DropDMG for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

LinkOptimizer 5.3.2

DropDMG for Mac は、フォルダやディスク全体を 1 つの圧縮ファイルにパックする OS X のディスクイメージを作成する最も簡単な方法です。 Mac ソフトウェアを配布するためのアップルの推奨フォーマットです。ディスクイメージは、その内容が Finder で直接アクセスできる唯一のアーカイブ形式です。フォルダやファイルをドラッグ&ドロップするだけです。または、既存のディスクイメージまたはアーカイブを DropDMG にドラッグして、サポートされているその他のフォーマットに変換したり、CD または DVD に書き込むことができます.

DropDMG for Mac は、署名付き、暗号化、およびセグメント化されたディスクイメージ、背景画像とカスタムボリュームアイコンを備えた WYSIWYG レイアウト。リッチテキストライセンス契約を複数の言語でサポートしています。多くの時間を節約する機能があり、AppleScript、コマンドライン、Automator.

DropDMG を使って自動化することもできます。
ファイルやフォルダをドラッグアンドドロップするだけで、DropDMG は自動的に何をするかを判断します:ディスクを作成する別の形式に変換したり、ファイルに結合したりすることができます。署名された.dmg ファイル、ローカライズされたソフトウェアライセンス契約、Retina に最適化された背景画像、アプリケーションフォルダへのリンク付きの正確なアイコンレイアウト、ボリュームアイコン。パスワードを割り当て、FileVault よりも柔軟性の高い暗号化されたディスクイメージを作成し、HFS + または APFS ファイルシステムで AES 暗号化を使用してファイルを保護します。未使用スペースを再利用するためのコンパクトなスパースディスクイメージ。圧縮された.dmg ファイル(Disk Utility&rsquo s より小さい)、新しい LZFSE 形式、.sparsebundle ファイル、.zip と.tar.gz アーカイブ、およびハイブリッドディスクイメージを含むすべての主要な形式をサポートします。バックアップとアーカイブを作成し、オフサイトの安全な保管のためにそれらを暗号化し、メディアが元のままであることを確認し、必要に応じて復元できるようにします。ファイル、フォルダ、またはディスクイメージを CD、DVD、または Blu-ray にすばやく書き込むことができます。 OS X のインストーラ DVD を書き込む。マルチセッションのサポートにより、既存の CD にファイルを追加することができます。 Apple Software Restore または Disk Utility を使用して復元するために最適化されたハードドライブ全体のデバイスイメージクローンを作成します。マルチコアプロセッサ向けに最適化され、複数のオペレーションを同時に実行するため、DropDMG がバックグラウンドで処理する間も作業を続けることができます。注:30 日間のトライアルバージョン、または 6 日以上の起動.8997423

ファイルのバージョン LinkOptimizer 5.3.2
ファイル名 LinkOptimizer.dmg
ファイルサイズ 7.6 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.7 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 C-Command Software
更新日 http://c-command.com/dropdmg/
更新時間 2019-09-04
ログを更新する

What's new in this version:

LinkOptimizer 5.3.2
- Fixed: Fixed a crash that could occur when enabling/disabling the Optimize Resolution setting
- Improved: Eliminated a mild cosmetic glitch that happened when using the Settings Presets popup menu for the first time


LinkOptimizer 5.3.1
- Fixed an issue in which multiples of ten could not be entered in the "Safety bleed" field (trailing zeros were removed from values like 10, 20, 30 etc.)


LinkOptimizer 5.3
- New: Links can now be converted to Photoshop PDF
- Fixed an issue in which a copy whose trial period has expired could crash when clicking the Process button
- Fixed an issue in which the selected setting name in the Settings table didn't change to white under dark highlight colors on macOS Mojave


LinkOptimizer 5.2.27
- Fixed an issue in which the Go to Link button didn't work on recent macOS Mojave updates


LinkOptimizer 5.2.26
- Fixed an issue in which an activation dialog could appear on every launch of notarized version even if it was already activated


LinkOptimizer 5.2.25
- Updated: LinkOptimizer is now notarized by Apple


LinkOptimizer 5.2.24
- Fixed an issue in which the option "Merge visible layers" wasn't executed under some rare conditions


LinkOptimizer 5.2.23
- Fixed an issue in which LinkOptimizer could crash when deselecting the Optimize Resolution settings


LinkOptimizer 5.2.22
New:
- Users now can specify PNG conversion options for the conversion of InDesign links to PNG. All Photoshop PNG saving options are available in LinkOptimizer

Fixed:
- Fixed an issue in which some conversion settings remained unpopulated when opening the settings for the first time
- Fixed an issue in which nothing happened when clicking the Process button when the trial period has expired. Now the Registration window will be shown as expected

Improved:
- The selected tab in the Conversion Settings window is now remembered after LinkOptimizer is relaunched
- UI improvements


LinkOptimizer 5.2.21
- Improved error message that notifies user about illegal characters in the path of InDesign document


LinkOptimizer 5.2.20
- Improved: LinkOptimizer's startup and launch scripts don't utilize System Events anymore, which eliminates some rare system errors as well as the necessity for InDesign to require to authorize access to System Events


LinkOptimizer 5.2.19
- Updated: This version puts an end to the hassles and confusion caused by the "Apple Events sandboxing" measure introduced by Apple on macOS Mojave. LinkOptimizer will now check for the necessary Apple Events authorizations on startup. If authorization to control InDesign, System Events or Photoshop was previously revoked by accident, LinkOptimizer will now reset permissions and relaunch itself automatically


LinkOptimizer 5.2.18
- Fixed: LinkOptimizer window can now fit the 15" MacBook retina display under the default screen resolution
- Fixed: Minor UI fixes for Mojave
- Updated: More informative error messages for certain file copying errors


LinkOptimizer 5.2.17
- Fixed an issue in which links could not be analyzed when running a registered copy of LinkOptimizer Lite on macOS Sierra


LinkOptimizer 5.2.16
- Fixed an issue in which an error could occur when relinking images with umlauts and other accented characters in their names


LinkOptimizer 5.2.14
- Updated: Integration of the SoftwareKey licensing system
- Fixed: Fixed a crash in v5.2.13


LinkOptimizer 5.2.12
- Updated: Support for InDesign/Photoshop CC 2019


LinkOptimizer 5.2.11
- Fixed: Fixed an issue in which the background of the file list in the History window turned black on some systems
- Fixed: Numerous UI fixes for Mojave


LinkOptimizer 5.2.10
- New: Support for macOS 10.14 Mojave

ファイルのダウンロード Download