Fission for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Fission 2.6.0

Fission for Mac では、オーディオ編集はもはや雑用ではありません。ファイルを結合したり、オーディオをトリミングしたりトリムしたり、長いファイルを素早く分割することができます。 Fission は高速編集のために合理化されており、他のオーディオエディタの品質を損なうことなく動作します。原因:オーディオフォーマット間の変換が必要な場合は、Fission for Mac も可能です。 MP3、AAC、Apple Lossless、FLAC、AIFF、および WAV 形式にファイルをすばやくエクスポートまたはバッチ変換します。核分裂はすべてあなたのオーディオの必要性をカバーしています。最後に、簡単なオーディオ編集が到着しました.

Fission for Mac 特徴:

フェード、カット、切り取り& Metadata
Fission を編集すると、必要なすべての標準のオーディオ編集オプションがすぐに手に入ります。複雑すぎる競合他社とは異なり、混乱や鼓動はありません.

品質の低下したオーディオを編集する
Fission は、MP3 や AAC 形式であっても、編集時に品質損失を引き起こすことはありません。

Batch からフォーマットへの変換
Fission のバッチコンバータを使用すると、数多くのファイルを MP3、AAC、Apple Lossless、FLAC、AIFF、WAV.

などの最も一般的なフォーマットに一度に変換できます。フォーマット Conversions
Any file Fission が開くことができるのは、MP3、AAC、Apple Lossless、FLAC、AIFF、または WAV.

Chapterized AAC& MP3 Files
Fission を使用して AAC または MP3 チャプターで拡張ポッドキャストを作成する。

Quick Audio Removal
音声をカットするのが楽ではありませんでした。ちょうど選択してカット!

フル FLAC サポート
FLAC ファイルを編集する必要がある場合は、Fission.

Crop It Out
を保存してください。それを強調表示し、クロップをクリックして、完了しました.

ファイル Joining
単純なドラッグ&ドロップやコピー&ペーストで、複数のファイルを 1 つに結合できます.

Smart Split
自動でファイルを分割します。 LP と DVD の録音に最適です.

インラインゲイン調整
オーディオセクションをハイライトし、ゲインスライダでゲインを調整します.

キューシートサポート
キューシートを使用してファイルを分割するか、またはキューシートファイルに編集内容をエクスポートします.

フェードアウェイ
オーディオをフェードイン

なぜノーマル?
ノーマライズ機能で一定の音量レベルを再生できます.

スプリットポイント
スプリットポイントで分割して複数のファイルを取得することができます.

注:デモバージョンでは、Fission で保存されたオーディオファイルの品質一連のランダムなオーディオフェードで劣化します.8997423

ファイルのバージョン Fission 2.6.0
ファイル名 Fission.zip
ファイルサイズ 12.83 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Rogue Amoeba Software, Inc.
更新日 https://www.rogueamoeba.com/fission/
更新時間 2020-11-03
ログを更新する

What's new in this version:

- Support for MacOS 11 (Big Sur) - Fission now has full compatibility with the forthcoming MacOS 11 (Big Sur)
- Opus Support - Playback of Opus audio files is now supported in Fission
- Compatible formats now offer up sample rates up to 384 kHz
- Devices with changing channel counts now appear correctly in Fission's output device selector
- A crash that could occur when no audio devices were present has been fixed
- Closing one window will no longer pause other windows
- AIFF files larger than specs allow will now load
- If the selected audio playback device disappears, Fission will pause as always. However, it will also now correctly fall back to the system's default output, without pinwheeling
- Improvements have been made for chapterized files
- Alignment corrections have been made for slider knobs
- Error reporting in Fission's Batch Converter has been updated and improved
- An erroneous “DRCI” tag has been adjusted, to the correct “ICRD” tag. In addition, “esds” AAC_SBR audio object types are now correctly supported
- Adjustments for AAC files provide better compatibility with legacy software
- Issues with the PNG color profile have been corrected
- The keyboard shortcut for Fission's “Start” window has been updated from command-1 to command-0, for consistency with other Rogue Amoeba apps
- Fission's Preferences window now provides details on anonymous data usage
- Factory resetting Fission now correctly sets the theme to “Match System”
- Several in-app art assets have been corrected for Retina displays
- Fission now requires MacOS 10.13 (High Sierra) or higher. If you're still on 10.12 (or lower), be sure to see our Legacy page

ファイルのダウンロード Download