CINEMA 4D for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

CINEMA 4D 19.024

Cinema 4D for Mac は、これまで以上に使いやすいプロフェッショナル 3D ソフトウェアを作成します。新しいツールと拡張された完全に再加工された機能は、あなたのアイデアをより迅速かつより簡単に現実に変えるのに役立ちます。改善されたワークフローにより、厳しい締め切りを達成することができます.

Mac 用の Cinema 4D は、MAXON がプロの 3D アーティストに提供する最高のものです。先進的な 3D グラフィックスを作成したいが、ジョードロップグラフィックスを素早く簡単に作成するための援助が必要な場合は、これが選択肢です.

CINEMA 4D for Mac 特長:

Work Fast、Play More
スムーズなワークフローにより、創造性が生かされます。これは、ワークフローが Cinema 4D Release 17 の中核となる理由です。画期的な Take System は、貴重な時間を節約します。新しいカラーチューザーは、あなたが色で常に望んでいたものだけでなく、あなたが望んでいたことさえ知りませんでした! Sketchup と Houdini Engine との統合により、Cinema 4D は理想的なハブになります。創造力を発揮しましょう.

リアルタイムフィードバック付きのスプラインツールを使用する
Release 17 には完全なスプラインツールキットが付属しています。外部ツールに切り替える必要はありません。 Cinema 4D の新しいペンツール、スケッチ、スムージング、アークツール、ブールコマンドを使用してスプラインを簡単に作成、変更することができます.

直感的で効率的なオーガニックモデリング
Cinema 4D Release 17 の新機能と改良により、たとえば、PoseMorph に Sculpt を使用して、キャラクタアニメーションをスピードアップします。ハード・サーフェスモデルをエッジ検出で簡単にスカルプトします。 Release 17 では、シネマ 4D での彫刻がこれまで以上に簡単に行えます.

新しいバリエーションとフォーミュラのバラエティと使いやすさ Shaders
Release 17 は、使いやすさとパフォーマンスを向上させる新しく拡張されたシェーダを提供します。新しい Material Override 機能を使用すると、選択した素材の特定のチャンネルを簡単にオーバーライドして粘土やマットレンダリングを作成することができます.

大幅に改善されたモーショントラッキング機能
3D アセットをビデオに統合するのが簡単になりました。 Cinema 4D のモーショントラッキング機能は、レンズのゆがみを修正する機能を追加し、問題のあるトラックポイントをすばやく削除する直感的なツールを追加することで強化されました.

注:42 日間のトライアル(アクティベーションが必要)、その後はデモバージョンが利用可能です。デモ版のいくつかの制限事項があります.

も利用可能:CINEMA 4D for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン CINEMA 4D 19.024
ファイル名 R19InstallerDemoMAC.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 MAXON Computer
更新日 https://www.maxon.net/en/products/cinema-4d/overview/
更新時間 2017-09-02
ログを更新する

What's new in this version:

- ProRender uses your graphics card for fast or even interactive rendering.
- The scene Reconstruction is a new Motion Tracker function.
- Improved OpenGL display.
- New Polygon Reduction Generator.
- New Level of Detail functionality.
- The Camera object can now depict a scene spherically (360°; stereoscopic, if desired.
- Weight Manager and Weight tools have been separated and many new functions for the Weight Manager have been added (all tabs).
- The Pose Morph tag can handle the new Correctional PSD Morph mode.
- New MoGraph Sound Effector.
- Image and video files now load much faster and new file formats can be implemented: ico (Windows icon format); cur (Windows cursor format); and mpo (stereo format.
- New Tone Mapping post effect.
- The Bind command now also works with multiple meshes.
- BodyPaint 3D now uses OpenGL for painting.
- New Voronoi Fracture Object Sorting option.
- The Voronoi Fracture object can now create uneven fragment surfaces.
- The Voronoi Fracture object connects fragments with Dynamics connectors.
- The Voronoi Fracture object can connect fragments permanently according to different criteria.
- The Voronoi Fracture object now also creates Vertex Maps.
- Several new Voronoi Fracture Object options.
- New features compared to the previous version can be colored for quick identification.
- New option for continuous updates of materials in the Viewport.
- New functions for Alembic import.
- Alembic objects can be converted to polygon objects in conjunction with an Alembic Morph tag.
- New FBX export options.
- New option for Wavefront OBJ import.
- New environment variable for scripts.
- New function for creating new objects.
- The Displacement Deformer can now handle RGB (XYZ Tangents).
- New options for the Displacement object.
- The Physical Light (PBR) Light can be used to achieve even more realistic-looking render results.
- Area lights can be displayed as solid surfaces in the Viewport.
- The Select Connected and Grow/Shrink Selection commands can now also be applied to UV points and polygons.
- Point, edge and polygon selections can be converted to UV point or UV polygon selections and vice-versa.
- The Plane Cut tool can distribute multiple cuts evenly across and object’s surface.
- Several changes for the Align Normals command.
- Several changes for the Reverse Normals command.
- New option in Save dialog window for automatically adjusting the video data rate for other output resolutions.
- The Hardware OpenGL Renderer can now also smooth transparencies.
- The Mirror tool has the same functions for locating joints as the Weight Manager.
- New method for selecting joints with the Weight tool.
- Two new keyboard shortcuts for the Weight tool.
- New command for load an entire folder full of Substances.
- Position, scale and rotation of UV points and polygons can now be modified numerically in the Coordinates Manager.
- New options for the Display tag.
- The Vertex Color tag has a new option with which the vertext colors can be constantly shown.
- The new Physical Material (PBR material) delivers even more realistic render results.
- HDRI can be used at the material level.
- Support for multiple images (Multi-Pages) for Textures.
- Custom color profiles can be used for textures.
- The Variation shader now also works in conjunction with the Hair feature.
- New option for the Variation shader
- The save dialog window in the Picture Viewer can now handle anamorph videos.
- Several minor new features for image formats.
- Support for current video formats.
- Support for current sound formats.
- Neue Abnahmefunktionalität "Noise".
- Team Render can now handle frame steps.
- New automatic computer recognition for Team Render.
- Motion Tracker Tracks can now use circular search patterns.
- Motion Tracker footage can be displayed in conjunction with color channel weighting.
- Motion Tracker Tracks can give preferential treatment to specific color channels.
- The Houdini connectivity now supports particle rotation.
- New Projection Painting option for BodyPaint 3D.
- New method for selecting UV islands.
- You can double-click on UV points to display or edit their coordinates.
- Unterstützung von Google ZYNC als Renderfarm.

ファイルのダウンロード Download
  • CINEMA 4D for Mac Screenshot 1CINEMA 4D for Mac Screenshot 2CINEMA 4D for Mac Screenshot 3CINEMA 4D for Mac Screenshot 4