CotEditor for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

CotEditor 3.7.0

CotEditor for Mac はオープンソースで、OS X 用の Cocoa ベースのプレーンテキストエディタです。構文の強調表示、OniGmo(正規表現エンジン)を使用した強力な検索と置換、その他の小さなコーディングをサポートしています。それは CJK 言語 well.

CotEditor も MacOS のために作られています。 MacOS アプリケーションと同じように見え、動作します。 CotEditor for Mac はすばやく起動するので、いつでもすぐにテキストを書くことができます。 CotEditor は、誰でも投稿できるオープンソースプロジェクトとして開発されています.

CotEditor for Mac 特徴:

Syntax Highlighting
HTML、PHP、Python、Ruby、Markdown などの 50 以上のプリインストールされた主要言語を色付けできます。独自の設定を作成することもできます.

分割エディタ
ウィンドウを複数のペインに分割して、同時にドキュメントのさまざまな部分を表示することができます.

強力な検索と amp; Replace
Super 強力な ICU 正規表現 engine.

Character Inspector
を使用して、強力な検索と置換を行います。ドキュメント内の選択された各文字の Unicode 文字データを確認し、popover.

経由で表示します。Click
ギーク知識が必要な複雑な設定ファイルはありません。 Python、Ruby、Perl、PHP、UNIX シェル、AppleScript か JavaScript かどうかにかかわらず、好みの言語で独自のマクロを作成できます.

Auto Backup
あなたは必要ありませんもう保存していないデータを失うことになります。 CotEditor for Mac 編集中にドキュメントを自動的にバックアップします.

互換性のない文字
ドキュメント内で、目的のエンコーディングに変換できない文字をチェックして一覧表示します.

Outline Menu
指定された構文を使用して指定した行を抽出し、対応する行にジャンプします.

CJK 言語 Friendly
さまざまなファイルエンコードを正確に行い、垂直方向のテキストモードに切り替えて、行の高さを正しく維持してください.

注:64 ビットプロセッサが必要です.8997423

ファイルのバージョン CotEditor 3.7.0
ファイル名 CotEditor_3.7.0.dmg
ファイルサイズ 27.1 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 CotEditor Team
更新日 http://coteditor.com/
更新時間 2019-02-14
ログを更新する

What's new in this version:

New Features:
- Multi-cursor editing
- Add “Opacity” toolbar item to change editor's opacity
- Add “Surround Selection With” > “Square Brackets” menu item

Improvements:
- Restore more UI state on window restoration
- Delete sequential paces character by character when they are not located at the beginning of a line even if “Expand tabs to spaces” option is enabled
- Keep selections after performing “Duplicate Lines”
- Remember the last used custom characters for “Surround Selection with Custom Characters” action
- Improve toolbar color

Fixes:
- Fix an issue where “Replace All” could fail when the text to find is a combining character such as a diacritical mark
- Fix an issue where lines did not wrap correctly with vertical text orientation
- Fix an issue where the last syntax style was not applied when an unsaved document was restored from the last session
- Fix an issue where auto-completion could cancel suddenly under a restricted condition
- Fix an issue where the line wrap width of a split view could be set shorter than the actual view if scroll bars are set to be always visible
- Fix an issue where the year in the print header or console prompt was displayed wrongly in specific days (Thanks to Frédéric Blondiau!)
- Fix an issue where closed windows remained on the memory
- Address an issue where selected ranges were set wrongly after updating the document due to an external modification
- Fix a possible issue where word counting could be stuck

ファイルのダウンロード Download