Resolume Arena 7.4.1 rev 76693 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac ブラウザ The Chromium Team Open Source Rate 70

Chromium for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Resolume Arena 7.4.1 rev 76693

Chromium for Mac は、すべてのインターネットユーザーが Web を体験するために、より安全で、高速で、より安定した方法を構築することを目指すオープンソースのブラウザープロジェクトです。 Chromium は、Google Chrome がソースコードを描画するオープンソースの Web ブラウザプロジェクトです。このプロジェクトの 1 時間ごとの Chromium スナップショットは、Google ブランド、自動更新メカニズム、クリックスルーライセンス、利用状況のトラッキング、および Adobe Flash Player.

Chromium Project は、クロムが生成される金属であるクロム(Cr)元素からその名前が付けられています。開発者向けドキュメントに記載されているように、Google の意図は、オープンソースプロジェクトの名前が Chromium for Mac、最終製品名が Chrome だということでした。しかし、他の開発者が Chromium コードを使用し、Chromium の名前でバージョンをリリースしました.

Chromium と Google Chrome の違い

Chromium は、Chromium Project によって公開され、維持されているオープンソースプロジェクトとブラウザソースコードに与えられた名前です。 Windows、Linux、Mac 用の最新のプリコンパイル済みスナップショットをインストールすることも、ソースコードをダウンロードしてそれらのプラットフォームで手動で構築することもできます。 Google は、このソースコードを使用して、統合された Flash Player、Google の名前とロゴ、GoogleUpdate という自動アップデータシステムを追加しました。ユーザーは Google に使用統計情報やクラッシュレポートを送信するオプションを選択できます。例えば、Chrome がダウンロードされた時および場所で、コード化された形式で情報を Google に送信する RLZ 追跡。デフォルトでは、Chromium は HTML5 のオーディオタグとビデオタグの Vorbis、Theora、WebM コーデックのみをサポートしていますが、Google Chrome は H.264、AAC、MP3 の他にこれらをサポートしています。一部の Linux ディストリビューションでは、他のコーデックをカスタマイズしたバージョンの Chromium.

に追加することができます.Google Chrome のコードを提供するオープンソースプロジェクトです。ドキュメント、開発者情報、バグレポート、ソースコードのダウンロードが含まれています。

注:64 ビットプロセッサが必要です.

現在利用可能:Chromium for Windows

をダウンロードしてください

ファイルのバージョン Resolume Arena 7.4.1 rev 76693
ファイル名 Resolume_Arena_7_4_1_rev_76693_Installer.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 The Chromium Team
更新日 https://www.chromium.org/
更新時間 2021-06-25
ログを更新する

What's new in this version:

- This first update after the Wire introduction fixes a few crashes and bugs reported after our initial release. And you know what? We threw in a couple of new nodes too! Check out the release video below.

Wire Fix List:
- Multi-line support for String In, String, Concatenate and Substring
- Wire doesn't boot for user names with non-ascii characters in their name (like ñ and ö)
- Added Polygon and Distance Lines shape nodes. Negate now also works on shapes, and added Move for cheaper shape translations
- Crash when adjusting or requesting the datatype or flow in input nodes (resulting in some crashes in other nodes too)
- Default ISF shader comes with some documentation
- Wire crashes when Resolume shuts down its Syphon/Spout output
- MIDI input device disappears when trying to enable
- Added new examples: Screen Shake, Loops, Moving Bars and Gamma Correction
- Added Count Lines, Count Words, Read Line and Read Word nodes, for all your lyric handling needs
- Clamp doesn't support multi instance with float2, 3 and 4
- Crash setting Expand to event flow
- Renamed Toggle's input to Flip
- Transport Play sends out Is Playing
- Equal and Not Equal now work on strings too

Avenue & Arena Fix List:
- Crash trying to register on some old drivers or some unsupported GPU
- Having more then one instance of a Wire source loaded in Arena and saving it in the editor causes a crash
- Dropping sources to the clip grid not working in Avenue 7.4
- Transition set to Random is not really random, picks one blend, then uses that for every transition

ファイルのダウンロード Download