Espionage for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

PyCharm 2020.3.2

Espionage for Mac は、独自のデータセキュリティアプリケーションです。個々のフォルダを暗号化してパスワードで保護し、Finder から直接操作することができます。悪意のある人は、複数のマスターパスワードを持たせて、それぞれが Folder Sets.

という名前の機能を使って独自のフォルダセットを保護して、パスワードを諦めても、データを暗号化するだけでは保護できませんそれ。だからこそスパイナビはデータ暗号化を超えています。隔離された一連のフォルダをそれぞれ保護する複数のマスターパスワードを作成できます。すべての保護されたフォルダは、ロックされているかロック解除されているかによって、完全に異なるデータを宣伝することもできます。 Espionage for Mac は、デフォルトで AES-256 暗号化を特色とし、最も強力な敵からもパスワードを保護するために暗号化を行う、最も安全なスパイニアでもあります.

Espionage for Mac 特長:
セキュリティ専門家のためのソースコードが入手できます。妥当な否認可能性のために設計されています。フォルダセットによる複数のマスターパスワード。あなたの電子メールの 2 つのバージョンをしたいですか?諜報機関はそれを処理することができます。偽のフォルダセットや偽のディスクイメージを作成することで、拒否する暗号化を強化します。 FileVault なしで Espionage を使用している場合、ノートブックの盗難追跡アプリケーション(Undercover など)が動作します。暗号化を無視したスーパーコンピュータ:AES-256 + scrypt。サイレント。スパイピー 3 は、人々が暗号化されたものを知ることを容易にしません。フォルダアクションを使用すると、電子メールを簡単に暗号化できます。メニューバーとキーボードショートカットからフォルダにすばやくアクセスできます。 Time Machine や Dropbox などのお気に入りのバックアップソフトウェアで動作します。オプションで、フォルダのロックが解除されている場合でも、フォルダの内容が Spotlight に表示されないようにします。高品質なカスタマーサポート。はい、恐ろしい顧客サポートの可能性を考えれば、これを機能と考えています。注:14 日間の試用版。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン PyCharm 2020.3.2
ファイル名 pycharm-professional-2020.3.2.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Tao Effect
更新日 https://www.espionageapp.com/
更新時間 2020-12-31
ログを更新する

What's new in this version:

- We have special news for those of you using Mac with an M1 chip: PyCharm 2020.3.2 is out and brings support for Apple Silicon!
- PyCharm supports debugging for Jupyter notebooks. Using Alt + Shift + Enter (or Option + Shift + Enter for Mac), you can do cell-by-cell debugging. We fixed the issue with freezes after resuming the debugging process, so it now works smoothly.
- An issue that was breaking the helpers path and preventing WSL debugger from working is now fixed
- Unused variables sometimes arise in complex assignments. The “Unused local” code inspection identifies such cases and suggests a quick-fix: Remove unused variable. Press Alt + Enter (or Option + Enter for Mac) to see the suggestion and accept it. The quick-fix now removes only the unused variable, not the entire statement.
- PyCharm detects when you are trying to import a non-existing name in CapitalizedWords style. Now PyCharm defines such an identifier as a class and suggests an appropriate quick-fix: “Create class … in module …”. To use the quick-fix, click the lightbulb or press Alt + Enter (or Option + Enter for Mac).

ファイルのダウンロード Download