Get Backup Pro for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

jAlbum 23.0

Get Backup Pro for Mac は、フォルダ同期機能を備えた強力なバックアップおよびディスク複製ユーティリティです。 Mac 用の Backup Pro、バックアップ、アーカイブ、ディスククローン、およびフォルダ同期ソフトウェアを入手することで、データを安全に保つことができます。データのバックアップ、起動と暗号化されたバックアップの作成、フォルダの同期、システム障害や情報の損失が発生した場合でもデータが安全に保存されていることを確認してください。それを想像してみてください。ある日、すべての家族の写真、貴重な書類、電子メールで Mac を起動することは拒否されます。このような状況で自分自身を見つけてはいけません。今すぐファイルをバックアップしてください!

データ Backup
バックアップデータを取得してデータのコピーを作成してください。作成されたバックアップはインクリメンタルです。つまり、元のバックアップ中に存在しなかった新しいファイルだけがコピーされます。各後続のバックアップでは、元のファイルにハードリンク * を使用しているため、バックアップフォルダはフルバックアップのように見えますが、元のファイルに比べると追加の記憶スペースはほとんどありません。 iTunes、メール、連絡先、ドキュメント、写真のテンプレートを使用してバックアップを作成します。自動バックアップスケジュールを設定します.

セキュアバックアップ簡単な方法でアーカイブします.
AES-128、AES-256、Blowfish、または Triple DES を使用して完全、バージョン管理、または増分バックアップアーカイブを暗号化します。自動バックアップスケジュールを設定し、ファイルを外部ディスク、ネットワークボリューム、または CD と DVD にアーカイブすることを選択し、Get Backup Pro でデータを安全に保つことができます。その後、Get Backup Pro をインストールしなくても、任意のコンピュータ上のアーカイブを復元することができます.

Bootable Backups from Cloning
新しいディスクへの移行は決して容易ではありません。クローン機能を使用すると、ディスクボリュームをクローンしていつでも起動できるバックアップディスクを取得できます。 Mac のディスクに障害が発生した場合は、取り出してクローンディスクと交換して、時間を失うことなく作業に戻ることができます。新しいディスクを待っている場合は、クローンを外付けドライブとして起動します。

あなたの Mac のファイルとフォルダを別のコンピュータや同期機能を使ってマウントされたドライブと同期させることができます。双方向の同期を使用して一方向の同期または両方の場所のファイルの更新。ファイルをバックアップする場合と同様に、任意の日に特定の時刻に同期プロジェクトを実行するようにスケジュール設定することができますので、Get Backup Pro で作業を行います.

Get Backup Pro 主な機能:

インクリメンタルバックアップと圧縮バックアップ
スペースを節約できるフルバックアップと増分バックアップ。圧縮されたバックアップは、アーカイブのサイズを最大 60%まで縮小します.
 
Bootable Backups
ハードドライブのブート可能クローンを作成して、クラッシュ時に起動して使用できるバックアップディスクを取得します.

暗号化アーカイブバックアップ
アーカイブを暗号化する AES-128、AES-256、Blowfish、または Triple DES.
を使用したバックアッププロの取得
外部またはネットワークボリュームへのバックアップ
外部デバイスおよびドライブへのバックアップまたは自動マウントできるネットワークボリュームへのバックアップ

CD および DVD
バックアップマルチ - サードパーティ製の書き込みソフトウェアを使用せずに CD または DVD にボリュームをバックアップすることができます.
 
自動バックアップと同期
プロジェクトのマウント後に、指定した日時またはプロジェクトの直後に自動的にプロジェクトのバックアップ、アーカイブ、スケジュールされたバックアップ
Backup Pro はスケジュールされたバックアップのためにステルスモードで起動し、自動的に終了します。すべてのスケジュールされたプロセスが完了した後に、ファイルを削除します.
 
Folder Synchronization
単方向および双方向の sync.

と同期した 2 つの異なる場所にファイルを保存します.
iTunes、フォト、メール、連絡先、およびドキュメントのフォルダからデータを簡単に追加できます.
 
任意のコンピュータに復元
すばやく簡単に Get Backup Pro をインストールしなくても、Mac にバックアップを復元することができます.

注:30 日間試用版.8997423

ファイルのバージョン jAlbum 23.0
ファイル名 jAlbum.dmg
ファイルサイズ 138 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 BeLight Software, Ltd.
更新日 http://www.belightsoft.com/products/getbackup/
更新時間 2020-11-18
ログを更新する

What's new in this version:

News and Updates:
- 30 new trial days for everyone. Free update to anyone who is on a current support and update plan
- Faster/snappier Explorer view. Feels 30-50% faster on a 4 core CPU
- Faster album remakes (around 20% on a 4 core CPU), due to better use of multiple threads
- Faster filter processing due to better use of multiple threads. Image filters are now required to be thread safe (i.e. not contain state that changes during execution of the filter() method). (Filters that aren't thread safe should have their filter() method marked with the java "synchronized" keyword.)
- Faster initialization of consecutive album builds. Cuts about one second from album builds.
- Now allows hiding of web pages. (For supporting skins only. See Story skin)
- New "Last tool" menu item that executes the last used tool, including external tools and plugins. It's bound to the CTRL/CMD+L shortcut and can be accessed from both the Explore view and Edit view. This feature considerably speeds up accessing a commonly used tool while moving through album objects.
- Improved drag and drop behavior: You can now decide to either position dropped files on the caret location (jAlbum switches to Custom ordering) or to let the default folder ordering decide the position. The behavior depends on where you drop (drop in the margin area to let the folder decide)
- When jAlbum switches sort ordering for a folder, this is now indicated clearly with an animated text
- Updated metadata-extractor library to v2.15. Now reads Exif from PNG and HEIC/HEIF images and supports MP4 GPS coordinates among other fixes and improvements.
- Now allows ordinary web pages to be put inside the "res" folder (included in "res" folder of output)
- New "Import comments from rss file" external tool to import comments from really old albums (prior to jAlbum 8.14).
- Paints user installed external tools in bold (Windows + Linux)
- jAlbum's text editor and system console now understands Lua language syntax too
- jAlbum's text editor now adjusts the line number font size in accordance to the text font size
- Updated JNA library from v4.5 to v5.6 thereby improving compatibility and performance when interacting with native OS calls.
- Paints hidden items somewhat darker now for better visibility on bright look and feels
- Updated non-thread safe filters XBorderFilter, AutoFilter and PropertyChangingFilterWrapper to be synchronized
- Updated bundled skins
- Updated translations. Thank you dear translators!

Bug-fixes:
- Mac version wouldn't work properly on Mac "Big Sur" OS (object deletes, skin updates for instance)
- Fix to occasional make album crash when switching skins directly followed by making albums
- jAlbum should now never accidentally suggest to upload a gallery to a folder called "album"
- jAlbum now remembers even if you upload to the root of your ftp directory (valid for non jalbum.net accounts). It would previously always suggest the project name unless a target folder was set.
- Color selector wouldn't work under Java 8
- jAlbum now remembers the sort order and adds newly added files to the right ordered location if you add files using the "Add" button. So if you have "Order by camera date" set for instance, then adding files using the "Add" button will put them in the right order directly (required a screen refresh before)
- Dropped items were not always positioned correctly
- Fixed bug where nothing was printed to the system console if one executed "print" in JavaScript from within the console (swapping back and forth between languages resolved it though)
- Dropped items would be re-arranged surprisingly on next screen refresh
- Fix to incorrect references to global context (wrong engine could sometimes be referred to)
- Woudln't print camera dates older than Jan 1 1970 in the tool-tips of objects of the Explore view
- Fixed repainting of thumbnails when "Hide" is toggled
- Revisiting the Arty image tool in edit mode several times for the same image would result in multiple versions of the Arty UI
- jAlbum's text editor didn't remember the last selected font size
- Division by zero error when processing empty albums

ファイルのダウンロード Download