GIMP for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GIMP 2.10.8

GIMP for Mac(GNU 画像操作プログラム)は、フォトレタッチ、画像合成、画像オーサリングなどのタスクに適した自由に配布されたソフトウェアです。他のフリーソフトウェア製品にはない機能を備えた強力なソフトウェアです。これは、単純なペイントプログラム、エキスパート品質のフォトレタッチプログラム、オンラインバッチ処理システム、量産イメージレンダラー、またはイメージフォーマットコンバータとして使用できます。 GIMP for Mac は、モジュール式で、拡張可能で、拡張可能です。これは、プラグインや拡張機能を使って拡張することで、何にでもできるように設計されています。高度なスクリプトインタフェースにより、最も単純なタスクから最も複雑な画像操作手順まで、あらゆるものを簡単にスクリプト化することができます。

GIMP 特長:

Customizable Interface
各タスクには異なる環境が必要であり、GIMP for Mac では好みの方法で表示と動作をカスタマイズできます。ウィジェットのテーマから始めて、色、ウィジット間隔、アイコンサイズをツールボックスのカスタムツールセットに変更することができます。インターフェイスは、いわゆるドックにモジュール化されており、タブにスタックしたり、独自のウィンドウで開いたままにしたりできます。タブキーを押すと、非表示に切り替わります.

フォトエンハンスメント
数百万のデジタル写真の不完全さは、GIMP for Mac を使用して簡単に補正できます。変換ツールで補正モードを選択するだけで、レンズの傾きによる視点の歪みを修正します。レンズのバレル歪みやケラレを強力なフィルターで除去しますが、シンプルなインターフェースを採用しています.

デジタルレタッチング
GIMP は、高度なフォトレタッチ技術に最適です。クローンツールを使用して不必要な詳細を取り除くか、新しい治癒ツールを使用して簡単に細部まで触れることができます。パースペクティブクローンツールを使用すると、直交クローンと同じように容易に視点を持ってオブジェクトをクローンすることは難しくありません.

ハードウェアサポート
GIMP for Mac には、さまざまな入力デバイスをすぐにサポートする機能があります。圧力と傾きに敏感な錠剤だけでなく、幅広い範囲の USB または MIDI コントローラ。頻繁に使用されるアクションを、USB ホイールの回転や MIDI コントローラーのスライダーの移動などのデバイスイベントにバインドすることができます。ペイント中にブラシのサイズ、角度、または不透明度を変更し、お気に入りのスクリプトをボタンにバインドします。ワークフローのスピードアップ

ファイル形式
ファイル形式サポートは、一般的な JPEG(JFIF)、GIF、PNG、TIFF から、マルチ解像度やマルチカラーの奥行きのある Mac アイコンファイルなどの特殊な形式に対応しています。このアーキテクチャでは、プラグインを使用して GIMP のフォーマット機能を拡張することができます。 GIMP プラグイン registry.

では、ディスク容量を節約するために、ZIP、GZ、BZ2 などのアーカイブ拡張子を使用して任意のフォーマットを保存することができます.GIMP は余分な手順を実行する必要なく透過的にファイルを圧縮します。

もご利用いただけます:GIMP for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン GIMP 2.10.8
ファイル名 gimp-2.10.8-x86_64.dmg
ファイルサイズ 146.87 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 The GIMP Team
更新日 http://www.gimp.org/
更新時間 2018-11-10
ログを更新する

What's new in this version:

Core:
- Use adaptive chunk size in GimpProjection when rendering the projection asynchronously, rather than using a fixed chunk size. This provides a better trade-off between throughput and responsiveness dynamically, based on how fast the processing is

Tools:
- In all selection tools, show error on attempt to subtract-from/intersect-with empty selection
- Fix text along path not working with vertical text
- Fix Text tool's frame position when undoing a move operation
- Streamline Text tool's drawing blocking/unblocking logic
- When moving a text layer using the text tool (through alt+drag), don't change the layer's box mode to "fixed", which is unnecessary, since the layer's size isn't affected
- Transform and deformation operations now maintain color for fully transparent pixels, making unerase and curves manipulation of alpha channel more reliable
- All transform tools now apply changes when you save or export/overwrite an image without pressing Enter first to confirm changes
- Heal, Dodge/Burn, Smudge, and Convolve tools now adjust the processed buffer and mask_buffer regions according to the changes made to the application region, as calculated by intersecting it with the drawable and mask extents. This fixes wrong application position when painting on a drawable whose origin is above/to the left of the image's origin, and there's a selection active

Plug-ins:
- Port all plug-ins to the new iterator API in GEGL
- Improve automatic detection of HEIC/HEIF files
- Improve RawTherapee discovery by looking up registry key (should become useful with RawTherapee 5.5 and more)

Usability:
- Compatibility information in the Save dialog is now more understandable. The minimum GIMP version for the XCF file is always written down when it is GIMP 2.8 or over. The list of features warranting the minimum version is now listed in an expander container rather than as tooltip, which makes it more discoverable. The warning on compression is now displayed as its own text under the checkbox and not as additional text to the minimum GIMP version label

CLI:
- New self-explanatory --enable-win32-debug-console CLI option

Debugging:
- New GimpBacktrace API provides an interface for creating and traversing multi-threaded backtraces, as well as querying symbol information. Backends are available for Linux and Windows.
- Performance log recording now available in the Dashboard dock. The log contains a series of samples of the dashboard variables, as well as the full program backtrace, when available. As such, it essentially acts as a built-in profiler, which allows us to correlate program execution with the information available through the Dashboard
- New performance-log-expand.py tool decodes a delta-encoded performance log by expanding the deltas, producing a log where each sample (and other relevant elements) contain complete information. The structure of expanded logs is identical to that of delta-encoded logs, the expanded log simply has no deltas
- New performance-log-resolve.py tool resolves symbol information in backtraces. The logs produced by GIMP only specify the program counter at each stack frame, providing an address-map to map program-counter addresses to actual symbols separately. This tool looks up each program-counter address in the address map, incorporating the relevant symbol information directly into the backtrace
- New performance-log-deduce.py tool that statistically deduces the correct thread states based on backtrace address frequency, fixing local inaccuracies
- New performance-log-viewer.py tool that is a viewer for GIMP performance logs, with a sample-selection area at the top and an information area at the bottom. The sample-selection area visualizes the sampled variables and markers using a simultaneous set of plots, and displays the currently selected samples. The information area shows global information stored in the log, as well as information specific to the currently selected samples, including variable listing and statistics, full backtrace, and profile/call-graph information

Translations:
- Updated translations: Danish, Dutch, Finnish, German, Hungarian, Italian, Polish, Portuguese (Brazil), Spanish, Swedish, Ukrainian

ファイルのダウンロード Download
  • GIMP for Mac Screenshot 1GIMP for Mac Screenshot 2GIMP for Mac Screenshot 3GIMP for Mac Screenshot 4