CleanMyMac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

CleanMyMac X 4.0.2

まったく新しい CleanMyMac で Mac をきれいにし、最適化し、メンテナンスします。システムのあらゆる場所をスキャンし、2 回のクリックでギガバイトのジャンクを除去し、Mac の状態を監視します。 CleanMyMac は世界最高の Mac クリーナーです。それは、あなたがクリーンアップし、Mac をスピードアップすることができます。 Mac コンピュータを 2 つの簡単なクリックで維持し、最適化してください!

CleanMyMac 特長:

Mac は独自のクリーニングを受ける価値があります。genius
CleanMyMac 3 は何を清掃するかを示しています。 Mac のシステム、iTunes、メール、写真、ごみ箱、ひそかにあなたを避けていた古いフォルダなど、Mac 上のすべてをスキャンします。さらに、あなたの Mac から何が安全にクリーニングできるのか、何ができるのかを正確に把握しています。ほとんどの場合、脳や物を持っているようです.

ワンボタンクリーニング
Mac は使いやすいです。 Mac のクリーナーも必要です。 CleanMyMac 3 つのスマートクリーンアップは、あなたの Mac のすべてのインチをスキャンし、見つかったジャンクを削除するために 1 つのボタンに頼っています。また、100%安全に削除できるファイルのみを選択するので、間違ったファイルを削除する心配がありません。それは単に自動クリーニングユーティリティではありません。それは信じられないほど smart.

Smart クリーナーは安全なクリーナーです
私たちの最も重要な優先順位は、あなたの Mac を安全に保っています。安全なクリーンナップアルゴリズムは 6 年以上前から構築されています。それはセーフティデータベースと呼ばれ、あなたの Mac をスキャンするたびに参照されるルール、アイテム、および例外のリストです。 CleanMyMac 3 を使用すると、正しいファイルをクリーンアップすることが絶対確実です.

アプリケーションを正しい方法で削除することができます
アプリをゴミ箱にドラッグしますか?それはいいえ、そうではありません。あなたは削除されたアプリの残った部分のトンで終わる。 3. CleanMyMac を使用してそれらをアンインストールします。3. アプリケーションと一緒に移動するすべての余分なファイルを含むアプリケーション全体を削除します。 CleanMyMac 3 残っている部品や部品が残っていません.

Mac の性能をまったく新しいレベルに引き上げることはできません.62535896 Mac をあなたが考えたことのない方法で最適化してください。 Spotlight のインデックスを再作成してパフォーマンスを向上させたり、ディスクのアクセス許可を修復してシステムをよりスムーズに実行したり、Mail の検索機能を高速化したりすることができます。 CleanMyMac 3 では、あなたの Mac のパフォーマンスを担当しています.

Mac の健全性は優先順位 1 です.62535896 Mac のハードウェアの健全性に関しては、CleanMyMac 3 が対象です。大量のメモリ使用、低 SSD 寿命、高いディスク温度などを警告します。問題が発生した場合は、何が起きているかを正確に教えてくれるでしょう.127896
Mac のパフォーマンスを一目で確認できます
Mac がリアルタイムでどのように実行されているかを確認できます 3 プロセッサーやメモリの使用状況、バッテリーの充電サイクルを最新の状態に保ち、さらに RAM を解放して Mac の遅延時間を短縮することもできます。 CleanMyMac 3 あなたが知っているのを助けます。知っていることは戦いの半分です.

あなたが必要とするものを見つけてアクセスしてください。起動不要
CleanMyMac 3 Mac の重要な変更について通知し、問題の解決に役立ちます。ごみ箱の容量が足りなくなっても、アプリが突然停止(応答しなくなる)しても、アプリを起動する必要がなくても、あなたはそのことを知り、あなたをアシストできます。 CleanMyMac 3 は、クリックしたままにしても、いつでも閉じることができます.

注:このデモ版では、Mac で 500 MB のデータを消去することができます.

ファイルのバージョン CleanMyMac X 4.0.2
ファイル名 CleanMyMacX.dmg
ファイルサイズ 66.5 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 MacPaw Inc.
更新日 http://macpaw.com/cleanmymac
更新時間 2018-09-13
ログを更新する

What's new in this version:

CleanMyMac X 4.0.2
- AddedL
- Scan for unused DMG files within Applications
- Services menu for Updater and Uninstaller modules

Improved:
- Validation of CleanMyMac 3 activation numbers
- Welcome video quality
- Significantly reduced CleanMyMac Menu’s CPU impact

Fixed:
- Prevented Dropbox from downloading files from the cloud during scanning
- Shredder did not remove parent folders
- Conflicting drag and drop cases during uninstallation
- A number of known crashes and error cases


CleanMyMac X 4.0.1
- Removes malware
- Speeds up Mac with new tools
- Updates your applications
- Finds system junk in even more places
- Gives you personalized cleanup tips via Assistant


CleanMyMac 3.9.9
- Fixed: Some bugs and crashes


CleanMyMac 3.9.7
- Number of substantial inside changes that improve CleanMyMac's performance and dependability


CleanMyMac 3.9.6
Improved:
- Our Privacy Policy has been updated to fully comply with GDPR requirements

Fixed:
- Minor bugs and known crash cases


CleanMyMac 3.9.5
Added:
- Smart notifications to remind about incomplete or abandoned tasks in CleanMyMac

Improved:
- Dashboard now shows stored data types for APFS volumes
- Maintenance and Privacy intro screens represent the number of tasks or items available
- Announcements in CleanMyMac have become more personalized
- Language files cleanup
- NetBeans app cache cleanup and uninstallation
- Hider 2 app language files cleanup

Fixed:
- System Junk module incorrectly detected Wireshark files as Broken Startup Items
- Broken Login Items scanner wrongly detected some of the items
- CleanMyMac Menu crashed on ‘Launch CleanMyMac 3’ button click in some cases


CleanMyMac 3.9.4
Added:
- Temporary Holiday Theme

Improved:
- iDrive uninstallation

Fixed:
- Messages did not actually get deleted from the Messages app via the Privacy module
- System color profiles could not be changed after cleanup
- CleanMyMac failed to uninstall some of the Airmail app components


CleanMyMac 3.9.3
Added:
- Temporary Christmas theme

Improved:
- Disk space representation changed from 'Free' to 'Available' to correspond with system approach
- Help and About sections

Fixed:
- Startup Disk verification disabled for APFS and High Sierra users, due to system compatibility issues
- All known crashes and exceptions


CleanMyMac 3.9.2
Improved:
- CleanMyMac's cleanup recommendation logic got better for your max results

Fixed:
- Crash on launch if no disk space available


CleanMyMac 3.9.1
Added:
- Temporary Halloween theme

Fixed:
- CleanMyMac could not detect its 'Large Media to Delete' Photos album if system language got changed
- All known crashes and exceptions


CleanMyMac 3.9.0
Improved:
- CleanMyMac 3 fully supports Apple File System (APFS) and shows the actual file size on disk
- Support of new Photos and iTunes
- Enhanced animation works smoothly

Fixed:
- All known crashes and exceptions related to High Sierra


CleanMyMac 3.8.6
Improved:
- Compatibility with 1Password and LaunchBar applications

Fixed:
- SIP (System Integrity Protection) locations were not ignored by macOS Localizations cleanup
- Dropbox cache got cleaned even if in the Ignore List
- Free space did not get updated in CleanMyMac 3 Menu
- Cleaned size did not get recalculated on cleanup completion screens
- Application uninstallation or reset did not work when using Smart Selector
- Application size changed to zero within Uninstaller if selected via context menu
- A stopped state would appear momentarily before showing scan results in Smart Cleanup
- All known crashes and exceptions


CleanMyMac 3.8.5
New:
- Introducing CleanMyMac announcements, indulging you with some unobtrusive news while scanning
- Raised minimum macOS support to 10.9

Improved:
- CleanMyMac’s Dashboard and Menu are now showing ‘Free’ disk space instead of ‘Available’ to correspond with macOS
- Safety Database updated to version 2.1.32 improving compatibility with Timing, Xamarin, Plex Media Player, Paragon NTFS, Disk Drill, and 4K Media Downloader

Fixed:
- Multiple Ignore List bugs and inconsistencies


CleanMyMac 3.8.4
Added:
- For the benefit of all developers! You may now manage Xcode Archives through System Junk and save tons of space more

Improved:
- Uninstaller will now better analyze helper tools and other embedded applications

Fixed:
- Rare cases of removing local copies of emails through Mail Trash for badly synced accounts


CleanMyMac 3.8.3
- All known crashes and exceptions fixed


CleanMyMac 3.8.2
Improved:
- Apple File System (APFS) support. From now on, CleanMyMac will be showing actual file sizes on disk
- System locked files removal

Fixed:
- Never-ending 'Freeing up...' Memory state in CleanMyMac Menu
- Chrome Extensions for the latest Google Chrome versions not working
- Messages history in Privacy not working
- Updater localization issues
- First launch in background window


CleanMyMac 3.8.1
Fixed:
- Document versions submodule not working
- Trash emptying sound not working from CleanMyMac Menu
- Possible cases of multiple CleanMyMac Menu instances opening at once
- ‘Uninstall with CleanMyMac’ Services menu item not working if CleanMyMac isn’t open
- A few minor bugs, not worth mentioning in detail


CleanMyMac 3.8.0
- Added:
- Old updates removal for Java, Chrome and Viber within System Junk
- A possibility to refresh an already scanned module
- Complete Setapp service uninstallation
- Detailed log for Verify Disk maintenance procedure
- A license retrieval option to your Activation menu

Improved:
- Activation error handling for a seamless product licensing experience

Fixed:
- All known crashes and exceptions


CleanMyMac 3.7.4
Added:
- Dropbox cache cleanup

Improved:
- Tons of small improvements implemented

Fixed:
- Issue with Repair Disk Permissions submodule
- Some bugs and crashes


CleanMyMac 3.7.2
- This new version provides a number of under-the-hood stability and performance improvements

ファイルのダウンロード Download