Coda for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Coda 2.5

Coda は、革新的なワンウィンドウ Web 開発環境で Web アプリケーションを構築するためのすべてのツールを提供する開発ツールです。 Coda を Mac にインストールすることで、コーディング、テスト、および参照用に 5〜6 つの別々のプログラムを用意する必要がなくなり、多彩なアプリケーションのダッシュボードからプロジェクト管理をより合理化しやすくなります。 Coda を起動すると、お気に入りのアプリケーション(Coda によって“ Sites” と呼ばれる)のリストが表示されます。そこから、それらのいずれかをクリックして、以前の作業を終えた最後の位置に移送することができます。サーバー、分割、およびタブへのすべての接続は直前の状態にすばやく復元されます。 Coda for Mac には 6 つのコアセクションがあり、すべてアプリケーションの上部にある直感的なタブ付きインターフェイスからアクセスできます。これらのタブはサイト(あなたの現在のプロジェクト、独自のファイルセット、FTP 設定、サイトのローカルバージョンとリモートバージョンの両方へのアクセス、完全な保存同期機能を備えているため、瞬時にあなたの仕事を再開できます)、  編集、プレビュー、CSS、端末、書籍。これらのコアツールに加えて、Coda には、強力な FTP クライアント、コードまたはコンテンツエディタ、Bonjour ネットワークを介したコラボレーション、コマンドラインユーティリティ、およびプラグインが組み込まれています。これらは、Coda Plug-in Creator” (Cocoa、AppleScript、Perl…)

最近 Coda に何を追加しましたか?

Plug-ins
これは巨大です!コーダに新しいトリックを教え、その機能を拡張します。他の人が書いたプラグインをダウンロードするか、お気に入りのスクリプト言語を使って独自のプラグインを作成してください。これはちょうど始まりです。 Coda Developer Zone で詳しく学んでください。

をすばやく開く
Ctrl + Q を押すと、すぐに開くウィンドウにすぐにアクセスできます。サイト内の任意の場所で、編集するローカルファイルの文字を入力します。 Ka-jang!すぐに開きます。それはあなたのウェブサイトファイルのスポットライトです!

スマートスペル
スペルあなたの言葉を確認してください。あなたのコードではありません。そして、Mac OS X 10.5 では、あなたが入力するときにそれをしてください!

Subversion
最も普及しているソース管理システムを使用しているチームと一緒に作業してください。コードをチェックし、更新し、変更をコミットしてください。うん、Coda はあなたにさらに時間を節約しました.

複数のファイルを探す
複数のローカルファイルにまたがってテキストを検索して置換できるようになりました。特定のフォルダ内のファイル、または「サイト」内のファイルを開くことができます。あなたが知っている同じ洗練されたインライン検索バーを使用しています.

注:7 日間の試用版。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Coda 2.5
ファイル名 Coda 2.5.zip
ファイルサイズ 84.47 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Panic, Inc.
更新日 http://www.panic.com/coda/
更新時間 2014-10-20
ログを更新する

What's new in this version:

Major New Features:
- Site-Wide Autocomplete. Coda will now index your Local Root and autocomplete your own functions, classes, and variables.
- Plug-in Manager. Enable, disable, and update your plug-ins via Preferences.
- Panic Sync. Securely sync your sites, keys, passwords, and more, with other copies of Coda 2.5, Diet Coda 1.6, and Transmit iOS.
- Indentation Guidelines.
- CSS Overrides. Open a site in Preview, and override the CSS with your own creation. Super-useful.
- Fresh UI Update. Yosemite-ready, cleaner, lighter, with new color-coded visual tabs.
- Sidebar Plug-ins. Plug-ins can now extend Coda’s sidebar, adding limitless new tools with rich user interfaces. Plug-ins can be Cocoa or, now, can be written in HTML/CSS/Javascript!
- Validator Plug-ins. Plug-ins can now extend Coda's validator system, add validators for any language you like.
- Save and Publish. A single keystroke can now do both.
- Customizable Column Guide.
- Track External Changes. Publish changed files even when edited outside of Coda, useful for things like SASS.
- Autocomplete.
- Wordpress and jQuery completions built-in
- Can now autocomplete Clips
- 3rd parties can now easily extend autocompletion dictionaries
- Open Quickly.
- Search for your functions and variables from the Quick Open window
- Improved partial matching support
- French and German Localizations.
- Improved Performance.
- Syntax highlighting is anywhere from 400% to 1000% faster
- Symbol parsing is over 100% faster
- Improved performance throughout

Hundreds of Fixes and Improvements
- The plug-in API as been expanded to include new callbacks and functions
- Added Paste and Indent for smarter indentation on paste
- Themes now support text selection and folding bar colors
- Can now disable Coda Pops in the Preferences
- For Modes that support it, Coda can now do single line commenting style by selecting Option-Command-/
- It's now possible to specify files to exclude/ignore from Publishing
- It's now possible to turn off Publishing for sites that don't use it
- HSLA support added to the Color pop
- Colors chosen in the system color picker will now be inserted into the editor
- Improved CFML / ColdFusion support
- Improved inline CSS support
- New sidebar "Edit" mode to make it easier to customize the sidebar
- Syntax Themes have more options including the ability to change the code folding gutter color
- Numerous syntax/mode improvements
- CSS/LESS/SASS: Added @rules highlighting and animatable properties to the attributes list.
- SASS: Now show placeholder selectors in the sidebar, and highlight @content and !optional keywords.
- CFML: improved tag highlighting inside of HTML tags and code highlighting inside output variables
- LESS: global mix-ins now highlight properly and the code navigator supports @imports
- JS: Method names with curly braces now parsed correctly
- PHP: Added ‘trait’ as a keyword
- Objective-J, Perl, Python: improved keyword and function highlighting
- Improved autocomplete and symbol navigation across the included modes
- SCM Improvements
- GIT, fixes for branches with "/" in the name
- Improved memory usage with very large SVN repositories
- Source Control and Publishing sidebar now show file hierarchies
- Option-clicking a disclosure arrow in Find in Files will now expand or collapse all items
- Added support for "Live AirPreview" with Diet Coda 1.5
- Clip placeholders will now always be tabbable, even if you type something else
- User Agent strings have been updated
- It's now possible to provide a custom User Agent
- Go To Line now remembers your previously entered line
- Preview no longer processes CSS overrides on every keystroke
- Live editing CSS is now more reliable (EG: using complex media rules)
- Previewing CSS files will now show their corresponding index page
- Terminal now responds to the Text > Encoding menu selection, and properly encodes non-ASCII characters
- Preview now shows window dimensions to assist with responsive design
- Go To Line will now accept key presses even while the window is popping open
- Page Guide added to the Preferences, to draw a guideline at a user-defined column
- File rules now support Path
- Skip Files rules now apply to Publishing as well
- Folders can now be Published
- Find In Files text fields can now be resized
- Escape Key will now close a Coda Pop
- Can now remove color stops in the Gradient Pop
- Server credentials are now tested and validated automatically when creating a Site
- Remote document sharing now works more reliably
- Improved hidden character appearance
- Improved automatic code formatting
- Improved block edit while using tabs and spaces
- Improved support for bidirectional text
- Find now shows a document looped indicator
- Can now set the encoding on the Terminal
- Improved printing options
- Can now mark folders for publishing
- Can now reverse publish folders
- SFTP now supports compression

ファイルのダウンロード Download
  • Coda for Mac Screenshot 1Coda for Mac Screenshot 2Coda for Mac Screenshot 3Coda for Mac Screenshot 4Coda for Mac Screenshot 5