CotEditor for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Etcher 1.5.72

CotEditor for Mac はオープンソースで、OS X 用の Cocoa ベースのプレーンテキストエディタです。構文の強調表示、OniGmo(正規表現エンジン)を使用した強力な検索と置換、その他の小さなコーディングをサポートしています。それは CJK 言語 well.

CotEditor も MacOS のために作られています。 MacOS アプリケーションと同じように見え、動作します。 CotEditor for Mac はすばやく起動するので、いつでもすぐにテキストを書くことができます。 CotEditor は、誰でも投稿できるオープンソースプロジェクトとして開発されています.

CotEditor for Mac 特徴:

Syntax Highlighting
HTML、PHP、Python、Ruby、Markdown などの 50 以上のプリインストールされた主要言語を色付けできます。独自の設定を作成することもできます.

分割エディタ
ウィンドウを複数のペインに分割して、同時にドキュメントのさまざまな部分を表示することができます.

強力な検索と amp; Replace
Super 強力な ICU 正規表現 engine.

Character Inspector
を使用して、強力な検索と置換を行います。ドキュメント内の選択された各文字の Unicode 文字データを確認し、popover.

経由で表示します。Click
ギーク知識が必要な複雑な設定ファイルはありません。 Python、Ruby、Perl、PHP、UNIX シェル、AppleScript か JavaScript かどうかにかかわらず、好みの言語で独自のマクロを作成できます.

Auto Backup
あなたは必要ありませんもう保存していないデータを失うことになります。 CotEditor for Mac 編集中にドキュメントを自動的にバックアップします.

互換性のない文字
ドキュメント内で、目的のエンコーディングに変換できない文字をチェックして一覧表示します.

Outline Menu
指定された構文を使用して指定した行を抽出し、対応する行にジャンプします.

CJK 言語 Friendly
さまざまなファイルエンコードを正確に行い、垂直方向のテキストモードに切り替えて、行の高さを正しく維持してください.

注:64 ビットプロセッサが必要です.8997423

ファイルのバージョン Etcher 1.5.72
ファイル名 balenaEtcher-1.5.72.dmg
ファイルサイズ 92.8 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 CotEditor Team
更新日 http://coteditor.com/
更新時間 2020-01-27
ログを更新する

What's new in this version:

Etcher 1.5.72
- Remove no longer used angular svg-icon component
- Remove no longer used closestUnit angular filter


Etcher 1.5.71
- Update resin-corvus to 2.0.5


Etcher 1.5.70
- Make header draggable again
- Refactor drive selector and confirm modal to React
- Rework lib/gui/app/styled-components to typescript
- Convert FlashAnother & FlashResults to typescript
- Use React instead of Angular for image selection
- Convert the drive selection step to React
- chore: move flash step to React
- Use React instead of Angular for image selection


Etcher 1.5.69
- Don't add --no-sandbox when ELECTRON_RUN_AS_NODE true


Etcher 1.5.68
- Add version in settings modal


Etcher 1.5.67
- Fix elevation on macos in development


Etcher 1.5.66
- Update spectron to ^8
- Update dependencies, get node-usb from npm
- Update nan to ^2.14
- Use the same entrypoint for etcher and the child writer
- Require angular-mocks only when needed
- Remove no longer needed pkg dev dependency
- Update mocha, remove nock
- Remove no longer needed xml2js
- Remove node-pre-gyp patch that is no longer needed with electron 6
- Update electron-mocha to ^8.1.2, remove acorn
- Update electron to 6.0.10


Etcher 1.5.65
- Convert settings modal to typescript
- Refactor settings page into modal


Etcher 1.5.64
- Change log not available for this version


Etcher 1.5.63
- Introduce an FAQ file


Etcher 1.5.62
- Update drivelist to 8.0.9


Etcher 1.5.60
- Upgrade ext2fs to 1.0.30


Etcher 1.5.59
- Catch console log messages from SafeWebView


Etcher 1.5.58
- Remove leftover GH-pages configuration file


Etcher 1.5.57
- Fix entrypoint when options are passed to electron


Etcher 1.5.56
- Fix windows portable download


Etcher 1.5.55
- Update etcher-sdk to ^2.0.13


Etcher 1.5.54
- Fix auto-updater check for updates


Etcher 1.5.53
- Allow typescript files


Etcher 1.5.52
- Don't use wmic's ProviderName if it's empty


Etcher 1.5.51
- Update sudo-prompt to ^9.0.0


Etcher 1.5.50
- Option for trimming ext partitions on raw images


Etcher 1.5.49
- Make window size configurable


Etcher 1.5.47
- Rework drive-selector with react + rendition
- Use rendition theme property for step buttons
- Upgrade styled-system to v4.1.0
- Upgrade rendition to v8.7.2


Etcher 1.5.46
- Update ext2fs to 1.0.29


Etcher 1.5.45
- Empty commit to trigger build


Etcher 1.5.44
- Fix elevation on windows when the path contains "&" or "'"


Etcher 1.5.43
- Revert "Include sass in webpack configs"


Etcher 1.5.42
Include sass in webpack configs


Etcher 1.5.41
- waffle.io removal and adding a link to the license


Etcher 1.5.40
- windows installer and portable version support both ia32 and x64

ファイルのダウンロード Download