Cookie for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.35.0

Cookie for Mac は、サードパーティによるブラウジングエクスペリエンスの不正利用を防止します。訪問したサイトは、あなたの知らないうちに同意なしにブラウザに「クッキー」を保存します。いくつかは有用ですが、他のものはイライラしており、侵略的です。 Cookie can help.

cookie は、第三者による閲覧体験の不正利用を防止します。訪問したサイトは、あなたの知らないうちに同意なしにブラウザに「クッキー」を保存します。いくつかは有用ですが、他のものはイライラしており、侵略的です。クッキーが助けることができます。侵略的なマーケティングを避ける。あなたがオンラインで買い物をしていた商品を神秘的に知っているターゲット広告に飽き飽きしていますか? Cookie でそれらを取り除く。 Flash からの自由。 Cookie は、特に大きくて永続的なタイプの Cookie である Flash Cookie を排除するのに適しています。最小限の労力で印象的な結果が得られます。すべての Cookie コントロールを簡単なインターフェイスに統合することで、Cookie for Mac はブラウジングプライバシーを cinch.

クッキーとは何ですか?
クッキーはウェブサイトでコンピュータにデータを保存するために使用され、サーバーに送信されます。例えば、クッキーは、ショッピングカートの内容、ログインデータ、検索履歴または閲覧履歴などの情報を格納することができる。このデータはほとんど無害で便利ですが、異なるウェブサイト間で共有される可能性があります。マーケティングをターゲットとするために、あなたが行った場所、探しているもの、オンラインプロフィールを作成することが効果的です.

Cookie を使用する理由
Cookies は HTTP Cookie、フラッシュクッキー、隔離ストレージ、ローカルストレージ、データベース、IndexedDB など... そして Cookie 5 は、これらのすべてを管理する頭痛を取り除きます.

Cookie for Mac 特長:

Simple しかし Powerful
Simple は、 Cookie 5 はパワーユーザーにとって妥協を許さない。クイック初期設定後、Cookie 5 はプライバシーを保護し、必要な方法でトラッキングやオンラインプロファイリングを行うことができます.

Tracking cookie detection
高度な検出と削除による Cookie の脅威の検出。ブラウジング環境を完全にカスタマイズするには、すべての Cookie タイプのお気に入りドメインを選択します。さらに安全のための自動削除スケジュールを設定してください.

セキュリティデータの削除
クッキー 5 を設定して、社内のプライバシー保護のためにデータを安全に削除します。米国国防総省の DoD 5220.22- M 標準に破棄され、データ復旧が不可能になる

包括的な Cookie コントロール
HTTP クッキー、フラッシュクッキー、Silverlight、HTML5 データベース、localStorage、IndexedDB、ブラウザの履歴とキャッシュ。クッキー 5 にはあなたのプライベートデータがすべて含まれています.

注:14 日間の試用版です。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Postman 7.35.0
ファイル名 Postman-osx-7.35.0.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 SweetP Productions, Inc.
更新日 https://cookie5app.com/
更新時間 2020-11-03
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- You can now share the parameters to generate a new OAuth 2.0 token along with a request or collection when collaborating with others
- You can also now store multiple OAuth 2.0 token generation configurations in a single collection or workspace
- Your access tokens will not be shared with the collection unless specified explicitly

Improved:
- We’ve made some performance improvements to the Manage Environment key-value editor so it’s easier to work with many variables

Fixed:
- Fixed an issue where the Content-Length header was not added to HTTP code snippets
- Fixed an issue where GraphQL bodies were incorrectly formatted in NodeJS code snippets
- Fixed an issue where URLs in response viewer had escape character appended to them when clicked to open in a new tab or browser
- Fixed an issue where the allOf keyword was not correctly resolved while converting OpenAPI schemas to collections
- Fixed an issue where some Swagger2.0 schemas were not converted to collections
- Fixed an issue where files with non-ASCII names were not being sent properly in the form-data body
- Fixed an issue where custom proxy requests fail with the 407 status code
- Fixed an issue where the popover overlapped with the code when hovered over it in the Script Editor
- Fixed an issue where a change in the working directory was not being reflected in the UI
- Fixed an issue where the console was not logging error message for token request while generating new OAuth token
- Fixed an issue where strings in JSON text were not highlighted consistently
- Fixed the indentation of auto-wrapped lines in the markdown editors

ファイルのダウンロード Download