Default Folder X for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

CudaText 1.116.0.0

Default Folder X for Mac では、すべてのアプリケーションで [開く] ダイアログボックスと [保存] ダイアログボックスが強化されているため、… 速く進む:階層メニューにマウスを重ねると展開するフォルダをすばやくナビゲートします。すべて実行する:開いているダイアログや保存ダイアログでファイルのプレビュー、タグ付け、名前の変更、圧縮、削除、コメントの追加などを行います。クリックするだけで、Finder で開いたフォルダにファイルを保存する必要がありますか? Finder ウィンドウをクリックするだけです!デフォルトのフォルダ X を 30 日間無料でお試しください!
    
デフォルトのフォルダ X の機能
    
Directory Assistant
DFX のツールバーから最近のお気に入りの開いているフォルダにアクセスします。階層的なポップアップメニューを使用すると、フォルダをすばやくナビゲートしてファイルにアクセスできます。  
     
リアルタイムの保存
同じフォルダ内に常にアイテムを保存している場合、DFX はそのフォルダを覚えています。または、アプリケーションのデフォルトフォルダとして設定することができますので、start.
の    
Finder Management
DFX を使用すると、1 回のクリックで任意の Finder ウィンドウを開くか保存することができます。また、既存のファイルに関する情報の取得、複製、名前の変更、削除を行うことができ、Finder の機能をすべての「開く」ダイアログと「保存」ダイアログに表示できます。        

インスタントリコール
最近使用したフォルダやファイルにすばやく戻るのに役立つよう、DFX はそれらをあなたのために覚えています。最後に開いたファイルを再選択します。 DFX では、どこに何かを置くのを決して忘れません.
    
Your Fingertips
お気に入りのフォルダのキーボードショートカットを使用して場所を早く取得します。また最近のフォルダにジャンプし、キーストロークで Finder ウィンドウを開くこともできます。 DFX のショートカットは完全に設定可能です。        

Spotlight on the Spot
ファイルにタグを付けるか、[開く]または [保存] ダイアログ内の Spotlight コメントを編集します。前に使用したタグは覚えていないのですか? DFX は最近使用されたタグをすべて表示します。ドラッグアンドドロップだけです.

注:30 日間のトライアル版です。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン CudaText 1.116.0.0
ファイル名 cudatext-macos-1.116.0.0.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 St. Clair Software
更新日 http://www.stclairsoft.com/DefaultFolderX/
更新時間 2020-10-21
ログを更新する

What's new in this version:

- Find dialog: when "search in selection" is checked, and "find first"/"find next" is called, editor places marker instead of caret, so we don't break the selection, and can "find next" all matches
- Wiki topic https://wiki.freepascal.org/CudaText#Text_searcher_features
- Wiki topic https://wiki.freepascal.org/CudaText#How_to_support_Spell_Checker_in_lexer
- plugin "Sort" has new command "Sort char-separated values in lines"
- option "marker_size"
- command "duplicate line(s)" supports multi-carets
- command-line options -nsl and -nss (option -ns is a shortcut to both of them)
- command-line option -z=uhex
- CSS auto-completion: more complete colors list for color-properties
- CSS auto-completion: add standard values to all properties: inherit, initial, unsert, var()
- CSS auto-completion: better auto-inserting of bracket for functions
- Unix: better support paths with ~/ (didn't work if app was run by external tools)
- dialog Find/Replace: second press of Ctrl+F / Ctrl+R returns focus to editor
- dialog "Save tabs?" shows button "don't save/ keep in session" more often, now ignoring "t" in "ui_history_disabled"
- lexer CSS: highlight names of "system colors"
- lexer XML: better support Spell Checker
- crash and not sync'ed editors when in splitted view
- code-tree was reset on change grouping mode to "1+2"
- "distraction-free mode" was partially reset: by Option Editor plugin call, by lexer changing
- some plugins crashed when app was run with -s= command-line param
- flags in "View / Toggle unprinted chars" were reset on switching tabs

ファイルのダウンロード Download