EagleFiler for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

EagleFiler 1.8.2

EagleFiler for Mac は、デジタルファイリングキャビネット、リサーチアシスタント、スニペットコレクタです。ジャーナルの作成、プロジェクトやジョブのすべてのファイルの追跡、お気に入りの Web 記事の保存、財務諸表と領収書の保存、ペーパーレスオフィスの運営、旅行計画、コースノートの収集、電子メールのアーカイブに使用できます購読を勉強したり、料理のレシピや読書を覚えたり、科学論文を保管したり、写真を整理したり、法律事例を収集したり、スクラップブックを組み立てたりすることができます。 Dropbox、Finder タグ、Fujitsu ScanSnap、Growl、Instapaper、iPhone / iPad、LaunchBar、MailTags、OpenMeta、PDFpen OCR、Skim など、Mac.

ワークスの中で最も柔軟なツールです。
特徴:
install:1 つのアプリケーションファイルをドラッグアンドドロップするだけです。他のアプリケーションと統合するために、データベースエンジン、プラグイン、またはスクリプトファイルをインストールする必要はありません。使い慣れた 3 つのペインのインターフェイスと使い勝手が良い、たくさんの力が詰まっています。 RAM とディスクスペースを効率的に使用します。他のアプリケーションとの自動化および統合のための AppleScript サポート。注:30 日間の試用版.8997423

ファイルのバージョン EagleFiler 1.8.2
ファイル名 EagleFiler-1.8.2.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6.8 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 C-Command Software
更新日 http://c-command.com/eaglefiler/
更新時間 2018-01-09
ログを更新する

What's new in this version:

- Tag names can now contain spaces, which improves interoperability with Finder tags. The Search Query Syntax has been updated to support using quotation marks around tag names with spaces
- Adjusted the way tag auto-completion works so that it’s easier to enter new tags whose initial characters are similar to existing tags but differ in case or diacritics. Previously, the system would sometimes alter the initial characters that you had typed, making certain strings impossible enter by typing (though you could paste them)
- The system Share toolbar button (which we had to remove in EagleFiler 1.6.5) is once again supported
- EagleFiler no longer tries to import iCloud Drive temporary files
- Updated to version 1.3.8 of the SkimNotes framework
- The section names in the source list are no longer in all caps, to match the current system apps
- Renamed the To/Cc search scope to Any Recipient
- Worked around a macOS bug that could cause text in the records list to be unreadably condensed (with overlapping letters) when doing a search
- Worked around a macOS bug where the paperclip icon for e-mail attachments didn’t always respond to clicks. Instead, the attachment names are now clickable
- Worked around a PDFKit issue that could prevent ejecting an encrypted library
- Fixed a bug where Reply to Message would use the From address instead of the Reply-To address
- Fixed a bug where a misleading error message would be presented if a secure connection could not be made to the software update server
- Fixed a bug where pressing Command-Delete while editing text in the records list would move the selected record to the trash instead of deleting the text to the beginning of the cell
- Modernized some font selection code

Updated the following sections of the manual:
- How can I rebuild a library?
- How do Finder tags work with EagleFiler?
- Importing Mail From Apple Mail
- Services

ファイルのダウンロード Download