GIMP for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GIMP 2.10.12

GIMP for Mac(GNU 画像操作プログラム)は、フォトレタッチ、画像合成、画像オーサリングなどのタスクに適した自由に配布されたソフトウェアです。他のフリーソフトウェア製品にはない機能を備えた強力なソフトウェアです。これは、単純なペイントプログラム、エキスパート品質のフォトレタッチプログラム、オンラインバッチ処理システム、量産イメージレンダラー、またはイメージフォーマットコンバータとして使用できます。 GIMP for Mac は、モジュール式で、拡張可能で、拡張可能です。これは、プラグインや拡張機能を使って拡張することで、何にでもできるように設計されています。高度なスクリプトインタフェースにより、最も単純なタスクから最も複雑な画像操作手順まで、あらゆるものを簡単にスクリプト化することができます。

GIMP 特長:

Customizable Interface
各タスクには異なる環境が必要であり、GIMP for Mac では好みの方法で表示と動作をカスタマイズできます。ウィジェットのテーマから始めて、色、ウィジット間隔、アイコンサイズをツールボックスのカスタムツールセットに変更することができます。インターフェイスは、いわゆるドックにモジュール化されており、タブにスタックしたり、独自のウィンドウで開いたままにしたりできます。タブキーを押すと、非表示に切り替わります.

フォトエンハンスメント
数百万のデジタル写真の不完全さは、GIMP for Mac を使用して簡単に補正できます。変換ツールで補正モードを選択するだけで、レンズの傾きによる視点の歪みを修正します。レンズのバレル歪みやケラレを強力なフィルターで除去しますが、シンプルなインターフェースを採用しています.

デジタルレタッチング
GIMP は、高度なフォトレタッチ技術に最適です。クローンツールを使用して不必要な詳細を取り除くか、新しい治癒ツールを使用して簡単に細部まで触れることができます。パースペクティブクローンツールを使用すると、直交クローンと同じように容易に視点を持ってオブジェクトをクローンすることは難しくありません.

ハードウェアサポート
GIMP for Mac には、さまざまな入力デバイスをすぐにサポートする機能があります。圧力と傾きに敏感な錠剤だけでなく、幅広い範囲の USB または MIDI コントローラ。頻繁に使用されるアクションを、USB ホイールの回転や MIDI コントローラーのスライダーの移動などのデバイスイベントにバインドすることができます。ペイント中にブラシのサイズ、角度、または不透明度を変更し、お気に入りのスクリプトをボタンにバインドします。ワークフローのスピードアップ

ファイル形式
ファイル形式サポートは、一般的な JPEG(JFIF)、GIF、PNG、TIFF から、マルチ解像度やマルチカラーの奥行きのある Mac アイコンファイルなどの特殊な形式に対応しています。このアーキテクチャでは、プラグインを使用して GIMP のフォーマット機能を拡張することができます。 GIMP プラグイン registry.

では、ディスク容量を節約するために、ZIP、GZ、BZ2 などのアーカイブ拡張子を使用して任意のフォーマットを保存することができます.GIMP は余分な手順を実行する必要なく透過的にファイルを圧縮します。

もご利用いただけます:GIMP for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン GIMP 2.10.12
ファイル名 gimp-2.10.12-x86_64.dmg
ファイルサイズ 159.08 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 The GIMP Team
更新日 http://www.gimp.org/
更新時間 2019-06-17
ログを更新する

What's new in this version:

Core:
- Add an "Incremental" option to the Dodge/Burn tool, which, similarly to the Paintbrush, Pencil, and Eraser tools, applies the effect incrementally as the pointer moves
- Curves now have a concept of smooth vs corner points: smooth points produce a smooth curve, while corner points produce a sharp curve (previously, all points were smooth)
- Search the user font directory path on Windows (since Windows 10, non-admin users have the ability to install fonts). This is only a temporary hack until fontconfig adds proper upstream support
- In gimp_brush_core_get_paint_buffer(), when allocating a new paint buffer, clear the old buffer *before* allocating the new one, to reduce the amount of simultaneously allocated memory
- In GimpPaintbrush, avoid refilling the paint buffer at each dab if the paint color/pixmap hasn't changed, hence allowing faster painting in some specific cases
- Add hygon cpu detection and enable MMX/SSE support
- Add a GimpSymmetry::get_transform() virtual function and a corresponding gimp_symmetry_get_transform() function which return the brush transform corresponding to a given symmetry stroke in terms of the rotation angle and reflection flag (in contrast to gimp_symmetry_get_operation() which returns the same transforation in terms of a GeglNode). This allows us to simplify, fix (artifact bugs, etc.), and improve the painting-code performance for several symmetry painting cases
- New gimp-brush-pipe-spacing parasite set by core code to preserve GIH brush's spacing across reloads
- Add a new Offset filter tool, as a front-end to gimp:offset. The tool replaces, and provides the same interface as the drawable-offset dialog while also providing live preview and on-canvas interaction

Plug-ins:
- Exported profile and data format strategy updated in several file plug-ins
- When not saving a profile, we always export as sRGB data, as most viewers would not display the image properly otherwise

When saving a profile:
- If a profile was manually assigned, we always export to the assigned format, hence pixel data is converted accordingly, whatever the work format

If no profile was assigned:
- If the export format support high-bit depth, we export the work format as-is
- If the export format is 8-bit max, we convert the work format to sRGB, except if the work format is 8-bit linear
- The following plug-ins were updated: JPEG, PNG, TIFF and WebP
- TIFF plug-in now supports layer export
- Add accelerator on "Save color _profile" item in JPEG export so that all items in the dialog have keyboard accelerators
- Add a "Save color profile" checkbox in WebP export and remove the "Advanced Options" expander (all metadata and profile writing options are now directly visible)
- Process cases of non-conformant TIFF file with extra channels while ExtraSamples is not set by assuming the first extra channel is a non-premultiplied alpha channel and outputting a warning. In the future, this should be updated further by a dialog asking what to do with the non-defined dialog (consider as premultiplied or non-premultiplied alpha channel, or just save as extra channels)

Tools:
- Add input/output spin-buttons to the Curves tool, which allow setting the selected point's coordinates numerically. When the image precision is greater than 8-bpc, use a 0.00-100.00 range for the point-coordinate spin-buttons instead of a 0-255 range
- In the Curves tool, allow changing the curve's point types (cf. new curve corner points in Core section). Corner points are displayed with a diamond shape instead of a circle
- Free Select tool now creates a selection as soon as the polygon is closed. This selection is updated when the polygon, or the relevant tool-options, change, similarly to GimpRectangleSelectTool
- Derive GimpEraser from GimpPaintbrush, instead of directly from GimpBrushCore. This allows GimpEraser to reuse the paint-buffer content across dabs, improving performance
- Allow moving an intersecting pair of guides with the Move tool

User interface:
- In GimpCurveView, when dragging an existing curve point, don't immediately move the point to the cursor position upon button press, but rather move it relative to its current position as the cursor moves. This allows selecting a point without moving it, and adjusting its position more easily
- when the cursor hovers above a point in GimpCurveView, or when dragging a point, have the coordinate indicator show the point's position, rather than the cursor's
- In GimpCurveView, when holding down Ctrl while adding/dragging a point, snap the y-coordinate to the original curve (at the start of the drag). This is particularly useful for adding points along the curve
- In GimpDashboard, don't show legend for groups with no meter
- Add a tile-alloc-total variable to the dashboard's memory and misc groups, showing the total amount of memory used by the tile allocator
- Add a "Save Keyboard Shortcuts Now" button to the Configure Keyboard Shortcuts dialog

Translations:
- 12 translations were updated: Catalan, Chinese, French, German, Hungarian, Indonesian, Italian, Polish, Russian, Spanish, Swedish and Turkish

ファイルのダウンロード Download
  • GIMP for Mac Screenshot 1GIMP for Mac Screenshot 2GIMP for Mac Screenshot 3GIMP for Mac Screenshot 4