Get Backup Pro for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Node.js 14.0.0

Get Backup Pro for Mac は、フォルダ同期機能を備えた強力なバックアップおよびディスク複製ユーティリティです。 Mac 用の Backup Pro、バックアップ、アーカイブ、ディスククローン、およびフォルダ同期ソフトウェアを入手することで、データを安全に保つことができます。データのバックアップ、起動と暗号化されたバックアップの作成、フォルダの同期、システム障害や情報の損失が発生した場合でもデータが安全に保存されていることを確認してください。それを想像してみてください。ある日、すべての家族の写真、貴重な書類、電子メールで Mac を起動することは拒否されます。このような状況で自分自身を見つけてはいけません。今すぐファイルをバックアップしてください!

データ Backup
バックアップデータを取得してデータのコピーを作成してください。作成されたバックアップはインクリメンタルです。つまり、元のバックアップ中に存在しなかった新しいファイルだけがコピーされます。各後続のバックアップでは、元のファイルにハードリンク * を使用しているため、バックアップフォルダはフルバックアップのように見えますが、元のファイルに比べると追加の記憶スペースはほとんどありません。 iTunes、メール、連絡先、ドキュメント、写真のテンプレートを使用してバックアップを作成します。自動バックアップスケジュールを設定します.

セキュアバックアップ簡単な方法でアーカイブします.
AES-128、AES-256、Blowfish、または Triple DES を使用して完全、バージョン管理、または増分バックアップアーカイブを暗号化します。自動バックアップスケジュールを設定し、ファイルを外部ディスク、ネットワークボリューム、または CD と DVD にアーカイブすることを選択し、Get Backup Pro でデータを安全に保つことができます。その後、Get Backup Pro をインストールしなくても、任意のコンピュータ上のアーカイブを復元することができます.

Bootable Backups from Cloning
新しいディスクへの移行は決して容易ではありません。クローン機能を使用すると、ディスクボリュームをクローンしていつでも起動できるバックアップディスクを取得できます。 Mac のディスクに障害が発生した場合は、取り出してクローンディスクと交換して、時間を失うことなく作業に戻ることができます。新しいディスクを待っている場合は、クローンを外付けドライブとして起動します。

あなたの Mac のファイルとフォルダを別のコンピュータや同期機能を使ってマウントされたドライブと同期させることができます。双方向の同期を使用して一方向の同期または両方の場所のファイルの更新。ファイルをバックアップする場合と同様に、任意の日に特定の時刻に同期プロジェクトを実行するようにスケジュール設定することができますので、Get Backup Pro で作業を行います.

Get Backup Pro 主な機能:

インクリメンタルバックアップと圧縮バックアップ
スペースを節約できるフルバックアップと増分バックアップ。圧縮されたバックアップは、アーカイブのサイズを最大 60%まで縮小します.
 
Bootable Backups
ハードドライブのブート可能クローンを作成して、クラッシュ時に起動して使用できるバックアップディスクを取得します.

暗号化アーカイブバックアップ
アーカイブを暗号化する AES-128、AES-256、Blowfish、または Triple DES.
を使用したバックアッププロの取得
外部またはネットワークボリュームへのバックアップ
外部デバイスおよびドライブへのバックアップまたは自動マウントできるネットワークボリュームへのバックアップ

CD および DVD
バックアップマルチ - サードパーティ製の書き込みソフトウェアを使用せずに CD または DVD にボリュームをバックアップすることができます.
 
自動バックアップと同期
プロジェクトのマウント後に、指定した日時またはプロジェクトの直後に自動的にプロジェクトのバックアップ、アーカイブ、スケジュールされたバックアップ
Backup Pro はスケジュールされたバックアップのためにステルスモードで起動し、自動的に終了します。すべてのスケジュールされたプロセスが完了した後に、ファイルを削除します.
 
Folder Synchronization
単方向および双方向の sync.

と同期した 2 つの異なる場所にファイルを保存します.
iTunes、フォト、メール、連絡先、およびドキュメントのフォルダからデータを簡単に追加できます.
 
任意のコンピュータに復元
すばやく簡単に Get Backup Pro をインストールしなくても、Mac にバックアップを復元することができます.

注:30 日間試用版.8997423

ファイルのバージョン Node.js 14.0.0
ファイル名 node-v14.0.0.pkg
ファイルサイズ 30.1 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 BeLight Software, Ltd.
更新日 http://www.belightsoft.com/products/getbackup/
更新時間 2020-04-22
ログを更新する

What's new in this version:

Deprecations:
- (SEMVER-MAJOR) crypto: move pbkdf2 without digest to EOL
- (SEMVER-MAJOR) fs: deprecate closing FileHandle on garbage collection
- (SEMVER-MAJOR) http: move OutboundMessage.prototype.flush to EOL
- (SEMVER-MAJOR) lib: move GLOBAL and root aliases to EOL
- (SEMVER-MAJOR) os: move tmpDir() to EOL
- (SEMVER-MAJOR) src: remove deprecated wasm type check
- (SEMVER-MAJOR) stream: move _writableState.buffer to EOL
- (SEMVER-MINOR) doc: deprecate process.mainModule
- (SEMVER-MINOR) doc: deprecate process.umask() with no arguments

ECMAScript Modules - Experimental Warning Removal:
- module: remove experimental modules warning
- In Node.js 13 we removed the need to include the --experimental-modules flag, but when running EcmaScript Modules in Node.js, this would still result in a warning ExperimentalWarning: The ESM module loader is experimental.
- As of Node.js 14 there is no longer this warning when using ESM in Node.js. However, the ESM implementation in Node.js remains experimental. As per our stability index: “The feature is not subject to Semantic Versioning rules. Non-backward compatible changes or removal may occur in any future release.” Users should be cautious when using the feature in production environments.
- Please keep in mind that the implementation of ESM in Node.js differs from the developer experience you might be familiar with. Most transpilation workflows support features such as optional file extensions or JSON modules that the Node.js ESM implementation does not support. It is highly likely that modules from transpiled environments will require a certain degree of refactoring to work in Node.js. It is worth mentioning that many of our design decisions were made with two primary goals. Spec compliance and Web Compatibility. It is our belief that the current implementation offers a future proof model to authoring ESM modules that paves the path to Universal JavaScript. Please read more in our documentation.
- The ESM implementation in Node.js is still experimental but we do believe that we are getting very close to being able to call ESM in Node.js “stable”. Removing the warning is a huge step in that direction.

ew V8 ArrayBuffer API:
- src: migrate to new V8 ArrayBuffer API
- Multiple ArrayBuffers pointing to the same base address are no longer allowed by V8. This may impact native addons

Toolchain and Compiler Upgrades:
- (SEMVER-MAJOR) build: update macos deployment target to 10.13 for 14.x
- (SEMVER-MAJOR) doc: update cross compiler machine for Linux armv7
- (SEMVER-MAJOR) doc: update Centos/RHEL releases use devtoolset-8
- (SEMVER-MAJOR) doc: remove SmartOS from official binaries
- (SEMVER-MAJOR) win: block running on EOL Windows versions
- It is expected that there will be an ABI mismatch on ARM between the Node.js binary and native addons. Native addons are only broken if they
- interact with std::shared_ptr. This is expected to be fixed in a later version of Node.js 14
- Update to V8 8.1
- (SEMVER-MAJOR) deps: update V8 to 8.1.307.20

Other Notable Changes:
- cli, report: move --report-on-fatalerror to stable
- deps: upgrade to libuv 1.37.0
- fs: add fs/promises alias module

ファイルのダウンロード Download