Signal Desktop for Mac 1.9.0 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac ブラウザ The Chromium Team Open Source Rate 70

Chromium for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Signal Desktop for Mac 1.9.0

Chromium for Mac は、すべてのインターネットユーザーが Web を体験するために、より安全で、高速で、より安定した方法を構築することを目指すオープンソースのブラウザープロジェクトです。 Chromium は、Google Chrome がソースコードを描画するオープンソースの Web ブラウザプロジェクトです。このプロジェクトの 1 時間ごとの Chromium スナップショットは、Google ブランド、自動更新メカニズム、クリックスルーライセンス、利用状況のトラッキング、および Adobe Flash Player.

Chromium Project は、クロムが生成される金属であるクロム(Cr)元素からその名前が付けられています。開発者向けドキュメントに記載されているように、Google の意図は、オープンソースプロジェクトの名前が Chromium for Mac、最終製品名が Chrome だということでした。しかし、他の開発者が Chromium コードを使用し、Chromium の名前でバージョンをリリースしました.

Chromium と Google Chrome の違い

Chromium は、Chromium Project によって公開され、維持されているオープンソースプロジェクトとブラウザソースコードに与えられた名前です。 Windows、Linux、Mac 用の最新のプリコンパイル済みスナップショットをインストールすることも、ソースコードをダウンロードしてそれらのプラットフォームで手動で構築することもできます。 Google は、このソースコードを使用して、統合された Flash Player、Google の名前とロゴ、GoogleUpdate という自動アップデータシステムを追加しました。ユーザーは Google に使用統計情報やクラッシュレポートを送信するオプションを選択できます。例えば、Chrome がダウンロードされた時および場所で、コード化された形式で情報を Google に送信する RLZ 追跡。デフォルトでは、Chromium は HTML5 のオーディオタグとビデオタグの Vorbis、Theora、WebM コーデックのみをサポートしていますが、Google Chrome は H.264、AAC、MP3 の他にこれらをサポートしています。一部の Linux ディストリビューションでは、他のコーデックをカスタマイズしたバージョンの Chromium.

に追加することができます.Google Chrome のコードを提供するオープンソースプロジェクトです。ドキュメント、開発者情報、バグレポート、ソースコードのダウンロードが含まれています。

注:64 ビットプロセッサが必要です.

現在利用可能:Chromium for Windows

をダウンロードしてください

ファイルのバージョン Signal Desktop for Mac 1.9.0
ファイル名 signal-desktop-mac-1.9.0.zip
ファイルサイズ 77.4 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 The Chromium Team
更新日 https://www.chromium.org/
更新時間 2018-05-03
ログを更新する

What's new in this version:

Signal Desktop for Mac 1.9.0
- Send quoted replies via hover menu on message
- Fixed: Linking a new iOS device would not initially show iOS theme
- Dev: Media Gallery: Phase 1 - currently disabled


Signal Desktop for Mac 1.8.0
- Support for receiving quoted replies
- iOS theme: one bubble for both attachment and message contents
- Dev: Fix beta install instructions in readme for debian-based linux


Signal Desktop for Mac 1.7.1
- Fixed: Conversation message preview would sometimes continue to show after message disappeared
- Improve URL Auto-Linking In Messages
- Redact More Variants Of Paths In Stack Traces
- Dev: Introduce React, TypeScript, TSLint and React-StyleGuidist


Signal Desktop for Mac 1.7.0

- Update to electron 1.8.4
- Migrate all attachments from IndexedDB to file system in the background
- Save attachments to disk when importing Chrome app export
- New option in settings: delete all application data
- Remove all configuration in database when we discover we are unlinked
- Delete everything in database when we link with a different phone number from previous link
- Fixed: Read receipts setting would not be synchronized along with re-link
- Fixed: Clicking conversation in left pane when already selected would remove focus on message composition field - thanks @colefranz!
- Fixed: Searching for the phone number of an existing contact, then selecting 'start conversation' would erase contact details
- Fixed: Selecting Settings menu option multiple times would open multiple instances of settings view

Dev:
- Redact file paths in anything that goes to the log on disk
- When top-level process errors happen, don't show dialog with stack trace
- Add nsp to CI runs
- Add eslint-plugin-mocha to disallow exclusive tests using *.only
- Preparation for encrypted backups
- Updates to structure of exported data - messages.zip, flat list of attachments
- Relax Node.js version requirements
- Fix a few typos in documentation
- Update issue template to mention that translation should be via Transifex


Signal Desktop for Mac 1.6.1
- Switch to a new service for debug logs, since GitHub is retiring anonymous gists


Signal Desktop for Mac 1.6.0
- Upgrade to the latest version of Electron, 1.8.2
- Replace custom notification sound with system sound

Update menus:
- A few copy changes to make things clearer
- Settings now available via the File (Windows/Linux) or Signal Desktop (macOS) OS menu
- Eliminate the triple-dot menu in the top-center of the screen
- Fixed: Hitting enter after entering device name on install would not move to next screen

Dev:
- Ensure consistent builds using yarn --frozen-lockfile
- Update code to match eslint-enforced formatting
- Upgrade to latest version of electron-builder and associated packages


Signal Desktop for Mac 1.5.2
- Fixed: In import/registration flow, choosing View -> Debug Log would do nothing


Signal Desktop for Mac 1.5.1
- Fixed: In some cases contact/group syncs would turn off disappearing messages in all conversations
- Fixed: On initial setup, conversations with disappearing messages enabled would be at the top of the conversation list


Signal Desktop for Mac 1.5.0
- Note: Includes fixes from 1.4.0-beta.1 (never released to production), 1.5.0-beta.1, and one additional pull request
- Update electron to 1.7.12
- New design for import and install flows
- Support for 'light' imports, which bring just messages, contacts and groups
- Set conversation disappearing messages state and contact block state on initial link
- 'Restart' -> 'Restart Signal' button in update dialog, thanks @StevenXL

Fixed:
- If app started offline, conversations would not open
- Attached images would sometimes show up rotated improperly
- Uncaught Exception: TypeError; 'getSize'
- File paths with special characters could be shown in misleading way
- Incoming messages sometimes didn't appear at all
- 'Cannot find module ./app/locale' error popup when attempting to start another instance of the app on Windows
- Setting NODE_ENV environment variable to 'development' would point it at staging servers

Dev:
- Move ESLint environment configuration into .eslintrc
- Sync Protocol Buffers with libsignal-service-java
- Update to libsignal-protocol-javascript v1.3.0
- Make our binary comparisons constant time
- Fix typo in issue template
- Update to new signal branding

ファイルのダウンロード Download