FUSE for macOS、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

FUSE 3.10.5

FUSE for macOS(OSXFUSE)は、サードパーティのファイルシステムを介して macOS のネイティブファイル処理機能を拡張することを可能にします。 MacFUSE は数十の製品でソフトウェアビルディングブロックとして使用されていますが、もはやメンテナンスされていません.

FUSE for macOS 特長
ユーザーとして、FUSE for macOS ソフトウェアパッケージをインストールすると、サードパーティの FUSE ファイルシステムを使用できます。従来の MacFUSE ファイルシステムは、オプションの MacFUSE 互換レイヤーでサポートされています.

開発者は、FUSE SDK を使用して、さまざまな種類の新しいファイルシステムを通常のユーザースペースプログラムとして作成できます。これらのファイルシステムの内容は、ローカルディスク、ネットワーク全体、メモリ、または他のソースの組み合わせから、どこからでも取得できます。 FUSE を使用したファイルシステムの作成は、従来のカーネル内ファイルシステムの作成方法よりもずっと簡単で迅速です。 FUSE ファイルシステムは(カーネル拡張ではなく)通常のアプリケーションであるため、標準の macOS アプリケーションを開発していた場合と同様に、プログラミングツール、デバッガ、ライブラリの柔軟性と選択肢があります.

どうすればいいですか?
FUSE は、macOS 上のユーザ空間プログラムに完全に機能するファイルシステムを実装することを可能にするメカニズムを実装しています。複数の API を提供しています。そのうちの 1 つは、Linux で作成された FUSE API(ユーザー空間のファイルシステム)のスーパーセットです。したがって、既存の多くの FUSE ファイルシステムは、macOS 上で容易に使用できるようになりました.

FUSE for macOS ソフトウェアは、カーネル拡張とさまざまなユーザー空間ライブラリとツールで構成されています。これには C ベースおよび Objective- C ベースの SDK が付属しています。関連する言語バインディングをインストールした後で、別の言語(Python や Java など)を好む場合は、それらの言語でファイルシステムを作成する必要があります.

ファイルシステムリポジトリには、いくつかの便利で便利なファイルシステムのソースコードがあります sshfs、procfs、AccessibilityFS、GrabFS、LoopbackFS、SpotlightFS、および YouTubeFS.

など、コンパイル、ビルドすることができます

ファイルのバージョン FUSE 3.10.5
ファイル名 osxfuse-3.10.5.dmg
ファイルサイズ 6.7 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.5 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Benjamin Fleischer
更新日 https://osxfuse.github.io/
更新時間 2020-06-04
ログを更新する

What's new in this version:

- Add support for Xcode 11.4 and 11.5
- Delay ATTR_VOL_CAPABILITIES requests until the file system is fully initialized. This could lead to case-sensitive file systems being treated as case-insensitive, which in turn resulted in errors when changing the case of file names.
- Fix a race condition when unmounting volumes. When mounting a volume the kernel issues a vfsop_getattr call to query the file system's attributes. At the same time the file system might be unmounted, causing the mount point data to be freed, although still being needed by the vfsop_getattr call.
- Fix vnode lookup when invalidating cache. File IDs were cast to a 32 bit type in kernel space, which meant we lost the upper 32 bits of 64 bit file IDs. See #664 for details.
- Use _DARWIN_FEATURE_64_BIT_INODE instead of _DARWIN_USE_64_BIT_INODEto check if support for 64 bit file IDs is enabled
- Remove external includes from libfuse to make the library independent from the rest of the code base
- Fix an error in the libfuse API documentation
- Update build script to generate dSYM files for debug builds
- The license has changed. Starting with the 3.10.0 release, redistributions bundled with commercial software are not allowed without specific prior written permission.

ファイルのダウンロード Download