CotEditor for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

DBeaver 7.3.0

CotEditor for Mac はオープンソースで、OS X 用の Cocoa ベースのプレーンテキストエディタです。構文の強調表示、OniGmo(正規表現エンジン)を使用した強力な検索と置換、その他の小さなコーディングをサポートしています。それは CJK 言語 well.

CotEditor も MacOS のために作られています。 MacOS アプリケーションと同じように見え、動作します。 CotEditor for Mac はすばやく起動するので、いつでもすぐにテキストを書くことができます。 CotEditor は、誰でも投稿できるオープンソースプロジェクトとして開発されています.

CotEditor for Mac 特徴:

Syntax Highlighting
HTML、PHP、Python、Ruby、Markdown などの 50 以上のプリインストールされた主要言語を色付けできます。独自の設定を作成することもできます.

分割エディタ
ウィンドウを複数のペインに分割して、同時にドキュメントのさまざまな部分を表示することができます.

強力な検索と amp; Replace
Super 強力な ICU 正規表現 engine.

Character Inspector
を使用して、強力な検索と置換を行います。ドキュメント内の選択された各文字の Unicode 文字データを確認し、popover.

経由で表示します。Click
ギーク知識が必要な複雑な設定ファイルはありません。 Python、Ruby、Perl、PHP、UNIX シェル、AppleScript か JavaScript かどうかにかかわらず、好みの言語で独自のマクロを作成できます.

Auto Backup
あなたは必要ありませんもう保存していないデータを失うことになります。 CotEditor for Mac 編集中にドキュメントを自動的にバックアップします.

互換性のない文字
ドキュメント内で、目的のエンコーディングに変換できない文字をチェックして一覧表示します.

Outline Menu
指定された構文を使用して指定した行を抽出し、対応する行にジャンプします.

CJK 言語 Friendly
さまざまなファイルエンコードを正確に行い、垂直方向のテキストモードに切り替えて、行の高さを正しく維持してください.

注:64 ビットプロセッサが必要です.8997423

ファイルのバージョン DBeaver 7.3.0
ファイル名 dbeaver-ce-7.3.0-macos.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 CotEditor Team
更新日 http://coteditor.com/
更新時間 2020-11-30
ログを更新する

What's new in this version:

A lot of improvements for MacOS:
- Problem with toggle checkboxes was fixed
- Problems with inline value editors were fixed
- Problem with connection editor open on single click was fixed
- Problem with metadata viewer in BigSur was fixed

- SQL editor:
- Complex SQL queries parser was improved
- Query folding now respects active SQL dialect
- Problem with focus loss after query execute was fixed

- Data transfer:
- Imports from CSV/XLS: date columns support was added
- Export in SQL INSERT format: support of various INSERT/REPLACE/UPSERT dialects was added
- Problem with active schema switch during task execute was fixed
- Export from query: task UI configuration was fixed (active schema select)

- ERD: table copy-paste was fixed
- Project delete now requires confirmation of project files delete
- Command line: connection credentials now can be passed along with connection name/id
- SSH: private key format conversion was improved (Linux)
- SQL INSERT query generator now skips auto-generated columns

- PostgreSQL:
- Table DDL was fixed (serial columns)
- Role members/permissions viewer was fixed
- Permission editor now supports sequences and materialized views
- Bug with partition list read was fixed

- SQLite: table column delete feature was added
- Teradata: active schema selector was added
- Firebird: problem with missing views was fixed. View source editor was fixed
- Exasol: table index create UI was fixed
- SQL Server: index create UI was improved (index type selector)
- Hive: SQL dialect was improved (extra keywords)
- <ySQL/MariaDB: privileges editor UI was fixed

- Oracle:
- PL/SQL parser was significantly improved
- View DDL read was fixed
- Session manager now supports Oracle 9 and 8

- BigQuery:
- Problem with missing resultsets was fixed
- Driver version was upgraded

- HANA: triggers metadata reading was fixed (bug with wrong schema)
- Many minor UI bugs were fixed

ファイルのダウンロード Download