GeoServer for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GeoServer 2.8.1

GeoServer for Mac は、ユーザーが地理空間データを表示および編集できるようにする Java ベースのソフトウェアサーバーです。 Open Geospatial Consortium(OGC)のオープンスタンダードを使用すると、GeoServer for Mac は地図作成とデータ共有に大きな柔軟性をもたらします.

空間データのオープンと共有
GeoServer では、空間情報を世界に表示できます。 GeoServer は、Web マップサービス(WMS)標準を実装して、さまざまな出力形式でマップを作成できます。無料のマッピングライブラリである OpenLayers が GeoServer に統合されているため、マップの作成が迅速かつ容易になります。 GeoServer はオープンソースの Java GIS ツールキット Geotools 上に構築されています.

無料のオープンソースソフトウェアを使用しています
GeoServer はフリーソフトウェアです。これにより、従来の GIS 製品と比較した場合の参入に対する財政的障壁が大幅に低下します。さらに、無料で利用できるだけでなく、オープンソースでもあります。オープンソースソフトウェアのバグ修正と機能改善は、従来のソフトウェアソリューションと比べて大幅に加速されています。組織内の GeoServer を活用することで、ソフトウェアのロックインが防止され、コストのかかるサポート契約が削減されます.

既存マッピング API との統合
GeoServer は、Google Maps、Google Earth、Yahoo Maps、Microsoft Virtual Earth などの一般的なマッピングアプリケーション。さらに、GeoServer は、ESRI ArcGIS.

Also などの従来の GIS アーキテクチャにも接続できます。Available:Windows 用 GeoServer のダウンロード

ファイルのバージョン GeoServer 2.8.1
ファイル名 geoserver-2.8.1.dmg
ファイルサイズ 106.53 MB
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Open Source Geospatial Foundation
更新日 http://geoserver.org/
更新時間 2015-11-19
ログを更新する

What's new in this version:

- Multidimensional GRIB / NetCDF / NetCDF Output modules promoted to extension
- Fixed query parameters in SLD external graphic
- Fixed legend preview with SLD external graphic
- Fixed multiline labels in PDF WMS request with translation
- Fixed layer preview GML links for app-schema layers
- Fixed JMS clustering to use qualified names for layers, layer groups, and styles
- Avoid catalog linear scans in GWC integration listeners
- Fixed OpenLayers preview with the authkey module enabled

Bug:
- Empty filter causes IndexOutOfBoundsException
- RESTConfig "styles" list does not get generated if a style is missing its associated sld file
- Creating SQL Views via RESTConfig as JSON fails
- externalGraphic with relative path and query parameters problem
- Multiline Labels are not properly displayed when a translation is applied to a pdf WMS Request
- Layer Security - Catalog Mode
- WCS 2.0.1 can build BoundedBy with wrong axis order
- WCS 2.0.1 can send coverage in wrong format
- JSON totalFeatures can be wrong with spatial filters in WFS 1.1.0
- New layerGroup via REST ignores styles in a workspace
- Documentation on REST "Resource reset" with errors
- Preview of external graphics in SLD style
- WMS 1.1 Capabilities document does not match DTD - missing Title in style
- Geofence integrated server extension
- Default GML links in Layer Preview page do not work for app-schema layers
- gs:DownloadEstimator should check size is less than Integer.MAX_VALUE
- Render (or transform) fails on Multipolygon but not on polygon
- Proposals section refers to wrong Links
- Maven Cobertura plugin does not work
- JMS based cluster should use qualified names for Layers and Layergroups
- Migration WFSDataStore geoserver 2.4 to 2.8 fails
- JMS Clustering should prefix Styles names with workspace
- Avoid catalog linear scans in GWC integration listeners
- GDAL WCS output format fails to encode gray/alpha images in Geospatial PDF
- OpenLayers preview does not work if authkey community module is enabled
- Using on the fly meta tiling in WMS request may result in rendered images not being disposed of
- NETCDF Z index load errors
- RawDataPPIO does not close InputStreams it opens
- GeoTiffPPIO can return the source file of a processed coverage

Task:
- Document GetFeatureInfo on layergroup
- GSIP-134 - Promote multidimensional modules (GRIB,NetCDF) to Extension
- Fix explicit dependency to joda-time 2.2

Improvement:
- WCS should force usage of imageread
- Features counted twice for WFS queries with GeoJSON responses
- Add scaling support to WPS gs:Download process
- Defer bounds calculation during import

ファイルのダウンロード Download