Default Folder X for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

CudaText 1.120.0.3

Default Folder X for Mac では、すべてのアプリケーションで [開く] ダイアログボックスと [保存] ダイアログボックスが強化されているため、… 速く進む:階層メニューにマウスを重ねると展開するフォルダをすばやくナビゲートします。すべて実行する:開いているダイアログや保存ダイアログでファイルのプレビュー、タグ付け、名前の変更、圧縮、削除、コメントの追加などを行います。クリックするだけで、Finder で開いたフォルダにファイルを保存する必要がありますか? Finder ウィンドウをクリックするだけです!デフォルトのフォルダ X を 30 日間無料でお試しください!
    
デフォルトのフォルダ X の機能
    
Directory Assistant
DFX のツールバーから最近のお気に入りの開いているフォルダにアクセスします。階層的なポップアップメニューを使用すると、フォルダをすばやくナビゲートしてファイルにアクセスできます。  
     
リアルタイムの保存
同じフォルダ内に常にアイテムを保存している場合、DFX はそのフォルダを覚えています。または、アプリケーションのデフォルトフォルダとして設定することができますので、start.
の    
Finder Management
DFX を使用すると、1 回のクリックで任意の Finder ウィンドウを開くか保存することができます。また、既存のファイルに関する情報の取得、複製、名前の変更、削除を行うことができ、Finder の機能をすべての「開く」ダイアログと「保存」ダイアログに表示できます。        

インスタントリコール
最近使用したフォルダやファイルにすばやく戻るのに役立つよう、DFX はそれらをあなたのために覚えています。最後に開いたファイルを再選択します。 DFX では、どこに何かを置くのを決して忘れません.
    
Your Fingertips
お気に入りのフォルダのキーボードショートカットを使用して場所を早く取得します。また最近のフォルダにジャンプし、キーストロークで Finder ウィンドウを開くこともできます。 DFX のショートカットは完全に設定可能です。        

Spotlight on the Spot
ファイルにタグを付けるか、[開く]または [保存] ダイアログ内の Spotlight コメントを編集します。前に使用したタグは覚えていないのですか? DFX は最近使用されたタグをすべて表示します。ドラッグアンドドロップだけです.

注:30 日間のトライアル版です。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン CudaText 1.120.0.3
ファイル名 cudatext-macos-1.120.0.3.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 St. Clair Software
更新日 http://www.stclairsoft.com/DefaultFolderX/
更新時間 2021-01-06
ログを更新する

What's new in this version:

Added:
- Find dialog has new toggle button "Hi", it means "Highlight all matches". Matches are highlighted with a rounded border, which color is taken from "SeparLine" syntax theme item. Editor also auto-scrolls to the first match, like in Sublime.
- command "find next" in multi-selections now supports "in selection"+"wrapped search" (with the forward search)
- option "find_hi_max_lines"
- option "find_hi_move_caret"
- option "find_hotkey_op_hi"
- option "find_hidden_buttons" is extended, it can now hide several toggle-button options
- lexer C++: code-tree improvement: change icons for "namespace"; detect "struct name"; avoid C++ keywords "requires" in code-tree
- lexer C++: highlight labels, in "goto label;" and "label: statement;"
- lexer Bash: highlight numbers in form like "100suffix"
- sync Asian code-page convertion code with Lazarus patch (Support EUDC to PUA Microsoft mapping)

Changed:
- option "ui_active_border" changed to integer, allowing setting the border width
- changed default values of "find_suggest_sel"/"find_suggest_cur_word" to be like in ST3
- Find dialog has changed layout: removed input-field labels; shortened button captions to "|<" (find first), ">" (find next), "<" (find previous), "..." (show menu with "count all", "extract all" etc)

ファイルのダウンロード Download