DriveDx for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

R-Studio 6.3 build 5571

DriveDx for Mac は、高度なドライブ状態診断およびモニタリングユーティリティです。予期しないドライブの障害に関連するデータ損失やダウンタイムから身を守ってください。重要なデータ、音楽、写真を失う心配はありません。ほとんどのドライブユーティリティとは異なり、DriveDx はドライブの内蔵の S.M.A.R.T を監視するだけでなく、 SSD や HDD の障害(SSD 消耗 / 耐久性、不良セクタの再割り当て、オフライン不良セクタ、保留セクタ、I / O エラーなど)およびアラートに密接に関連するすべてのドライブの正常性インジケータの変化を分析します何かが間違っているとすぐにユーザーに通知します。私たちのドライブ・ヘルス診断アルゴリズムは、この分野の最近の研究に基づいています。アプリケーションは、システム管理者を満足させるのに十分なすべてのドライブ診断データへのアクセスを提供します。 DriveDx は、さまざまなドライブの状態を評価するときに、ドライブモデルやファームウェアのバージョンによっては、異なる(特殊な)ヒューリスティックアルゴリズムを使用することができる、ユーザーフレンドリーな Mac スタイルのインターフェースを持つ最初のユーティリティです.

このソフトウェアの主な利点の 1 つは、HDD ドライブの多くの状態インジケータが適用されないか、または作成されないため、HDD と SSD ドライブの状態が異なるアルゴリズム(DriveDx には HDD と SSD ドライブの別々のルールとアルゴリズムがあります)を使用して評価されます。 SSD ドライブの場合は意味がありません.

DriveDx for Mac 特長:

アドバンストドライブヘルス診断
専用の診断ツールは、内蔵のスマートドライブの状態。物理ドライブの実際の状態に関する情報はほとんどありません。このようなツールとは対照的に、DriveDx は潜在的なドライブの問題(たとえば、SSD 摩耗 / 書き込み耐久性、I / O エラー、保留中のセクターなど)を指し示す可能性が最も高いすべてのドライブ状態インジケーターを使用して、再割り当てされた不良セクタなど).

ドライブ障害(Pre-Fail)状態検出
DriveDx は他の多くのツールと異なり、“ OK / Verified” “ Failed” 健康状態を駆動するだけでなく、“ Failing(Pre-Fail)” 駆動状態。これにより、他の SMART 監視ユーティリティを使用する場合よりもずっと早く問題を検出します。つまり、データ損失が実際に発生する前に、重要なデータを保存する機会が増えています.

リアルタイムドライブの状態監視
DriveDx はバックグラウンドで実行され、SSD または HDD の状態を定期的にチェックします。問題または問題が見つかるとすぐに警告が表示されます。 DriveDx は“ early warning システム” として機能します。保留中のドライブの問題のために。結果として、データ損失が実際に発生する前に、重要なデータを保存する機会が増えます.

警告 System
DriveDx は、ドライブ属性の通常の状態からのずれをユーザーに通知する特別な多層警告システムを備えています。それは常に各 S.M.A.R.T. を監視します。属性(およびその変更のダイナミクス)を取得し、ドライブが劣化するにつれてユーザーに警告を継続します。ドライブの劣化の初期段階では、ユーザーは Warning タイプの通知を受け取り、Failing(このドライブパラメータが故障前の状態にあることを意味します)を受け取り、Failed.

ドライブの自己テストを実行します
DriveDx を使用すると、 SSD / HDD の自己テスト。主な目的は、ドライブに障害があるかどうかを素早く特定することです。通常、セルフテストは、電気的および / または機械的性能試験のような一連のテストルーチンと、ドライブのリード性能テストから構成されています。セルフテストタイプによっては、小さな領域またはメディア全体の読み取りを読み取ります。

最新の SSD と HDD サポート
DriveDx は、さまざまなドライブの状態を評価する際に、ドライブモデルやファームウェアバージョンによって異なるヒューリスティックアルゴリズムを使用できます。このソフトウェアの主な利点の 1 つは、HDD ドライブの多くの状態インジケータが適用できないか、または SSD ドライブに意味をなさないため、異なるアルゴリズムを使用して HDD および SSD ドライブの状態を評価することです.

自動電子メールレポート
ユーザーが問題を起こす可能性があります通知とドライブステータスレポートを電子メールに送信します。さまざまな基準に基づいてレポートを構成できます。この機能のおかげで、ユーザーは特定のコンピュータに常に物理的にアクセスする必要はありません。これは、あらゆる種類のサーバールーム、データセンターなどに特に便利です.

A モダンで見た目も使いやすいインターフェイスです.
DriveDx for Mac 真の Mac スタイルで作成された最初のドライブ診断ツールの 1 つ。すべてのインターフェイス要素は

ファイルのバージョン R-Studio 6.3 build 5571
ファイル名 RStudio6_i.dmg
ファイルサイズ 81.66 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6.8 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 BinaryFruit
更新日 https://binaryfruit.com/drivedx
更新時間 2019-05-21
ログを更新する

What's new in this version:

New features:
- Get Info panel has been added to the Content pane. Detailed information about a selected file. Extended file information in the Technician version like disk regions, overlapping files, etc.
- Advanced options have been added to file recovery lists in the Technician version: specific file system info, overlapping files, disk regions, etc.

Improvements:
- Files in Extra Found Files (raw files) can now be automatically excluded from recovery if they are duplicates of files found in the real file system.
- Support for NTFS cluster sizes from 128KB to 2MB has been added.
- The algorithm for estimation of file recovery probability has been improved.
- Memory usage has been optimized and debugged.
- The Reset button has been added to the RAID Parents tab. It resets RAID parameters to those set by the Apply button.
- LVM processing has been improved.

Bug-fixes:
- R-Studio may have temporally frozen when opening an NTFS partition with many compressed files. Fixed.
- R-Studio may have opened APFS partitions with many files for a long time. Fixed.
- The Find Previous Version of the File command may have worked incorrectly. Fixed.
- Mask presets may have loaded incorrectly. Fixed.
- Date may have changed incorrectly in the File Mask dialog box. Fixed.
- Multiple files that occupy the same sector may have been shown incorrectly in Text/hexadecimal editor. Fixed.
- If files were manually unmarked, they could not be marked for recovery using the File/Mark dialog box. Fixed.
- Existing files may have been shown as deleted in cross-linked folders on FAT32 partitions. Fixed.
- Some file dates may have been saved to File Mask presets incorrectly. Fixed.
- R-Studio may have crashed when opening disk images. Fixed.
- The Show Files command in Text/hexadecimal editor may have stopped working if file region enumeration was interrupted by the user. Fixed.
- The Details/Icons view may have switched incorrectly when switching opened partitions. Fixed.
- Units in the Size fields on the Find/Mark dialog box were always reset to Bytes. Fixed.
- R-Studio may have frozen or crashed when the Reopen Drive Files button was quickly clicked several times. Fixed.
- Sometimes mdadm RAIDs could not be automatically assembled from images. Fixed.
- The Apply changes immediately option could be enabled only on the second attempt. Fixed.
- Any changes in fthe Block order table defaulted all other RAID parameters. Fixed.
- R-Studio may have frozen when one LDM disk was disconnected and the Reassemble button was clicked.
- R-Studio may have crashed when Text/Hexadecimal was opened from the Block information window when working with DDI. Fixed.
- Empty sequences were generated in the Sequences window when the Custom RAID type was selected. Those sequences could not be deleted. Fixed.
- The last valid RAID block order table was saved rather than the current invalid table. Fixed.
- The Get Info window showed wrong file info when sorting had been changed. Fixed.
- Clicking an empty space on the Get Info window opened Hexadecimal editor. Fixed.
- Files remained marked when files were recovered with the Do not recover duplicate files from Extra Found Files option enabled. Fixed.
- Not all information on Overlapping files and Regions when saving file names. Fixed.
- The Find/Mark dialog box didn't preserve selections for the Look At Files/Folders option. Fixed.
- A file and folder may have the same ID on the time/extension sorting tabs. Clicking such object may have resulted in jumping to another object with the same ID. For example, to a file with an ID randomly coinciding with the ID of a folder. Fixed.
- Saving file names for marked files didn't save names for files with links in their paths. Only link name was saved without files in the related folder. Fixed.
- Some small interface and cosmetic bugs have been fixed.

ファイルのダウンロード Download