Darktable for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

MuLab 8.4.18

Darktable for Mac は、オープンソースの写真ワークフローアプリケーションであり、RAW 開発者です。写真家のための仮想照明台と暗室。それはあなたのデジタルネガをデータベースで管理し、ズーム可能なライトテーブルを通してそれらを見ることができ、生のイメージを開発し、それらを強化することを可能にします.

Raw は、カメラのセンサーからメモリカードまでまっすぐに処理されないキャプチャです。 Darktable は、オープンソースの世界では未加工の開発(ufraw、dcraw、rawtherapee)のために複数の選択肢がありますが、既存の優秀なフリー RAW コンバータと画像管理ツール(ufraw、rawstudio、f-spot、digikam 、ショットウェル)。これは、写真撮影者が撮影する日に何千枚もの画像をすばやく処理できるようにするワークフローに焦点を当てています。それはまた、つなぎ撮りを行うことができるほんのわずかな OSS プロジェクトの 1 つです.

Darktable の内部アーキテクチャは、非常にシンプルな(作物、露出、スポット除去)から最先端に至るまで、あらゆる種類の画像処理用のモジュールを簡単に追加できます人間の夜間視覚のシミュレーション).

ユーザーインターフェイスは、データベースに格納された画像メタデータとミップマップの効率的なキャッシュを中心に構築されています。主な焦点は、スムーズなインタフェース設計と処理速度の両方の面で、ユーザーのやりとりにあります。高品質の出力も私たちの目標の一つです.

すべての編集は完全に非破壊的で、表​​示用のキャッシュされたイメージバッファ上でのみ動作します。フルイメージはエクスポート中のみ変換されます。 Raw 画像のロードは rawspeed を使用して行われ、高ダイナミックレンジと jpeg などの標準画像フォーマットもサポートされています。コアは完全に浮動小数点値で動作するため、Darktable for Mac は写真撮影に使用できるだけでなく、科学的に得られた画像やレンダラの出力(高ダイナミックレンジ)にも使用できます.

Darktable Features:
darktable は GNU / Linux / GNOME、Mac OS X / macports と Solaris 11 / GNOME をインストールします。完全な非破壊編集。すべての darktable コア機能は 4x32 ビット浮動小数点ピクセルバッファで動作し、高速化のための SSE 命令を可能にします。 OpenCL(ランタイム検出と有効化)による GPU アクセラレーションを提供し、sRGB、Adobe RGB、XYZ、リニア RGB の ICC プロファイルのサポートを内蔵しています。収集モジュールを使用すると、柔軟なデータベースクエリを実行し、タグ、画像の評価(星)、カラーラベルなどで画像を検索できます。ベースクエリ内のコレクションのフィルタリングと並べ替え、または関連タグによる簡単なタグ付けは、毎日の写真ワークフローで役立つツールです。さまざまな標準、ロー、ハイダイナミックレンジの画像形式(jpg、cr2、hdr、pfm など)をインポートします。 darktable には、マルチレベルのソフトウェアキャッシュによるゼロレイテンシのフルスクリーン、ズーム可能なユーザーインターフェイスがあります。テザリング撮影。現在の暗箱には、アルバニア語、カタロニア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジルおよびポルトガル語)、ロシア語、スロバキア語、スロベニア語、ウクライナ語。強力なエクスポートシステムは、Picasa ウェブアルバム、Flickr アップロード、ディスクストレージ、1:1 コピー、電子メール添付ファイルをサポートし、HTML ベースの簡単な Web ギャラリーを生成することができます。 darktable for macOS を使用すると、低ダイナミックレンジ(JPEG、PNG、TIFF)、16 ビット(PPM、TIFF)、またはリニアハイダイナミックレンジ(PFM、EXR)の画像にエクスポートできます。 darktable は、メタデータと処理設定を保存するための XMP サイドカーファイルとその高速データベースの両方を使用します。すべての Exif データは、libexiv2 を使用して読み書きされます。

ファイルのバージョン MuLab 8.4.18
ファイル名 mulab-8-4-18-mac64.zip
ファイルサイズ 33.34 MB
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Johannes Hanika
更新日 http://www.darktable.org/
更新時間 2020-02-24
ログを更新する

What's new in this version:

- M8.4 features APLC = Automatic Plug-in Latency Compensation
- APLC enables the proper use of plug-ins like look-ahead compressors, FFT equalizers, vocoders, convolvers, etc.
- Most of the time, APLC is fully transparent to the user, it's all automatic
- However it's also possible to manually control the latency compensation of a plug-in or external MIDI synth/effect that doesn't report its latency
- New "Latency Generator" module.
- This module can be used to manually define a latency for a plug-in or hardware synth/fx that doesn't report its latency, and so it gets included in the APLC system.
- This module also is a handy tool to check APLC in MuLab or any other host DAW
- Project browser can now also be docked on the left side of the main project window
- MIDI recording: A new recorded part now simply ends at the time you stopped recording. (before it ended at the end of the last recorded event)
- Patch Point module now also has a modulation in-to-out jack
- Modulation Monitor now has an indicator that shows whether the input signal is at audio rate
- The "Convert Rex Files" function now is available in all versions
- Event List Editor now also indicates muted events by graying them out
- When using a large audio engine block size, recording things from the GUI was recorded with less accurate timing. Fixed.
- When using a large audio engine block size, then the play cursor was moving stuttery. Fixed.
- The play cursor and transport time displays did not take the audio output latency into account. Fixed.
- MuDrum: Fixed a bug when pasting a rack in the MuDrum rack desk.
- Audio Dispatcher module: When using one of the Solo Modes and Use Velocity was on, this caused a crash after the last note off. Fixed.
- Inserting a Send in a rack could in some cases cause a crash. Fixed.
- Dropping a track recorder on that same track caused a crash. Fixed.
- Dropping a module on a track and that module is in some way an input to that track's audio recorder, then this caused a feedback loop. Fixed.
- Due to a recent new bug saving a sample to a file caused a crash. Fixed.
- Cutting multiple modules from a modular area caused a hang. Fixed.
- Tools -> MIDI Input Monitor wasn't working anymore. Fixed.
- When using nested meta-parameters, tweaking a child parameter didn't always update the parent meta-parameter. Fixed.
- When tweaking a parameter, then start recording and undo-redo that parameter change, that undo-redo parameter change was unintendedly recorded too. Fixed.
- Some additional GUI style adjustments for specific parts to get them in harmony with the rest of the new restyled GUI
- Less redundant infotips
- MUX Modular Plug-In: Previously when loading DAW projects/presets that were saved with MUX 7 Plug-in, but now loaded into MUX 8 Plug-in, then the audio sequence editor showed empty events. Fixed.
- Lower RAM usage
- Misc. other small improvements

ファイルのダウンロード Download