Fantastical for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

PHP 7.3.23

Fantastical はあなたが実際に楽しむ Mac カレンダーです。 Fantastical を使ってイベントを作成するのは、すばやく、簡単で楽しいです:ワンクリックまたはキーストロークで Fantastical を開き、イベントの詳細を入力して Return を押してください。カレンダー! Fantastical の自然言語エンジンは表現力豊かでインテリジェントなので、独自のスタイルで書くことができます。ファンタスティックは自動的にあなたのイベントの場所を自動的に認識し、あなたの連絡先の人々をイベントに招待することもできます.

Fantastical for Mac 特長:

美しい、すべて新しいデザインの macOS
オリジナル Fantastical for Mac はメニューバーアプリのみでした。ファンタスティック 2 では、メニューバーのメリットと利便性を失うことなく、ファンタスティックを再開発し、フル Mac アプリケーションにしました.

自然言語を使用したイベントとリマインダーを追加しました
ファンタスティックの自然言語エンジンは表現力豊かでインテリジェントなので、スタイル。 Fantastical はイベントの場所を自動的に認識し、連絡先からあなたのイベントに招待することもできます.

カレンダーセットの紹介
Fantastical では、ワンクリックで複数のカレンダーを素早く切り替えることができるため、その時に重要なことに集中できます。数回クリックするだけで、カレンダーを隠して表示することができます.

ミニウィンドウで生産性を最大化
ミニウィンドウを開始したミニウィンドウは、これまで以上に優れています。 Fantastical のミニウィンドウはメニューバーにあり、イベントやリマインダーを即座に作成、編集、表示することができます。 Fantastical 2 では、ミニウィンドウをメニューバーからドラッグすることができ、好きな場所にウィンドウを配置することができます。新しい無限リストを使用すると、イベントやリマインダーをいつでも見つけることができます.

リマインダーもあります.
Fantastical は macOS や iOS と同じリマインダーをサポートしているため、ToDo を最も速く作成または更新できますリスト。新しいリマインダーの作成は、新しいイベントを作成するのと同じくらい簡単です。完了するために必要なものを入力するだけです。ファンタスティック 2 には、集中リマインダーリストとロケーションベースのリマインダーのサポートが追加されています.

独自のカレンダーアカウントを作成する
Fantastical for Mac には CalDAV と Microsoft Exchange 用の独自のエンジンがあります。つまり、カレンダーアカウントを Fantastical に直接追加できます。ファンタスティックは、iCloud、Google、Microsoft Exchange、Yahoo、その他の CalDAV アカウントをサポートしています.

macOS Today ウィジェット、シェアエクステンション、およびアクションエクステンション
Fantastical の Today ウィジェットを使用すると、スケジュールに簡単にアクセスできます。新しい共有と行動の拡張機能により、あなたのカレンダーにデータを簡単に取り込めるようになりました。 Safari、Mail、または拡張機能をサポートする他のアプリでテキストを選択し、すぐに Fantastical.

Power に送信してください.
Fantastical は可用性とスケジューリングをサポートしているため、新しいイベントを作成するときに同僚が利用可能かどうかを素早く確認できます。スケジュールを設定するには、Google Apps や Exchange などのサポート対象のサーバーが必要です。 iCloud は可用性をサポートしていません.

注:21 日間試用版。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン PHP 7.3.23
ファイル名 php-src-php-7.3.23.tar.gz
ファイルサイズ 16.76 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11.5 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Flexibits Inc.
更新日 http://flexibits.com/fantastical
更新時間 2020-10-14
ログを更新する

What's new in this version:

Core:
- Fixed (Bug #69100 has not been fixed for Windows)
- Fixed (Memleak when coercing integers to string via variadic argument)
- Fixed (PHP parses encoded cookie names so malicious `__Host-` cookies can be sent)

Calendar:
- Fixed (Potential type confusion in unixtojd() parameter parsing)

COM:
- Fixed (COM obj parameters passed by reference are not updated)

OPcache:
- Fixed (calc free space for new interned string is wrong)
- Fixed (opcache.file_cache causes SIGSEGV when custom opcode handlers changed)

OpenSSL:
- Fixed (Wrong ciphertext/tag in AES-CCM encryption for a 12 bytes IV)

PDO:
- Fixed (Terrible performance using $query->fetch on queries with many bind parameters)

SOAP:
- Fixed (SoapClient stumbles over WSDL delivered with "Transfer-Encoding: chunked")

Standard:
- Fixed (str_ireplace bug with diacritics characters)
- Fixed (getmxrr test bug)
- Fixed (Modifying bucket->data by-ref has no effect any longer)
- Fixed (Omitting the port in bindto setting errors)

ファイルのダウンロード Download