Get Backup Pro for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Get Backup Pro 3.4.3

Get Backup Pro for Mac は、フォルダ同期機能を備えた強力なバックアップおよびディスク複製ユーティリティです。 Mac 用の Backup Pro、バックアップ、アーカイブ、ディスククローン、およびフォルダ同期ソフトウェアを入手することで、データを安全に保つことができます。データのバックアップ、起動と暗号化されたバックアップの作成、フォルダの同期、システム障害や情報の損失が発生した場合でもデータが安全に保存されていることを確認してください。それを想像してみてください。ある日、すべての家族の写真、貴重な書類、電子メールで Mac を起動することは拒否されます。このような状況で自分自身を見つけてはいけません。今すぐファイルをバックアップしてください!

データ Backup
バックアップデータを取得してデータのコピーを作成してください。作成されたバックアップはインクリメンタルです。つまり、元のバックアップ中に存在しなかった新しいファイルだけがコピーされます。各後続のバックアップでは、元のファイルにハードリンク * を使用しているため、バックアップフォルダはフルバックアップのように見えますが、元のファイルに比べると追加の記憶スペースはほとんどありません。 iTunes、メール、連絡先、ドキュメント、写真のテンプレートを使用してバックアップを作成します。自動バックアップスケジュールを設定します.

セキュアバックアップ簡単な方法でアーカイブします.
AES-128、AES-256、Blowfish、または Triple DES を使用して完全、バージョン管理、または増分バックアップアーカイブを暗号化します。自動バックアップスケジュールを設定し、ファイルを外部ディスク、ネットワークボリューム、または CD と DVD にアーカイブすることを選択し、Get Backup Pro でデータを安全に保つことができます。その後、Get Backup Pro をインストールしなくても、任意のコンピュータ上のアーカイブを復元することができます.

Bootable Backups from Cloning
新しいディスクへの移行は決して容易ではありません。クローン機能を使用すると、ディスクボリュームをクローンしていつでも起動できるバックアップディスクを取得できます。 Mac のディスクに障害が発生した場合は、取り出してクローンディスクと交換して、時間を失うことなく作業に戻ることができます。新しいディスクを待っている場合は、クローンを外付けドライブとして起動します。

あなたの Mac のファイルとフォルダを別のコンピュータや同期機能を使ってマウントされたドライブと同期させることができます。双方向の同期を使用して一方向の同期または両方の場所のファイルの更新。ファイルをバックアップする場合と同様に、任意の日に特定の時刻に同期プロジェクトを実行するようにスケジュール設定することができますので、Get Backup Pro で作業を行います.

Get Backup Pro 主な機能:

インクリメンタルバックアップと圧縮バックアップ
スペースを節約できるフルバックアップと増分バックアップ。圧縮されたバックアップは、アーカイブのサイズを最大 60%まで縮小します.
 
Bootable Backups
ハードドライブのブート可能クローンを作成して、クラッシュ時に起動して使用できるバックアップディスクを取得します.

暗号化アーカイブバックアップ
アーカイブを暗号化する AES-128、AES-256、Blowfish、または Triple DES.
を使用したバックアッププロの取得
外部またはネットワークボリュームへのバックアップ
外部デバイスおよびドライブへのバックアップまたは自動マウントできるネットワークボリュームへのバックアップ

CD および DVD
バックアップマルチ - サードパーティ製の書き込みソフトウェアを使用せずに CD または DVD にボリュームをバックアップすることができます.
 
自動バックアップと同期
プロジェクトのマウント後に、指定した日時またはプロジェクトの直後に自動的にプロジェクトのバックアップ、アーカイブ、スケジュールされたバックアップ
Backup Pro はスケジュールされたバックアップのためにステルスモードで起動し、自動的に終了します。すべてのスケジュールされたプロセスが完了した後に、ファイルを削除します.
 
Folder Synchronization
単方向および双方向の sync.

と同期した 2 つの異なる場所にファイルを保存します.
iTunes、フォト、メール、連絡先、およびドキュメントのフォルダからデータを簡単に追加できます.
 
任意のコンピュータに復元
すばやく簡単に Get Backup Pro をインストールしなくても、Mac にバックアップを復元することができます.

注:30 日間試用版.8997423

ファイルのバージョン Get Backup Pro 3.4.3
ファイル名 GetBackupPro.dmg
ファイルサイズ 9.7 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 BeLight Software, Ltd.
更新日 http://www.belightsoft.com/products/getbackup/
更新時間 2018-03-15
ログを更新する

What's new in this version:

Get Backup Pro 3.4.3
- Added Duplicate Project option
- APFS volumes: Solved the problem with copying the content of Recovery Volume
- APFS volumes: Fixed the order of file sorting for synchronization projects
- Overall program optimizations for cloning, synchronization and backup processes
- Various other minor improvements


Get Backup Pro 3.4.2 Build 1087
- APFS volume clone to another APFS volume can now be bootable
- Fixed the problem with booting up from macOS 10.13 clone volume (thanks to running system cash update at the end of cloning process)
- Fixed the problem with stealth mode running on schedule when “Use Administrator Privileges” option is on in the program Preferences
- Fixed the problem with selecting/deselecting all files in the project table
- Fixed the problem with program crash on opening project properties dialog
- Multiple other fixes and improvements


Get Backup Pro 3.4.1 Build 1056
- Fixed the problem with delete older backup versions


Get Backup Pro 3.4 Build 1054
- Ability to set the maximum limit for disk image size
- Added support for Apple File System (APFS) format disks
- Ready for macOS 10.13 High Sierra
- Reworked the process of deleting old backups. Settings to control backup deletion moved from closing the app to the stage when backup project is set. Also, backup deletion is final, files do not get to the Trash
- Fixed the problem with starting backup automatically when destination is mounted
- Fixed the problem with repeating restore of archived backups when the option to excluding certain types of files was enabled
- Various other minor improvements

Introduced the option to backup into disk image, which provides two important additions:
- support for encrypted backups;
- ability to create incremental backups to network disks, and disks with none Mac file systems (FAT, NTFS, etc.)


Get Backup Pro 3.3.3 Build 971
- Get Backup Pro menu bar icon is now available
- Introduced the ability to suspend schedule for a specified period
- Other minor fixes and improvements


Get Backup Pro 3.3.2 Build 937
- Program alerts now appear in the System Notification Center
- Fixed the problem with disk not being recognized as valid for bootable cloning on macOS 10.12
- Fixed the problem with 'Never delete anything' check for Sync projects
- Other minor improvements


Get Backup Pro 3.3 Build 926
- Added start process (backup, cloning, etc.) option when connecting an external drive. This new option can work in conjunction with the option to run on a schedule
- Added automatic disconnection of network volume when a backup is completed
- Added backup optimization in case of previous attempt’s failure. The interim data is no longer removed and is used during a new backup attempt
- Improved multiple selection in the folder/file lists with the ability to call the context menu
- Various other minor improvements


Get Backup Pro 3.2 Build 905
- Introduced the ability to delete old backup versions after set number of days or when exceeding a set number of backups
- Content view state is memorized when switching between projects
- Multi-select is added for files and folders for backup and archive projects
- Full backup with an option to keep previous backups replaced Versioned option in project properties for Archive Backups
- Other minor improvements


Get Backup Pro 3.1.1 Build 875
- Program improvements and bug fixes


Get Backup Pro 3.1 Build 862
- The program now launches in minimized/hidden view for scheduled backups
- The program now quits automatically after all scheduled processes are complete
- Dock icon now indicates active processes with progress bar
- The Log Window now stores previous session logs
- Fixed the problem with selecting last used project after restarting the program
- When backup destination is selected or changed in Project Properties dialog, it is analyzed for possibility of incremental backup
- Fixed the problem with excluding files that contain special symbols in the name
- Fixed the problem with Help button in Restore, Project Properties and Preferences dialogs
- Other minor fixes and improvements


Get Backup Pro 3.0.3 Build 836
- Improves restore for external backups and more.


Get Backup Pro 3.0.2 Build 822
- Resolved the problem with the app freezing when running simultaneous projects
- Fixed the problem with accessing project settings if the system language is set to Japanese
- Cloning attempts will not repeat until the next scheduled period, if source or destination are not accessible
- Fixed the problem with the program crash during cloning and synchronization
- Minor bug fixes


Get Backup Pro 3.0.1 Build 810
- Fixed the problem with Stop button during Synchronization
- Improved stability for cloning processes
- Selection check in File Tree now displays correct value
- Indication of processed data is now correct for large backup archives
- Other minor fixes and improvements


Get Backup Pro 3.0 Build 800
- Backup method without archiving your data added. This becomes the default backup method. Created backups are incremental and use the hard links to the original backup, which means that the backup folder looks as a full backup, but takes very little additional storage space over the original
- More flexibility of working with the project list: manual reordering, renaming projects
- New stylish easy-to-use interface
- Scheduler now allows to select specific days of week (for example scheduling backup for Tuesday and Friday nights)
- Program Launch Agent has been replaced by the system Launch Agent (it was only in Get Backup App Store version)
- Many other improvements

ファイルのダウンロード Download