールすることも、ソースコードをダウンロードしてそれらのプラットフォームで手動で構築することもできます。 Google は、このソースコードを使用して、統合された Flash Player、Google の名前とロゴ、GoogleUpdate という自動アップデータシステムを追加しました。ユーザーは Google に使用統計情報やクラッシュレポートを送信するオプションを選択できます。例えば、Chrome がダウンロードされた時および場所で、コード化された形式で情報を Google に送信する RLZ 追跡。デフォルトでは、Chromium は HTML5 のオーディオタグとビデオタグの Vorbis、Theora、WebM コーデックのみをサポートしていますが、Google Chrome は H.264、AAC、MP3 の他にこれらをサポートしています。一部の Linux ディストリビューションでは、他のコーデックをカスタマイズしたバージョンの Chromium.

に追加することができます.Google Chrome のコードを提供するオープンソースプロジェクトです。ドキュメント、開発者情報、バグレポート、ソースコードのダウンロードが含まれています。

注:64 ビットプロセッサが必要です.

現在利用可能:Chromium for Windows

をダウンロードしてください

ファイルのバージョン GDevelop 5.0.0 Beta 82
ファイル名 gdevelop-5.0.0-beta82.dmg
ファイルサイズ 99.8 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 The Chromium Team
更新日 https://www.chromium.org/
更新時間 2019-10-26
ログを更新する

What's new in this version:

New features:

The Yarn Dialogue editor is now embedded in GDevelop (thanks @blurymind!). Yarn is a powerful editor allowing to create advanced and dynamic dialogues with multiple choices:
- When choosing a dialogue to load using the Dialogue Tree actions, you can edit or create a json file containing a dialogue in Yarn format
- Read the help page about dialogue trees to learn more about how to use them
- See the example "Dialogue Tree with Yarn" to see how to use dialogue actions. You can also try the example online

Improved Shape Painter object with new shapes and advanced features:
- Add ellipse, rounded rectangle and star to Shape Painter
- Add support for other advanced shapes (arc, bezier curves), and shapes composed of multiple shapes

Various new smaller features:
- Add condition to check for WebGL support
- Add "Scene just resumed" condition
- Add menu item to extract events into a new group

Improvements:

Lots of User Interface improvements:
- Selectors for objects or resources (and in general) can now be entirely keyboard controlled (arrow to select, enter to choose)
- Buttons are slighlty smaller
- Lists are showing more objects or items
- All tips shown at the bottom of the screen that can be dismissed won't pop again
- Fix the focus of some fields when opening dialogs
- Some selector fields are now displayed using the OS native selectors
- Contrast of the default theme as been improved
- Reworked drag'n'drop in objects and resources list
- Tooltips are shown faster for all buttond in the top toolbar
- Action/conditions and their parameters can be traversed with Tab key, and selected with Enter/space

Improvements for very small screens (phones or small windows) and touchscreens:
- Dialogs are shown fullscreen
- Fix drag'n'drop support on touchscreens (objects can be drag'n'dropped like on the desktop app)
- The view can be moved in the scene editor using two fingers on a touchscreen
- The view can be zoomed in the scene editor using two fingers on a touchscreen ("pinch to zoom")
- Actions are rendered below the conditions on small screens ("responsive layout")
- Display only a single secondary editor panel on small screens (use the toolbar to change to another)

- Objects dragged from the list to the scene are now showing the object instance while dragging - so that you can perfectly position the instance
- Invalid operators are now displayed with an error in the events sheet
- Comments and groups are positioned on top of selection when added
- Add help button for Video object
- New translation in Slovenian
- Improved translation in Japanese


Bug fixes:

Sprites used to flip around the center of the image, without respecting the center point. The center point is now used as the center when flipping a sprite horizontally or vertically (just like when rotating it):
- In other words, this means that the center point is unmoved when the sprite is rotated (as before) or flipped (new)
- If you have objects with a non default center point and that are flipped, check their positioning. You might have to remove manual offsets that you added using events

- Some actions/conditions were shown in the list of "Other actions" (or "Other conditions") in the new action/condition editor - while they are used with objects. This is fixed and should be more intuitive now
- Events are now properly updated when a group is renamed
- Fix window border not updated in the scene editor when the project window size is changed
- Properly re-open closed panels at their default positions
- Fix typo in Facebook Instant Games actions
- Fix 'Download Game File' removing all spaces from downloaded game file in the web-app
- Display an error message when opening a non GD5 file
- Add explicit mention to "scene" variable in various descriptions

ファイルのダウンロード Download