Gemini for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GDevelop 5.0.0 Beta 80

重複したファイルを見つけて Gemini for Mac で拭き取ってください。これはスマートで、レーザーで正確で、Mac 上の膨大なスペースを回復します。重複したファイルを実行することができます。しかし、彼らは隠れることはできません。これで& Gemini for Mac でそれらを削除してください!今すぐダウンロードしてインストールしてください!

Gemini for Mac 特長:

重複を検出して削除します.
重複したファイルがシステムの遠隔地にある場合でも、そのファイルを配置して削除してください。 Gemini 2 はどれほど大規模であっても、ディスク全体のスピードを速くスキャンします。スキャン結果を調べ、消去するファイルを手で選んでください。スマートセレクトにすべての作業をさせてください.

スポットとシュリンプ similars
ちょうど重複のように、similars はスペースワイターです。さて、ジェミニ 2 はそれらを後にしています。見た目がよく見えるファイルを見て、その違いを見て、必要のないファイルを削除します。彼らはあなたが占めるすべてのスペースをより良く使います.

スマートです。スマートになっています
ジェミニはスマートです。オリジナルからのコピーを簡単に伝えます。それは、どのファイルを元の状態に保つかを知っています。しかし、最善のことは、それがあなたのやり方で重複を選択することを学ぶことです。ジェミニのアルゴリズムは、あなたが削除したものと保存するものを記憶しています。それはあなたが訓練している見習いのようなものです.

シンプルはスティラーです
ジェミニは慎重に超シンプルに作られています。あなたがする必要があるものは何でも— 重複を詳細に表示したり、それらをすばやく破棄したりできます。数回のクリックが必要です。それは良い重複ファインダーがするものなので、物事をよりシンプルにしてくれます.12535896
いいのために削除されたものはありません。あなたが言うまであなたは間違ったファイルを間違って失う心配はありません。ジェミニは重複をゴミ箱に移動し、クリックして戻すことができます。 Mac からコピーを削除したい場合は、削除してください。彼らをあなたの道から去らせたいならば、それらを遠くのフォルダに隠しておきなさい。それはあなたの呼び出しです.

注:デモ版では、見つかった重複をすべて削除することはできません。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン GDevelop 5.0.0 Beta 80
ファイル名 gdevelop-5.0.0-beta80.dmg
ファイルサイズ 94.7 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 MacPaw Inc.
更新日 http://macpaw.com/gemini
更新時間 2019-09-09
ログを更新する

What's new in this version:

New features:
- Add new experimental extension: "Dialogue Tree" speech_balloon
-- Construct advanced dialogue tree with an editor like Yarn and load them in your events.
-- In a next version, Yarn will be integrated into GDevelop for authoring the dialogue directly from the editor.

Add effects sparklerfor layers:
-- Choose amongst several different effects: sepia, noise, night, etc...
-- Update the effect parameters during the game with events.
- In a next version, more effects will be provided through extensions.
-- Learn more about effects on this wiki page!

Improvements
- Add context menu options to add new scene/external layout/external events or extension
- Add search bar in instances list
- Update some buttons to make them more intuitive to use
- Update field colors to make clearer the input areas
- Improve Layers editor
- Add more argument types in objecttools.js
- Add getObjectsLists to eventsFunctionContext to directly manipulate objects lists in JavaScript.
- Update games exported to Windows/macOS/Linux to Electron 3.0.9 (for better compatibility and better performance)

Bug fixes:
- Fix some typos
- Fix the selection area for ForEach/Repeat being too large
- Fix focusing of fields when editing a parameter by clicking on it in the Events Sheet
- Fix clicking outside Color Picker not closing the picker
- Fix positioning of flipped Sprite object with the Platformer Character behavior
- Fix crash when Text object font is set to 0
- Fix fill opacity of Shape Painter object always 0 in editor
- Fix objects/parameters/extensions wrongly allowing empty string as name
- Prevent empty names to be entered for scene/external layouts/external events
- Fix clicking on group when editing their name wrongly opening the editor
- Fix video object not playing/crashing on Chrome
- Rework subscriptions to support 3D Secure
- Fix crash when using some translations
- Fix object type change not properly applied when editing a behavior
- Fix "Is Ended" condition for Video object

ファイルのダウンロード Download