Cookie for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

DBeaver 21.0.1

Cookie for Mac は、サードパーティによるブラウジングエクスペリエンスの不正利用を防止します。訪問したサイトは、あなたの知らないうちに同意なしにブラウザに「クッキー」を保存します。いくつかは有用ですが、他のものはイライラしており、侵略的です。 Cookie can help.

cookie は、第三者による閲覧体験の不正利用を防止します。訪問したサイトは、あなたの知らないうちに同意なしにブラウザに「クッキー」を保存します。いくつかは有用ですが、他のものはイライラしており、侵略的です。クッキーが助けることができます。侵略的なマーケティングを避ける。あなたがオンラインで買い物をしていた商品を神秘的に知っているターゲット広告に飽き飽きしていますか? Cookie でそれらを取り除く。 Flash からの自由。 Cookie は、特に大きくて永続的なタイプの Cookie である Flash Cookie を排除するのに適しています。最小限の労力で印象的な結果が得られます。すべての Cookie コントロールを簡単なインターフェイスに統合することで、Cookie for Mac はブラウジングプライバシーを cinch.

クッキーとは何ですか?
クッキーはウェブサイトでコンピュータにデータを保存するために使用され、サーバーに送信されます。例えば、クッキーは、ショッピングカートの内容、ログインデータ、検索履歴または閲覧履歴などの情報を格納することができる。このデータはほとんど無害で便利ですが、異なるウェブサイト間で共有される可能性があります。マーケティングをターゲットとするために、あなたが行った場所、探しているもの、オンラインプロフィールを作成することが効果的です.

Cookie を使用する理由
Cookies は HTTP Cookie、フラッシュクッキー、隔離ストレージ、ローカルストレージ、データベース、IndexedDB など... そして Cookie 5 は、これらのすべてを管理する頭痛を取り除きます.

Cookie for Mac 特長:

Simple しかし Powerful
Simple は、 Cookie 5 はパワーユーザーにとって妥協を許さない。クイック初期設定後、Cookie 5 はプライバシーを保護し、必要な方法でトラッキングやオンラインプロファイリングを行うことができます.

Tracking cookie detection
高度な検出と削除による Cookie の脅威の検出。ブラウジング環境を完全にカスタマイズするには、すべての Cookie タイプのお気に入りドメインを選択します。さらに安全のための自動削除スケジュールを設定してください.

セキュリティデータの削除
クッキー 5 を設定して、社内のプライバシー保護のためにデータを安全に削除します。米国国防総省の DoD 5220.22- M 標準に破棄され、データ復旧が不可能になる

包括的な Cookie コントロール
HTTP クッキー、フラッシュクッキー、Silverlight、HTML5 データベース、localStorage、IndexedDB、ブラウザの履歴とキャッシュ。クッキー 5 にはあなたのプライベートデータがすべて含まれています.

注:14 日間の試用版です。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン DBeaver 21.0.1
ファイル名 dbeaver-ce-21.0.1-macos.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 SweetP Productions, Inc.
更新日 https://cookie5app.com/
更新時間 2021-03-22
ログを更新する

What's new in this version:

- Connection management:
- Automatic ending of idle transactions was added
- Network profiles configuration page was fixed
- Filters in the connection selector dialog were fixed

Data transfer:
- Possibility to disable foreign keys was added (PostgreSQL, Oracle)
- Numeric data types mappings were improved
- "Skip all errors" button added in the error dialog

Metadata editor:
- Column delete now checks for dependent objects
- Constraint/index create command now available in the columns edit tab
- Problem with deleted object dup was fixed

SQL editor:
- Script selector popup panel UIX was improved
- Hex constants and scientific numbers formatting was fixed
- Columns alias generation was improved
- Multi-line comments support was fixed

Data editor:
- Column filter UI was improved (value count column)
- Extra configuration was added to SQL script generator
- Better support of IE browser in the spatial viewer (GIS)
- Virtual columns support (rows add/delete) was fixed
- Cells selection was fixed (MacOS)

- Automatic app version upgrade was implemented
- Notification popup rendering in dark theme was fixed
- Perspective customization UI was fixed

ERD:
- Export as image: image cropping problem was fixed
- Export in SVG format was improved
- Diagram save now forces UTF encoding
- Tables coloring was fixed
- Show/hide system object option is now respected
- Print command enablement was fixed

PostgreSQL:
- PgBouncer support was fixed (problem with prepared statements)
- Data types read queries were fixed for older (8.4 and earlier) versions
- Role permissions editor was fixed
- Infinity timestamp values support was added
- Auto-generated columns support was added
- Role name DDL was fixed

Teradata:
- Triggers management was added
- Views metadata read was fixed

- Informix: foreign key DDL was fixed

Clickhouse:
- Table data edit support was added
- Tables and indexed create/drop DDL was fixed

- Sybase IQ support (server version detection) was fixed
- Vertica: view create/edit was fixed

Firebird:
- Procedure parameters' default value read was fixed
- View metadata read was improved

- Data Virtuality driver was added
- Preferences localization was updated

ファイルのダウンロード Download