CINEMA 4D for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

CINEMA 4D 25.010

Cinema 4D for Mac は、これまで以上に使いやすいプロフェッショナル 3D ソフトウェアを作成します。新しいツールと拡張された完全に再加工された機能は、あなたのアイデアをより迅速かつより簡単に現実に変えるのに役立ちます。改善されたワークフローにより、厳しい締め切りを達成することができます.

Mac 用の Cinema 4D は、MAXON がプロの 3D アーティストに提供する最高のものです。先進的な 3D グラフィックスを作成したいが、ジョードロップグラフィックスを素早く簡単に作成するための援助が必要な場合は、これが選択肢です.

CINEMA 4D for Mac 特長:

Work Fast、Play More
スムーズなワークフローにより、創造性が生かされます。これは、ワークフローが Cinema 4D Release 17 の中核となる理由です。画期的な Take System は、貴重な時間を節約します。新しいカラーチューザーは、あなたが色で常に望んでいたものだけでなく、あなたが望んでいたことさえ知りませんでした! Sketchup と Houdini Engine との統合により、Cinema 4D は理想的なハブになります。創造力を発揮しましょう.

リアルタイムフィードバック付きのスプラインツールを使用する
Release 17 には完全なスプラインツールキットが付属しています。外部ツールに切り替える必要はありません。 Cinema 4D の新しいペンツール、スケッチ、スムージング、アークツール、ブールコマンドを使用してスプラインを簡単に作成、変更することができます.

直感的で効率的なオーガニックモデリング
Cinema 4D Release 17 の新機能と改良により、たとえば、PoseMorph に Sculpt を使用して、キャラクタアニメーションをスピードアップします。ハード・サーフェスモデルをエッジ検出で簡単にスカルプトします。 Release 17 では、シネマ 4D での彫刻がこれまで以上に簡単に行えます.

新しいバリエーションとフォーミュラのバラエティと使いやすさ Shaders
Release 17 は、使いやすさとパフォーマンスを向上させる新しく拡張されたシェーダを提供します。新しい Material Override 機能を使用すると、選択した素材の特定のチャンネルを簡単にオーバーライドして粘土やマットレンダリングを作成することができます.

大幅に改善されたモーショントラッキング機能
3D アセットをビデオに統合するのが簡単になりました。 Cinema 4D のモーショントラッキング機能は、レンズのゆがみを修正する機能を追加し、問題のあるトラックポイントをすばやく削除する直感的なツールを追加することで強化されました.

注:42 日間のトライアル(アクティベーションが必要)、その後はデモバージョンが利用可能です。デモ版のいくつかの制限事項があります.

も利用可能:CINEMA 4D for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン CINEMA 4D 25.010
ファイル名 Cinema4D_R25_25.010_Mac.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 MAXON Computer
更新日 https://www.maxon.net/en/products/cinema-4d/overview/
更新時間 2021-09-15
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- PresetSystem based on the Asset Browser
- Track Modifier tag modifies existing animations procedurally
- Icons and Layout
- Illustrator Import
- document and layout bar above the main menu
- Sculpting command to mask editing
- command in the Timeline for setting range markers based on key selections
- setting for displaying tag settings directly on the object to which its assigned
- material commands, e.g., to create new materials and assign them to selected objects
- options for adjusting or keeping constant manager window sizes when the application interface is resized
- command for simultaneously defining transformation and selection tools' settings in a separate Manager
- Reload Database command
- Create Value Node from Clipboard command in the Node Editor

- Many new Scene Nodes
- Capsules make Node functions possible in the Object Manager
- HDR output is now supported in the Viewport
- Assets can now be saved to palettes
- Dynamic command palettes can display commands depending on the document mode, selected tool and object type
- The FFD object now has a Reset button
- Separate commands for linking size, strength, symmetry and stencil for the Sculpting Brush.
- The planet size can now be scaled in a Physical Sky
- Plain mode for the Asset Browser
- Legacy Content Browser libraries can be converted to assets
- Keywords can now be copied and pasted
- All import/export settings now work with the Preset System (e.g., with Alembic Import)

ファイルのダウンロード Download
  • CINEMA 4D for Mac Screenshot 1CINEMA 4D for Mac Screenshot 2CINEMA 4D for Mac Screenshot 3CINEMA 4D for Mac Screenshot 4