Folx for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Max 8.1.1

Folx は、真の Mac スタイルのインターフェイスを備えた Mac OS X 用の無料ダウンロードマネージャです。便利なダウンロード管理、柔軟な設定などを提供します。Folx for Mac には、ダウンロードしたコンテンツをソートして保存する独自のシステムがあります.

Folx for Mac 特長:

Freex for Mac
Folx は、網膜ディスプレイをサポートする最新のインターフェイスを備えています。それはダウンロードしたコンテンツをソートして保存する独自のシステムを提供しています。Eltima による、ダウンロードされたファイルのプレビューで、Mac。

Torrent Client for Mac
Folx は強力なトレントクライアントです。アプリはトレントファイルをダウンロードするだけでなく、さまざまなトラッカー用の新しいトレントを作成します。 Folx を使用すると、トレントファイルをダウンロードするのが直感的で簡単です。タグ機能により、ダウンロードしたコンテンツをより迅速かつ簡単に検索できます。 Folx では、あなたのダウンロードタスクの優先順位をつけ、必要に応じてダウンロードとアップロードの速度を制御できます.

Magnet links
トレントトラッカーからファイルをダウンロードすることからフォールスではマグネットリンクを使用してダウンロードできます。後者は、実際のダウンロードを開始する前に別のファイルを保存する必要がないことを意味します。また、P2P テクノロジを使用しているという事実を宣伝することもできません.

Smart tagging system
Folx では、1 つのタグまたは複数のタグで任意のダウンロードを割り当てることができます。この方法で、Folx は [タグ] パネルでダウンロードを並べ替えます。任意のタグをクリックすると、同じタグでマークされた他のファイルが表示されます。あなたのタグ付けのおかげで、ダウンロードしたファイルを Mac 上で簡単に見つけることができるでしょう.

Folx
Folx でのみ提供されるユニークな機能は、ダウンロードを高速にするために 2 つのスレッドでダウンロードを分割できます。中断されたダウンロードを自動的に再開できます。ダウンロードタスクを追加する複数の方法を提供しています.

Folx はあなたのブラウザーにやさしい
Web 上でダウンロードしたいものがある場合、Folx はダウンロードを自動的にキャッチしたり、特定の種類のファイルのみをダウンロードできます。 Folx には、すべてをダウンロードし、選択してダウンロードし、Folx でダウンロードするオプションがあるブラウザ拡張機能もあります。サポートされているブラウザ:Safari、Firefox、Opera、Chrome.

トレント検索 - PRO
PRO Folx のバージョンでは、アプリケーションからトレント検索を直接行うことができます。 Folx PRO では、必要なものを見つけるために複数のトレントトラッカーをブラウズする必要はありません。 Folx にキーワードを入力すると、豊富なトレントリストで検索し、関連する結果のリストを表示します.

高速ダウンロード - PRO
Folx PRO はダウンロードを最大 20 スレッドで分割でき、ダウンロード速度が飛躍的に向上します。

スピードコントロール - PRO
手動で調整するか、フォックスが自動的に最適なトラフィック割り当てを行うように、ダウンロードスピードを完全に制御します.

ダウンロードのスケジュール設定 - PRO
ダウンロードの開始に最も適した時間を選択し、フォルクススがどのように動作するかを設定できます PRO
Folx でダウンロードされたすべての音楽とビデオは、ダウンロードしたタグに名前が付けられた iTunes プレイリストに自動的に移動されます.

ログインとパスワードを記入してください - PRO
ウェブから新しいダウンロードを開始する認証が必要な場合は、Folx にログインとパスワードを覚えてもらうことができます。次回は Folx がこのウェブサイトからダウンロードしているので、ログインとパスワードを入力する必要はありません。 Folx では、FTP および HTTP Web サイトのパスワードを保持することもできます。 Folx の無料版では、2 つのエントリを保存できます。 Web 認証を必要とする Web サイトもサポートされています.

インターネットからビデオをダウンロード - PRO
ダウンロードしたビデオのフォーマットを設定することが可能な Folx で Web からビデオをダウンロードします。また、年齢制限付き動画と非公開動画をダウンロードすることもできます。実際にビデオを必要とせず、サウンドトラックだけを望むときは、Folx は大きな助けになります!ダウンロードは、手動で、ビデオの検出直後に、または特定のスケジュールで実行できます.

注:未登録のバージョンでは機能が制限されています。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Max 8.1.1
ファイル名 Max811_191112.dmg
ファイルサイズ 512 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Eltima Software
更新日 http://mac.eltima.com/download-manager.html
更新時間 2019-11-13
ログを更新する

What's new in this version:

New Features:
- Preferences: ask to restart Max when glengine / translations prefs change (if needed)

Fixed Bugs:
- Audio Drivers: prevent crash if there are no audio devices present
- Dialog box: closing save dialog box via 'X' no longer closes unsaved patcher
- Embedded / factory fonts: prioritize versions in the distro
- Fonts: "light" font types render properly (Windows)
- Gen: inlet/outlets update properly while editing Max for Live device
- Inspector / parameter window: fixed modmode menu
- Inspector: fixed crash when dragging attribute
- Inspector: fixed potential crash when selecting an object with inspector open
- Inspector: view is refreshed after undo
- jit.gl.lua: fixed crash when using a lua file in frozen M4L device
- Gen: fixed crash pasting Max objects into a Gen patcher
- jit.gl.multiple: fix issues with pass effects that require VELOCITY and target object is bound to a material with a texture
- jit.gl.pass: fixed file reading from a collective
- jit.release: outputs correct signal types
- jit.wake: attrui updates appropriately for "group" attrs
- jit.world: fixed @output_matrix 1 crash on Intel_Iris GPU (Mac)
- js: fixed crash when sending patchername message to poly~
- live.* ui objects: fixed issues with output if scripted in a bpatcher when pattrstorage @greedy 1 is present in parent patcher
- live.object: always pass full resolution floats back to Live
- M4L: fixed crashing related to transport synchronization
- M4L: improved launching Max editor from Live (Mac)
- Max Console: fixed crash after an object that posts is deleted
- mc.gen: mc_channelcount updates after chans attribute change
- mxj: fixed issues with crashing, opening files, recover edits, etc
- Patcher: showontab attribute is now a three-state enum (none, parent, top-level) instead of on-off
- pattrstorage: pattr objects are properly registered when scripted
- pfft~: fixed crash on patcher close
- Ref sidebar window: fixed potential crash
- Patching: fixed locked patcher context menu
- Snapshots: no longer stores truncated float values
- Standalones: no longer unnecessarily complain about missing files (Win)
- tabbed patchers: tabs retained when creating a new view
- Toolbar: removed extraneous ampersand in "Patcher Windows" context menu
- umenu / live.menu / context menus: no longer block the scheduler while drop-down list is displayed (Mac)
- vst~: correct VST3 Waves shell plugins load
- vst~: fixed native editor UI rendering issues with some plugins
- vst~/vstscan: scanning no longer blacklists non-signed plugs
- Windows dependencies: prefer dependencies in the distro (libcef.dll, viddll/ffmpeg dlls, etc.)

ファイルのダウンロード Download