FUSE for macOS、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

FUSE 3.7.0

FUSE for macOS(OSXFUSE)は、サードパーティのファイルシステムを介して macOS のネイティブファイル処理機能を拡張することを可能にします。 MacFUSE は数十の製品でソフトウェアビルディングブロックとして使用されていますが、もはやメンテナンスされていません.

FUSE for macOS 特長
ユーザーとして、FUSE for macOS ソフトウェアパッケージをインストールすると、サードパーティの FUSE ファイルシステムを使用できます。従来の MacFUSE ファイルシステムは、オプションの MacFUSE 互換レイヤーでサポートされています.

開発者は、FUSE SDK を使用して、さまざまな種類の新しいファイルシステムを通常のユーザースペースプログラムとして作成できます。これらのファイルシステムの内容は、ローカルディスク、ネットワーク全体、メモリ、または他のソースの組み合わせから、どこからでも取得できます。 FUSE を使用したファイルシステムの作成は、従来のカーネル内ファイルシステムの作成方法よりもずっと簡単で迅速です。 FUSE ファイルシステムは(カーネル拡張ではなく)通常のアプリケーションであるため、標準の macOS アプリケーションを開発していた場合と同様に、プログラミングツール、デバッガ、ライブラリの柔軟性と選択肢があります.

どうすればいいですか?
FUSE は、macOS 上のユーザ空間プログラムに完全に機能するファイルシステムを実装することを可能にするメカニズムを実装しています。複数の API を提供しています。そのうちの 1 つは、Linux で作成された FUSE API(ユーザー空間のファイルシステム)のスーパーセットです。したがって、既存の多くの FUSE ファイルシステムは、macOS 上で容易に使用できるようになりました.

FUSE for macOS ソフトウェアは、カーネル拡張とさまざまなユーザー空間ライブラリとツールで構成されています。これには C ベースおよび Objective- C ベースの SDK が付属しています。関連する言語バインディングをインストールした後で、別の言語(Python や Java など)を好む場合は、それらの言語でファイルシステムを作成する必要があります.

ファイルシステムリポジトリには、いくつかの便利で便利なファイルシステムのソースコードがあります sshfs、procfs、AccessibilityFS、GrabFS、LoopbackFS、SpotlightFS、および YouTubeFS.

など、コンパイル、ビルドすることができます

ファイルのバージョン FUSE 3.7.0
ファイル名 osxfuse-3.7.0.dmg
ファイルサイズ 6.63 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.5 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Benjamin Fleischer
更新日 https://osxfuse.github.io/
更新時間 2017-09-10
ログを更新する

What's new in this version:

- Add support for file systems with more than UINT32_MAX blocks
- By default struct statvfs is used to query file system statistics. Block counts are stored in struct statvfs as 32 bit integer values. Starting with this release struct statfs, which supports 64 bit block counts, can be used instead: For file systems using the low-level API use fuse_reply_statfs_x() instead of fuse_reply_statfs() to finish statfs() callbacks; For file systems using the high-level API implement the statfs_x() callback instead of statfs(); For file systems using the Objective-C framework no change is required.
- Add support for posting file system events on OS X 10.11 and later
- Shared file systems need to notify the kernel about external changes. Starting with this release file system events will be posted, so that subscribed user-space applications, like Finder, can reflect remote changes instantly. The kernel will post file system events if it receives one of the following notifications: FUSE_NOTIFY_INVAL_INODE, FUSE_NOTIFY_INVAL_ENTRY, or FUSE_NOTIFY_DELETE. File system events will be posted in case remote changes are detected when loading vnode attributes.
- Add support for FUSE_NOTIFY_DELETE notifications
- File systems using the low-level API can call fuse_lowlevel_notify_delete() to inform the kernel that a file or directory has been deleted remotely. The kernel will then invalidate the parent's attributes and delete the corresponding directory entry. See fuse/fuse_lowlevel.h for details
- Fix kernel panic when processing FUSE_NOTIFY_INVAL_INODE notifications
- Acquiring a look on a kernel thread and then unlocking it on a different thread can cause a kernel panic on macOS 10.13 when running a debug or development kernel
- Minor code cleanup of kernel extension

ファイルのダウンロード Download