CodeKit 3.4.2 Build 26148 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac 開発者ツール Bryan D K Jones Trial Rate 100

CodeKit for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

CodeKit 3.4.2 Build 26148

チュートリアルで読んだすばらしいすべての言語を自動的にコンパイルします。 CodeKit は作業中に自動的にブラウザをリフレッシュします。魔法のように。誰も遅い、肥大したウェブサイトのための時間がありませんか? CodeKit はそれらをより速くします。ワンクリックでプロジェクト全体を構築する。直感的で美しい UI でプロセスを微調整します。その 1 つの狂ったカンマがどこかにありませんか?組み込みのデバッグツールで問題を迅速に見つけ出してください.

CodeKit for Mac 特長:

All The Cool Kids
Compile Sass、Less、Stylus、CSS、CoffeeScript、Pug、Slim、Haml、TypeScript、JavaScript、ES6、Markdown、JSON、SVG、PNG、GIF JPEG をすぐに使用できます.

Dead-Simple Configuration
圧縮された CSS がありますか?ボックスにチェックを入れてください。 JavaScript を翻訳する必要がありますか?チェックボックスをオンにします。すべてのツールのオプションは、きれいでクリーンな UI で利用できます。これ以上のハッキングビルドスクリプトはありません.

Bleeding-Edge Tools
ベンダープレフィックスの自動プレフィクサー。次世代の JavaScript 用の Babel.js Sass コンパイルの高速化のための Libsass。最適なワークフローが構築されています.

追加言語
組み込みではないものを使用しますか? CodeKit に、どのタイプのファイルでも、UI の中でどのように処理するかを簡単に教えてください。いいえ、愚かな設定ファイルやプラグインは必要ありません.

Any Device
Mac、iOS、Android、Windows、Tesla、台所用冷蔵庫... 現代的なブラウザがあれば、それはリフレッシュします。すべての主要なブラウザのベンダーは、SSL.

Zero Setup
プラグイン、スクリプトタグ、作業なしでサポートされています。 CodeKit のプレビューボタンをクリックするだけです。あなたは SSL の証明書も必要ありません。 Really.

Browser Sync
フォームにテキストを入力してください。他のすべてのデバイスにも魔法のように表示されます。リンクをクリックすると、すべての端末でクリックされます。高速クロスデバイステスト.

画像の最適化
SVG、PNG、JPG、GIF を無駄なく最適化するアルゴリズムを最適化します。セットアップは必要ありません。それはすべて焼き付けされている.

スクリプトを& CSS
HTTP リクエストを減らすための Combine スクリプト。ファイルサイズを縮小するためにコードを縮小します。詳細を完全に管理しているすべてのベストプラクティス.

ソースマップ
コードを縮小しますが、ブラウザのインス​​ペクタで元のバージョンを確認してください。ほとんどの言語で頭痛のない状態で自動的に動作します.

ESLint
すべてのシンタックスチェッカーの母親と一緒に JavaScript をスキャンします。例と説明を使用して、数百ものルールを簡単にカスタマイズできます。UI.

JSHint& JSLint
ESLint に移行する準備ができていませんか?問題ない。 JSHint と JSLint も組み込みです。すべての問題の正確な行番号と列番号を確認してください.

簡単な移行
チェックボックスをオンにすると、既存のプロジェクトだけが機能します。何百もの出力パスを更新する必要はなく、ページ上で URL を変更することもありません。それは magic.

注:10 日間の試用版です。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン CodeKit 3.4.2 Build 26148
ファイル名 codekit-26148.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Bryan D K Jones
更新日 https://codekitapp.com/
更新時間 2017-11-13
ログを更新する

What's new in this version:

A few things came up after 3.4 shipped on 31 October, so this update replaces that one and fixes:
- An issue where the cache buster could crash on really short files
- An issue where Hooks failed to run on macOS 10.13
- Previewing in Blisk now actually previews in Blisk
- An issue with TypeScript imports and infinite loops
- An issue where syntax checkers hung

New: Cache-Busting:
- Automatic cache-busting is now available for all files that compile to HTML, all generic file types, and all custom languages
- It's smart. Caches are only busted when files have actually changed
- It's fast. And by "fast" I mean "instantaneous-thank-god-some-of-us-still-know-C"
- Details: codekitapp.com/help/cache-buster/

New: Auto-Pause File-watching:
- File-watching is now automatically paused whenever a version control app becomes active (Tower, Cornerstone, the GitHub app, etc.)
- Optionally, you can also auto-pause file-watching when Terminal becomes active. To do so, choose CodeKit > Preferences from the menubar and check the box
- And there was much rejoicing

New: CoffeeScript 2.0:
- CoffeeScript now outputs ES2015, which means you'll need to transpile the output with Babel if you want to use it in a current browser
- CodeKit has Babel
- You don't need to do anything. There's a new "Transpile Output With" option for CoffeeScript files and it's automatically set to use Babel
- If you've customized Babel's options in your project, you MAY need to adjust those to get the CoffeeScript output you expect. (Basically, the ES2015 Babel preset needs to enabled)
- CodeKit just saved you, like, 3 hours of cursing and debugging a Gulp build script

New: MultiMarkdown 6.0:
- The MultiMarkdown compiler has been updated to version 6
- There are a few minor syntax tweaks, but it's unlikely you'll see any breaking changes
- It's much faster
- There's a whole host of new Output Formats available, including freaking eBooks. Seriously. You can now create an eBook complete with embedded images

Changed:
- If you have a "generic" file with an Output Action of "Process" but have not added a Hook to DO any processing for that type of file, the file will now simply be copied to its output path. Previously, nothing happened to it
- Clicking the "Files List" button when the Files List is already visible will now de-select all rows so that you can see the "Project Summary" pane again
- Jeet 7.2.0 has a couple minor mixin changes that may break your Sass. See the Jeet website for details

Fixed:
- A number of small drawing glitches on macOS 10.13 caused by the new Metal2 window server
- Control-clicking a group name in the Projects Popover did not show the contextual menu
- A rare edge case that could crash the app while scanning for @import statements in malformed files
- A race condition in the Preview Server that could cause a crash
- An issue where the CK_PROJECT_ROOT ENV variable was not set for "Run Script" Build Steps
- An issue where I hadn't given Apple any money in a while
- An issue where Bower may fail to install components with a 410 error

ファイルのダウンロード Download